豊見城市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊見城市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「豊見城市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「豊見城市」の項目を執筆しています。

豊見城市 (とみしろし)は、琉球王国に所在する都市のひとつである。

概要[編集]

アルファベットでは「Tomigusuku City」と記されるように、本来は「とみぐすく」と読むのが正しいらしいが、国民のほとんどが「とみしろ」で通している。これは当時の豊見城市議会のお偉いさん者達がアレだったからなのは言うまでもない。(候補は「とみぐすく」、「とみしろ」、「とよみ」で左から得票数が多かった) 近頃ベッドシティとして人口も増えつつあるが、ホテルもなければゲーセンも少なく、さらに風俗までない。道の舗装以外は全くダメな都市なのである。

2002年4月付でから市に昇格した。なぜ町を経由しなかったのかは市民および国民であっても絶対に口に出してはならぬよう県条例で定められている。ちなみに村時代から「役場」ではなく「役所」だったことに関しても同じである。口がスベった者はシーサーに咬み殺される。

那覇市との境目近辺には橋梁を通じて瀬長島という島も擁している。かつては釣りやモトクロスが盛んで、現在は野球場や公園、バッティングセンターに島内唯一のゲーセンが主な施設だがそれはあくまで表向きであり、現状は島内のゲーセンでガンダムに興ずるヲタ、自殺願望者(大迷惑、ニュースにも出たほど)や、橋の側や島内の駐車場行為に及ぶバカップルしかいない。ちなみに1kmしない場所に豊見城警察署があるので、管轄範囲内の半数以上の検挙はこの島で取り締まられている、まさに地獄天国両方を喫せる島なのである。

近頃は豊崎という干拓地に観光客を目当てとした区画の整備も整っている。言うまでもなくナイチャーから金を剥ぎ取るために整備した地域である。そこにあるアウトレットモール「アシビナー」では、夏場はアスファルトを裸足で歩かなければならないという決まりすらある。ちなみに豊崎にもビーチを設備しているが、かつてフジテレビの生放送中にビートたけしがサバニに乗ろうとして2度溺れたのもそこである。ちなみにそのサバニは現在、自殺の名所として有名な残波岬の陸地部にある。

経済[編集]

琉球王国でも屈指の酒造所である忠孝酒造が市内一の企業である。具志堅・アルベルト・豊吉という人が開発・製造した「豊吉」が有名であり、瓶を開けて「豊吉」という文字が出たら、いかなる場所であろうが豊吉氏本人が三線片手にカチャーシーを演奏しに来てくれる。だが地域のCMでは、「お酒+三線=ゲンちゃん(前川守賢)」というイメージが当然なのであまり盛り上がらないのが現状である。また豊吉氏がオリオンビールのジョッキを持ってやってきたこともあり、翌日忠孝酒造と豊吉氏が謝罪会見を行ったことは琉球新報・沖縄タイムスともに一面で報じられた。

語呂合わせからの那覇の日、名護の日があるが、豊見城の日はない。そのため「10340(とみしろ)」から毎年103日の午前と午後の40分の実質2分間を豊見城の分としている。この時間帯は市民はもちろん、市に滞在している人が何をやってもOKという条例もユニークである。ちなみ2010年はこの計2分間だけで30万通を超える祝電が豊見城市役所に届きNTTが大混乱しただけでなく、各携帯会社もパンクした。また高速道路や329号線をはじめ市内をつなぐ道路が大渋滞となり、豊見城署のみならず、他署や陸上自衛隊が警備にあたった。のちに豊見城署調べでは、午前午後合わせて市民の12倍近くである69万人が豊見城にいたという結果が出た。