賄賂

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

賄賂(わいろ)とは、自分以外を自分の意見に同意させるまたは従者にするためのもっとも高等手段とされる洗脳攻撃である。これにはまってしまった人間は道徳観念を失い、理性を捨て、その人に賛成・同意などの行動を制御されてしまうが『地獄の沙汰も金次第』と攻撃された本人は納得してしまう。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「賄賂」の項目を執筆しています。

ターゲット[編集]

ターゲットは自分が欲しいと思う権力を持つ人間である。たいていの人間はお金に弱いので、狙ったターゲットはほぼ確実に自分の手中におさまるだろう。

ただ、相手が相当の金持ちで金に魅力を感じていない場合、そしてあほくさい倫理観を振りかざしている人には効かないので注意すること。その場合はややリスクがあるが、暴力脅迫のほうが有効なので、そちらにシフトしよう。

効能[編集]

この洗脳攻撃を行うことにより、高確率で自分の従者になってくれる、『こんな法律作られるといやだな?』とか『この法律が施行されるよ』『株価が移動しそうなのは~?』などの『先取り情報配信サイト』(密告者)または『違反切符もこれで解決☆キラ』『やさしいおじさんの車などにぶつけてしまった場合』などの、『超法的処置』『ニコニコ現金解決』として人間を安易に扱うこともできる。

しかしながら失敗すると一部の聖者により国家権力にチクられて自分が別荘行きになることもあるので(いろいろな意味で)オススメできない。

副作用[編集]

副作用としては毎月(または日年)単位で自分の資産の一部をその人に献上しなければならない。その行為を怠ると反感または生命の危機にさらされたり時には国家権力にチクられたりする諸刃の剣である。

関連項目[編集]