貂蝉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この貂蝉は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


このページの項目名には呪われた機種依存文字があるため、仮名・略字または代用文字を用いて封印しています。本来の表記は「貂蟬」です。
一度でもこの表記を使ったものには「正確な表記」の呪いが刻まれ、終わりなき訂正活動に手を出してその身を滅ぼすであろう。
クレオパトラも仰天するほどの美貌な貂蝉。

貂蝉(ちょうせん、生没年不詳)とは、中国後漢王朝時代に誕生したアンドロイドである。製作者は伝説のマッドサイエンティスト華佗、発注者は後漢の臣で博士王允中の人黒歴史

誕生の経緯[編集]

事の発端は王允がいい年をしてエロゲにはまり、「血の繋がっていないが欲しい」などと言い出したことにある。当時董卓に重用されていた王允は、その権力を駆使して理想の妹を天下に募るが、いささか理想が高すぎたために上手くいかなかった。

そこで、王允は「今見つからないのなら、作ればいいじゃないか」と考える。当初はいちから育て上げる「プロジェクト源氏物語」という構想もあったが、アーン♥♥が可能な年齢まで育てることを辛抱できなかったため、今をときめく新進気鋭のマッドサイエンティスト華佗に「今すぐアーン♥♥が可能な妹を作ってくれ」という無謀にも程がある依頼を打診した。

華佗も華佗でこんな依頼を受けてしまうのだが、後に某番組では「もう・・・妹製造の依頼は受けないよ・・・」と語る元気な本人の姿があった。

貂蝉の材料(1人前)[編集]

  • 西施の首 - 1個
  • 妲己の肝 - 150グラム
  • 生命の水(アクア・ウイタエ) - 40リットル
  • 砂糖 - いっぱい
  • スパイス - いっぱい
  • 素敵なもの - いっぱい
  • そこに混ざるケミカルX - 適量

当時はローザミスティカなんて気の利いた便利アイテムは無かったので、非常に古式ゆかしい方法で作られていたのであった。ご家庭でもお試し下さい。

スペック[編集]

歴史中に見る運用記録[編集]

王允宅に届いた貂蝉は、その目的どおりにあらあらうふふな運用をされたことが窺えるが、残念ながらどこの史書にも詳しく書いていない。まったくもって、歴史家という連中は気が利かないものである。

記録に残っている限りでは192年、王允が邸宅に呂布など知人数人を呼んで宴を開いたときに舞い(暗黒太極拳)を舞っていたとある。おそらく自慢の義理の妹を見せびらかす目的があったものと思われるが、それを大いに気に入った呂布がお持ち帰りの上でどうにかしてしまったのである。

話を聞いた董卓は、配下のいざこざに仲裁を入れようとするのだが、このとき董卓は完全に忘れていたのであった。そう、呂布に立ち向かってはならないのである。後のことについては言うまでもあるまい。まぁ例によってあれされてしまったのである。

その後、貂蝉が一体どうなってしまったのかの仔細は不明であるが、「かぉかぉ☆の電波を受信してしまった」「士気3を消費して自爆した」「真夜中のサーカスを率いてあちこちに疫病をもたらした」「貂蝉なんて最初からいなかったんだよ! → な、なんだってー!」「実は男でハードゲイだったから黒歴史になったんだよ!」など諸説あるが、真相は未だわかっていない。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「貂蝉」の項目を執筆しています。
Hatsune-miku.jpg この「貂蝉」はまだ初音ミクの調教が足りないせいか、巧く唄えていないみたいですこのページをみっくみくにして下さる方を求めています。 (Portal:スタブ)