賢者の石

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

賢者の石(けんじゃ-いし)とは、トマト味の菓子のひとつ。および、トマトやその他複数体の霊長類を加熱やら何やらして錬成した後、冷却して固形状にしたキャンディなどを指す。固形のものを賢者の石、粘液状のものを第五実体と呼び、区別する。等価交換質量保存の法則よりかはオイシイ話である。

概要[編集]

一般的によく知られている賢者の石は、食品、卑金属を金などの貴金属に変えたり、人間を不老不死にすることができるという。霊薬としての菓子と同様のものとして考えられることもある。12世紀にイスラム科学からの錬金術が輸入されれば、ヨーロッパで美食屋や錬金術師の賢者の石に対する探求熱が高まった。神秘主義的なヘルメス思想とともに、様々な伝説と風の噂が広まり、小説の題材やおやつとしても用いられる。錬金術黒魔術と関係付けて語られることもある。

賢者の石の起源[編集]

伝説の中だけの物と言われていたが、ゾルフ・J(ジャジャジャジャーン)・キンブリーが口にすることにより、食品として世間に広く認知される。しかし、世間に広く認知されれば模倣品が現れるのは常であり、ニセモノが流通した。例とすれば、水銀と硫黄の化合物である硫化水銀や、非常に糖度が高い模倣品など様々であるが、後者のものは被害届があり、リオールでとある教主が服用したところ、たちまちリバウンド物凄いことになった。このエセ教主ド三流最強伝説は、現代にも伝わる有名な民話となっている。

日本での起源[編集]

文献上は、神武天皇大和の国を平定した際に、「大和高尾」の地で「賢者の石」を作ったという記載が、『日本書紀』の「神武紀」にある。

  • われ今まさに八十平瓮をもちて、水無しにして飴を造らむ

この「飴」とは「賢者の石」のことである。『日本書紀』は神話であり、「神武天皇の時代」とされる紀元前7世紀については不明であるが、同書が編纂された720年(養老4年)には、既に日本で賢者の石が食品として存在していたことになる。だが、これを鵜呑みにするのは浅はかであり、実際に日本書紀を読むことを推奨するわけでもない

賢者の石の販売[編集]

表のルートには余り出回っておらず。裏ルートでは高値で取り引きされている。風の噂では、お父様という人物がお気に入りには軽く配っているらしい。だが、本物である保証はない。また、日本では近世から近代にかけて、賢者の石は売り子により唄を添え、全国で放浪芸化して売られていた。

事故[編集]

  • 上記、賢者の石の起源の通りリオールでのニセモノ被害があった。また、ニセモノの副作用によりハゲた。
  • 人体錬成を行い、身体や身長を持っていかれたり、内臓や視力を持っていかれたり、賢者の石が元凶の盗難事故である。
  • 小さな花を大きなヒマワリにすることでの、生態系の破壊。
  • また、長い時間をかけてこの記事を読解した貴方や、長い時間をかけてこの記事を書いた人を、その時間の浪費を思い出すだけで胸を苦しくする。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「賢者の石」の項目を執筆しています。
  • 鋼の錬金術師 - この作品により、食品としての知名度が上がった。
  • トリコ - いつか、食材として登場する……予定だったが島袋(作者)の性欲が抑えきれず、この作品は打ち切られました。
  • 賢者タイム - おそらく、起源以前の深い結び付きがあるものと考えられている。
  • おやつ - 残念ながら、(2017年現在)この記事を読むためには賢者の石を摂取する必要がある。
  • トマト - 賢者の石と同様に、食べられるまでは食用のものと認知されていなかった。