賽の河原

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「賽の河原」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

賽の河原(さいのかわら)とは、日本の土木建設会社及び宝石販売店。ブラック企業。世界規模でチェーン店を展開している。

会社の標語(スローガン)は、「一重積んでは父のため、二重積んでは母のため、人生詰んだら誰の所為?」である。

概要[編集]

かなり昔の史料にも名前が散見され、起業してから1000年以上は経過していることが推察される。明確な成立年代は不明。 三途の川の川縁に本店があるとされる。この他ギリシャのアケロン河などにも支店を持ち、世界規模で事業を展開しているグローバル企業である。

営業形態[編集]

仕事内容は極めて簡単であり、河原に散らばるを積み上げて石の山を作るだけの簡単なお仕事である。 ただし、積み上げる石の中にはほどのサイズのものもある。ある程度の力仕事が要求されるが、低学歴でも池沼でも出来る簡単な仕事であることに変わりはなく、 包容的な気風からアットホームな職場としての温かい雰囲気を漂わせている。ベテラン社員は皆面倒見が良い人ばかりで、後輩達を育成するためにかわいがりに余念がない。

主な社員にギリシャ出身のシーシュポスがいる。彼は1000年以上も勤務している。彼を筆頭にキャリアの長いベテランが多く、離職率は極めて低い。 そのため技術のノウハウも円滑に継承されやすく、石を積み上げる作業が停滞したことは殆どない。

積み上げた石は土台や支柱として建設の材料に回される他、一部のちょっと光沢のある石は宝石と偽って営業部の人々が巧妙な弁舌を以てして売り捌いている。この手の仕事の宿命として時々デスマーチを起こすが、納期がIT土方と比べるとゆるく、ITほどドツボに嵌らない点は極めて健全といえよう。

その他[編集]

食事、交通費は自腹だが、多くの社員はホームレスである上徹底した社員教育のおかげで三食抜きでも戦える1stソルジャーであるため問題ない。 たまに過労死するものがいるが極々まれなレアケースをいちいち取り上げて針小棒大に騒いでいては埒が明かない。ただし、過労死した社員のが積み上げられた石の山に混在して問題となる事件が度々起こっている。

なお、過労死した社員はその遺体をソイレントシステム清掃し、リサイクルして缶詰として出荷される。無駄を一切出さない、環境に優しい企業である。 こうした賽の河原の姿勢はソラリス王国の元老院達も高く評価している。

関連項目[編集]