豊臣家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

豊臣家(とよとみけ)とは1580年~1615年までに存在した武家である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊臣家」の項目を執筆しています。

概要[編集]

始祖は関白であり木下、羽柴と姓を変えた秀吉である。当初、秀吉は農民出自のため姓はなく、その後おねと結婚して木下、柴田勝家丹羽長秀から一字づつ貰い羽柴、そして秀吉が近衛家の養子となって関白となり、そこでもらえたのが豊臣姓だといわれている。

全盛期[編集]

秀吉が関白となって数年後、秀吉は天下統一をし、豊臣家は全国の武士の中でもトップクラスの地位を持つ様になった。が、その後秀吉の右腕である豊臣秀長が52歳で急死。そして、秀吉の相談役でもあり、織田信長に仕えた茶人、千利休が切腹。次に、側室であった淀殿(茶々)の子、鶴松が夭折。豊臣家は不幸のどん底に落ちる。しかし秀吉はそんな悲しみにもめげず、朝鮮侵略をすることに決める。さて、朝鮮には日本軍が侵略している頃、豊臣家に明るい日差しが差す。それは秀吉の三男、秀頼の誕生であった。(ちなみに秀頼が生まれた頃の秀吉は57歳。自分の子を見るのは約3年ぶりの事)秀吉は秀頼を溺愛し後継者であった秀次をあまり信頼しなくなり、その後秀次は乱行を繰り返すようになり秀吉の命で切腹。そして1598年、幸せに浮かれ過ぎたのか、秀吉は62歳でぽっくり死去。(お江与が抹殺したと言う説もある)朝鮮侵略の日本軍は撤退した。秀吉は亡き後、政治は五大老と五奉行に任せられた。

滅亡[編集]

関ヶ原の合戦後、1603年に江戸に幕府が開かれ、徳川家による政権が始まった、豊臣家と徳川家の関係の雲行きが怪しくなってきた時代だ。16014年、方広寺の鐘に縁起の悪い文字が彫られていた、それは「国家安康・君臣豊楽」とあり家康が「徳川家を呪うために作られた鐘」といいががりを付け、それを知った豊臣方は激怒し挙兵を上げた。そして大坂冬の陣が起こり、豊臣家と徳川家の講和のため淀殿の妹ですでに夫を亡くした初が奔走した。が、そんな初の努力も報われず次の年に起こった大坂夏の陣で淀殿と秀頼は自害し豊臣家はわずか2代で消滅となってしまった。

豊臣家生存伝説[編集]

豊臣家は大坂夏の陣で本当に滅んだのか?実は秀頼には側室との間に息子がいて7,8歳で処刑されたのだが、落ち延びた家臣たちによって救出されどこかの国の大名になったとか、それとも淀殿が落ち延びてどこかの国の女大名なったとかいろいろな説がある。

関連項目[編集]