責任 (漢字)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
せきにん
本来の表記は「責任」だと思うんだけど、この記事に付けられてしまった題名は記事名の制約から不正確なものとなっている可能性が高い可能性が低いです。

SpecialSecrecy.png

Plc13120517550014-p2.jpg
特定秘密保護対象記事
この記事は内閣に監視されています!
もしこのここの情報を外部の第三者に提供した場合、極刑が課されます!
そうと分かったら黙って政府に従いましょう!
これは警告です!
Plc13120517550014-p1.jpg
17画の漢字、「せきにん」
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「責任 (漢字)」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
責任(せきにん)は、2006年に時の首相安倍晋三が突如発表した漢字。総画数は17画。部首にんべん

この漢字は「任」のにんべんが少し小さい「責任」が正確な字形であり、通常のゴシック体では正しく表記されている。しかし、草書体でも「責任」と、にんべんが大きく表記されている。このように複数の字形があるがその後の首相の辞任により議論は放置され、現在に至るまで統一されていない。

概説[編集]

新しい漢字が発表された瞬間

安倍晋三はニュースのインタビューで「自分にとっての今年の一文字は?」との質問に「責任」と答えた。 この漢字がどのような意味を持っているかは、以下のような説が出ている。

  • 日本語の「責任」と同じ意味
  • 「一文字」と「一言」の区別がつかない馬鹿
  • (2つの漢字を無理やりくっつけるような)無茶な様子
  • 日本の文字に革命を起こそうという首相の思想
  • 老人のボケの恐ろしさ

真相は安倍晋三だけが知っている。

常用漢字として使用されることはなく、子供の名前に「責任」を使うことはできない(「責任」なら可能)。また、責任が使用された例は、安倍晋三のインタビューとこの項目の2つしかない。どの文献にも記載されていない幻の漢字である。

知名度と責任に対する疑問[編集]

この漢字は、一般ではあまり知られておらず、使用例も少ない。アンサイクロメディア財団傘下の調査機関がアンケートを実施したところ、この漢字を知らないと答えた人が95%、興味がないと答えた人が3%、その他が2%だった。発案者の安倍晋三が首相から退いたため、この漢字の責任者がいない。そのため、漢字として認めていいのかという疑問が出ている。

同系の漢字[編集]

22画の漢字、「あきばれ」

2つの漢字を1つにくっつけた例としては、ほかにがある。 語義は『珍しい宝』とされるが、あの袋詰めにされた宝のことであると推測される。発案者が この漢字を作った後に姿を消していることもあり、詳しいエピソードは謎のままである。

また亀井静香(国民新党代表)は2010年の「今年の漢字」について日刊スポーツに対し「溶解」と答えた。

2012年11月、石原慎太郎は東京都知事を辞任するあたり「今の心境を漢字1文字で」という問いに対して「秋晴れ」と答えた。平仮名を一部として含む文字を漢字とみなして良いのか議論を呼んでいたが、「れ」をカタカナにすることで解決した。



関連項目[編集]

この項目「責任」は、執筆者が責任を持たずに気楽に編集しました。だれか責任を持って編集できる人に加筆をお願いしたいと、責任を持って宣言します。 (Portal:スタブ)