貴族院

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
読み方に注意!
この記事は、アンサイクロペディアに例えています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「貴族院」の項目を執筆しています。

貴族院(きぞくいん)とは、日本に存在していた、アホでも議員になれる議会の事である。参議院の前身であり、衆議院よりも、優越だった。

概要[編集]

議員の任期は基本として、7年だが、場合によっては終身議員と言う、死ぬまで、議員をしないとならない場合がある。これは、「生き地獄」と言われた。[要出典]議員の数は、曖昧で、250名から、400名までだった。しかも、解散すらできなかった。

しかし、議会と言ってもやはり、管理者達の手先であった。

歴史[編集]

1874年、かの有名な板垣退助(元管理者[1]が、「IPユーザーによって、選ばれた議員たちで政治を行う為に、議会を作りなさい。さもなくば、呪われるわよ!」と書いた紙を馬車に乗っているひよこ陛下に直接、渡した。その後、彼は馬車に、轢かれたが、誰も気にしなかった。しかし、当時の管理者からは、「これは、ぼくがかんがえたもうそうじゃないか!即時削除だッ」と即時削除テンプレを貼ろうとした。しかし、その日は運悪く、「意見削除禁止記念日」。今で言う、「ノー削除デー」だった。

なので、この意見を丸のみせざるを得なかった管理者達は、「民選の議会のほかに、利用者の議会を作ればいい」ということになった。さらに、ある管理者からは、「ならば、利用者の方が権力がある事にすればいい。」とも言った。しかし、別の管理者は「それじゃ、IPの議会がうるさいから、設定上は同格と言う事でいいじゃない?」と発言。これにより、16年後の1890年に、利用者の議会、「貴族院」が出来た。なお、IPユーザーの議会は「衆議院」[2]となった。

その後、大正デモクラシーがあったが何とか、生き延び、1945年。当時の、代表管理者東条さんが、さっさと終わらせればいい戦争をずるずると、やっていた物だから、当時支配していた、ユアペディアエンサイクロペディアが反乱を起こそうとした。日本がそれを辞めるよう言うと、「議員を出させてくれたら、良いムニダ」と言い出した。渋々、彼らが薦める人物を、議員にした。が、誰も気にしない[3]

その年、アンサイクロペディアは戦争に負け、DQNウィキペディアが来て、「貴族院、解散!」とあるはずの無い、伝家の宝刀を抜いてしまい、貴族院は解散し、参議院ができた。今でも、天皇が来るときに、議員さん方は狭い参議院に集団で集まる。別に、大規模な、合コンを始める訳ではなく、これは、貴族院のあった参議院だけ、天皇の椅子があるからである。

院内会派[編集]

火曜会(かようかい)
歌謡界とは一切、関係ない。少数派ではあるものの、終身刑を受けた、議員らが所属する。BCが集う。別名、「真・貴族院」[4]
研究会(けんきゅうかい)
研究することがないのに、研究している。ぬらりひょんの住処。大多数だったが、一部に、ソックパペットを持っているものがいた為、真偽は不明。
公正会(こうせいかい)
献金疑惑の居眠りオジサンに見習ってもらいたい名前。主に、退役ウィキ荒らしがいる。
茶話会(さわかい)
別に、茶を飲んで、和んでいるわけではない。
交友倶楽部(こうゆうくらぶ)
「『こうゆうくらぶ』って、どうゆうクラブ?」と言ってはならない。ハラケイが作った。
同成会(どうせいかい)
誰も気にしない。
三曜会(さんようかい)
某電気会社の会ではない。
同和会(どうわかい)
茶話会の後継。
無所属倶楽部(むしょぞくくらぶ)
無所属なのに、所属している。おかしい。


関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 何故、元なのかは、板垣退助を参照すべし。
  2. ^ この名の由来は当初、「下衆議院」という名前にしたところ、ひよこ陛下が「したしゅうぎいん」と阿呆太郎並みの難読ぶりを発揮。仕方がないので、「」を取って、衆議院となった。
  3. ^ 議会など、開く余裕すらなかったのは、言うまでもない
  4. ^ 徳川家・近衛家などの名門中の名門が集っていたから。(事実)