責任転嫁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索



Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「責任転嫁」の項目を執筆しています。確認はしてませんが、そりゃあるでしょ。
Undictionary Logo Text.png
この記事「責任転嫁」は何故か「アンディクショナリー」に項目があります。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

概要だとこいつが申しております。[編集]

責任転嫁とは、自分の責任を他人に押し付けることだったと思う。「責任」を「嫁」に行かせるという字面からして、大体そんな感じだろう。正確に、だぁ?んなもん、知りたきゃこの言葉作った奴に聞け。俺はここで間違ったこと言ってクレームつけられたくねぇんだ。

使用例だと上司に言われました。[編集]

一般論として日本人はこのような事をする傾向がある、と言われている。特に第二次世界大戦の時の大日本帝国では、時代が時代ならエクストリーム・スポーツ登録もあったかもしれないほど支離滅裂な責任転嫁が多発した。いや、これはもはや世界共通で見ても人間の本能なんじゃないかというほど多い。責任転嫁を重ねに重ねた末に、不幸にもその終着点となってしまった人がエクストリーム・自殺に参戦する事も多い。そこに至っても、上層部はそれでも責任転嫁を続けることがあるのだから、これは本格的にプログラムであるとしか思わざるを得ない。

責任転嫁はしてもいい、と佐川が指示していたという風に聞いております。[編集]

先ほども書いたが、責任転嫁は人類の得意技であり、する奴の方が多数派なのだ。あなたもその多数派の一人だろう。わざわざ好き好んで少数派になって浮くような奴はそうそういないわけだ。別に悪いことでも何でもない、あの尊師一国の最高権力者もそういうことしてんだから。周りがしてんだから。上司がしてんだから。先生がしてんだから。管理者がしてんだから。してる方が多数派なんだから。多数決で決めれば多数派が勝つんだから。誰も怒んないって。


最後に、とあなたが言ってました。[編集]

こんなもん信用すんな。


関連項目[編集]


Img1021 08.jpg 有権者諸君!私が外山恒一である。この項目「責任転嫁」は未完成だ!!
編集したら、奴らはビビル! 私もビビル・・・・・ (Portal:スタブ)