資本原理主義

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

資本原理主義(しほんげんりしゅぎ)は、金を絶対無二の神として敬うという、資本主義経済を目指す人たちの思想を指す。なお、実は現在の資本主義とは違った思想であるとされているので、注意が必要である。理由は、もちろんこの思想は政治や経済とも結びつく思想ではある。

基本的理念[編集]

彼らによれば労働者は基本的に「負け組」である。真の資本原理主義者とは、朴理を含めた「どんな手段でも勝てばいい」という崇高な理念のもと、粉飾決算インサイダー取引の合法化を進めるちょっと過激な思想を持つ人間のことである。資本原理主義者によると現在世界中の国で採用されている資本主義は基本的に基地外であるとされ、世界で唯一、東アジアの面積が結構大きい国だけが理想の経済体制を布いているとされる。 また、資本原理主義の一宗派の代表格とも呼べる堀江貴文氏によれば、「勝ち組になれば人の心だって金で買えるじゃないですかぁ〜」との事である。これが彼らのやり方だ!気を付けろ!!

反資本原理主義者視点からの問題点[編集]

主に堀江教信者によって株価の不正操作(ただし、これは日帝などの反資本原理主義者から見た「不正」である。なお、これはインサイダーといわれる)などのテロをたびたび起こすが、その際の根拠になっている思想である。近年の世界同時株安や、世界恐慌はその好例である。 また、オランダチューリップ高騰には彼らが関与しているという噂が絶えない。このことによって生じた被害は甚大であり、資本原理主義の問題点を露呈した事件である。

しかし、前述したとおりこれらを問題と捉えているのは一部のわけのわからん資本原理主義者以外の者で、唯一神堀江貴文によれば、彼らは腹を切って死ぬべきである、とされている。

評価[編集]

現在、資本主義を標榜している国の中では日帝、そのほか社会主義などによって「貧富の差を生み出すこの思想は危険思想である!」として、危険視される傾向にある。

しかし、全ての国が否定しているのではなく、むしろこの思想を保護している国も存在する。かつてのジャイアン王国のように、国家元首が「お前のものは俺のもの俺のものは俺のもの」という思想を持っている場合や、国家プロジェクトによって朴理を推奨している場合には、結果的に資本原理主義が実現される場合もある。

なお、唯一神堀江貴文によれば、「ジャイアン王国は資本原理主義をもっとも尊重した唯一の国」とも評されている。しかし、同時に「なのに株価が大暴落しているとは何事か!けしからん!」ともしている。

堀江教内戦(宗派対立)[編集]

唯一神堀江貴文の逮捕後、それまで熱狂的に資本原理主義を信じていた経済戦士のなかでも、資本原理主義に基づく経済活動を推奨する者と「さすがにそれはまずくね?」とする者とで意見が別れている。しかし、迫害を受けてやせ細った唯一神堀江貴文の降臨により、内戦は何とか収束した。


内戦では竹槍による激しい戦闘が繰り広げられ、孟宗竹製の竹槍も繰り出されるほどであった。この宗派対立で、両陣営が竹槍を持ってクネクネと動く、というハプニングが起きた。なお、その際の堀江貴文のその動きは秀逸であったと伝えられている。

資本主義経済の正義[編集]

堀江教徒以外の経済戦士も含め、全ての経済戦士にとっての共通概念として「資本主義経済の正義」というものがある。

これは、唯一神堀江貴文の「勝ち組になれば人の心だって金で買えるようになる!オレはそう信じてる!」という言葉からもわかるように、「金さえ稼げればそれでいいんだよ!所詮ゲームだもの、人間社会なんて。」という思想を貫く事で、自分の人生が救済されるという思想である。

人生が救済されるという事に関して、堀江教徒には「唯一神堀江貴文によって救われる」と解釈されており、堀江教徒以外の経済戦士には「自分の努力が実る社会の実現」というカンジで解釈されている。

しかし、近年孟宗竹竹槍を用いた全面的な竹槍戦争(堀江教の宗教対立)によって、堀江教徒の中でも「唯一神堀江貴文によって救済がなされるわけではなく、自分による自分のための自己救済ではないのか?」といった、堀江教徒以外の経済戦士寄りの思想も生まれている。

関連項目[編集]