豊安京

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「豊田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「豊田市」の項目を執筆しています。

豊安京(ほうあんきょう)とは、大豊田連邦及びトヨタ王国首都である。名称から豊臣秀吉のお膝元であった大阪長浜であると思われがちだが、大阪や長浜ではない。

かつては豊田市(トヨタし、トヨタいち)と呼ばれていた。西三河地方(名古屋共和国東部)に位置する。

概要[編集]

企業城下町」の典型であるが、ここのように都市名をもともとあった地名である挙母(ころも)からわざわざ変えた例は、助川から「日立市」に変えた例に次いで、2例目である。どのくらい凄いかというと、例えば延岡市が「旭化成市」に、水俣市が「チッソ市」に、門真市が「松下市」に、鈴鹿市が「ホンダ市」になるようなものである。市民はトヨタ自動車に支配されており、商店街もトヨタカレンダーで動いている。市民や行政は、トヨタ自動車を「トヨタ様」と呼んで恐れている。トヨタ様の社長は豊田市長より権力がある。社長の一言で数兆円が動くこともまれにある光景である。また、焼け跡世代までの中高年は「自工さん」とも言う。トヨタ自動車の旧称「トヨタ自動車工業」に由来する。

市内を縦貫する国道248号国道153号で走って印象的なのは見渡す限りの田畑と点在する工場、つまり第1次・2次産業が遍在していることがわかる。

豊田市内でトヨタの車を見た時、「トヨタが通った」を「トヨタがとよった」というと、不敬罪で逮捕されるので注意すべし。

2005年に周辺町村を併合させられた結果、面積の上では名古屋市を抜いて名古屋共和国最大になった。そのうち、共和国全体を制圧するのではないかと取り沙汰されている。

ご当地ナンバー[編集]

現在、豊田市民が自動車を購入するとご当地ナンバーである豊田が付けられる。これはトヨタ自動車の宣伝効果の他、地域外に出ただけで「エクストリームスポーツやってますぅ~。」とアピールできる。

なお当然ながらトヨタ自動車以外の車を購入しても豊田ナンバーが付けられる。そのため、メーカーとナンバーとの相違から嘲笑される恐れも有り(例:ホンダ車なのに豊田ナンバー・日産車なのに豊田ナンバー)、トヨタ自動車としては更なる経済効果が見込まれている。

交通[編集]

鉄道[編集]

駅数が多いように見えるが、まとまった利用者がいるのは半分程度の駅である。なお、2000年代前半まではもう少し駅数が多かったと言われている。

自動車の街らしく、県の表玄関である名古屋駅から豊田市へは鉄道一本で来ることは出来ず、伏見駅丸の内駅または知立駅で乗り換えなければならない。

最近になって某黒字第3セクター鉄道の一部列車で乗り換えせず行けるようにもなった。しかし名古屋駅金山総合駅高蔵寺駅新豊田駅という非常にグネグネしたルートを走るため、伏見や知立乗り換えに比べ遙かに遅く、話にならない。

また、4本ある路線は全て急行/快速が無く鈍行ばかりだが、名鉄豊田線は全線高架踏切なしのおかげで急行列車と同等の表定速度を出す。しかし残りの2本の路線は単線(部分複線)であり、あまりにも公共交通が整備されていない事を窺わせている。

それを気にし始めたのか、名鉄は三河線を複線高架化することを決定し、2027年に直通特急が走ることになった。とは言え、特急が通ったところで時間は伏見乗換えと5分程度しか変わらず、本数もおそらく1時間に1,2本程度、また名古屋駅、金山駅以外への通勤・通学にも大変不便かつ、中部国際空港へは神宮前駅で乗り換えが必要であるうえ空港へは直通バスが通っているので需要は無いであろう。

自動車の街であるため、市内ではマイカーを持たないものは人間として認識されず、歩行者よりも自動車が優先されるので歩く場合にも最善の注意を払わなければならない。

道路[編集]

東名・名神高速道路のルートを決定する際、当時の日本道路公団は、豊田市が自動車産業で急成長しているにもかかわらず東海道国道1号)やそれに沿う東海道本線東海道新幹線名鉄名古屋本線が通っている岡崎安城知立刈谷といった自治体比べて幹線が通っておらず見劣りしていたため、「これはもう豊田に通すしかないでしょ」ということで他自治体とのバランスを維持するため豊田経由にすることを決断した。この東名高速の建設で、豊田市の自動車の街というイメージをより確かなものにした。

そして新東名・名神高速の一部である伊勢湾岸道のルートも、特に異論が出ることなく豊田経由で建設することになった。しかも計6車線以上という太っ腹で、鉄道との差は歴然としているが、人口規模が小さいのでお察し下さい。トヨタ自動車の意向(威光)が大いに影響していることは言うまでもない。

学校[編集]

トヨタの支配下にある学校
学校事情
約50万都市なのにも関わらず、市内に進学校と呼べる高校は1校もなく、市内の優秀な生徒は中学受験をして毎日4-50分かけて名古屋市の進学校に通うか、市内の公立中学に通い、岡崎市にある岡崎高校に毎日45分かけて通う選択が迫られる。2000年以降は前者の選択をする者が多く受けられ、実際に地区や年度にもよるが、小学校6年生1クラス(約30人)のうち約1/4が中学受験をする。そのため豊田市駅周辺にはたくさんの中学受験塾が立ち並び塾激戦区となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]