豊橋市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊橋市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「豊橋市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「豊橋市」の項目を執筆しています。
豊橋のありふれた光景

豊橋市(とよはしし)は、愛知県の東部…じゃなかった、浜松県の西部に位置する、通称ちくわの街である。 かつては豊橋軍として、大日本帝国に名を轟かせた街であり、現在でも火薬演習などが行われている。

概要[編集]

愛知県に属すると誤認される事があるが、実際には遠州灘に面しており、浜名湖や天竜川流域の方が近くて古くから交流が深いため、「浜松県豊橋市」と呼ばれている。愛知県が名古屋共和国として独立を宣言すると、浜松や飯田と分断された豊橋は苦情を申し立てて、名古屋共和国から脱退して浜松県に入り、現在は天竜川共和国の一角として現在に至るが、近々独立する雰囲気を漂わせている。

人口は約35万人。方言は三河弁の地域なんだに。

ヤマサのちくわ、路面電車、恐竜、牛川原人(ナウマンゾウのスネの骨)の街として広く知られている。かつては穂国(ほのくに)と呼ばれた地方王国の中心地で、その時代から火薬に強く、なにかあると手筒花火を上げてみたりする。

かつては『軍都』と呼ばれ、大日本帝国国防の最重要線を担っていた高域戦闘集団『豊橋軍』が存在した。(大東亜戦争後『豊橋軍』は解体) 現在、豊橋は火薬の街となるとともに、「ちくわ王国」となっている。

歴史[編集]

古代~戦国時代[編集]

古代より原人(ナウマンゾウのスネの骨)の町として繁栄し、一時は10万人を越す原人(ナウマンゾウのスネの骨)が現在の豊橋市の地域に住んでいた。

中世にて、今橋ノ国として立国すると同時に、隣町の田原ノ国、豊川ノ国と共に穂ノ国連邦を建国する。後に穂ノ国連邦は隣国の三河国連邦に併合されるも今橋ノ国は独立性を維持しつつ発展していった。

戦国時代前期、幾度も敵国に攻めこまれ、ウンザリした時の領主は「今橋(いまはし)ってさぁ、忌わしい(いまわしい)に似とって縁起悪いら?ほいだもんで攻められるだわ、改名せまい」と思い付き、縁起の良い吉田に改名した。以降今橋ノ国は吉田ノ国として知られるようになった。

さらに戦国時代後期になり酒井タダ告なるオヤジが「橋がなければ江戸に遊びに行けぬ」と騒ぎ出し、部下が慌てて木造の橋をトヨガワにかけた。もともと「偉大なる首領様がおつくりになられた吉田大橋」と呼ばれていたが、トヨガワにちなみ「トヨハシ」と呼ばれるようになった。これが呼び水となり、吉田ノ国は川をはさんだ二つの地域がつながり発展していくこととなった。

江戸時代[編集]

江戸になると「偉大なる将軍さま」や「恐れ多い前の副将軍」が夜這いするための道路として5街道(東海道、中央道、東北道、関越道、首都高)が整備され、このうち吉田ノ国は東海道「吉田宿」「二川宿」を配して将軍さまをもてなす場を作った。

明治[編集]

明治になるとトヨハシが豊橋として名が知れ渡るようになるが、正式名称は相変わらず吉田ノ国のままであった。しかし、明治政府より府県制へ移行する際に「吉田は全国に173ヶ所あるから、吉田ノ国は別の名にするように」といわれてしまい、そのまま流れで大日本帝国に吸収され豊橋市となった。このあと改名を少しずつ重ね、現在の名となる。

明治になると東海道に変わる次世代の夜這いルートとして「鉄道」が注目され、明治政府の優遇もあり、豊橋の一番目立つところに東海道本線「豊橋駅」を開業する。なお、豊橋駅の現在の正式名称は「日本一の峠・伊那路の玄関口およびキャベツ畑の中枢・豊橋駅」である。しかし、東海道本線が敷設されたことでもともとの東海道は大きく曲げられこれが後の道路事業に大きく影響する。東海道本線によってこれまで人力車・飛脚・馬車に頼る物流が飛躍的に改善され、それまで百俵の米を運ぶのに10日を要していたのに対し、わずか6時間で運ぶことができるようになった。

また、豊橋は周辺の町を次々と征服し、属州支配を敷いていった。

昭和[編集]

昭和になると、鉄道に続いて巨大な船舶が作られるようになり、現在の明海町が埋め立てられ、造船所及び製鉄・製鋼所が作られた。なお、この埋め立てに伴い、遠州の国との境にあった潮見山は削られて山がなくなり、潮見峠という新たな東海道のルートとして100メートル道路が整備された。この製鉄所からは毎年30万トンという膨大な量の鉄が作られ、日本国中に輸出されていった。同時に港湾整備を行い、80万トン級が停泊できるような巨大な豊橋港が作られた。かつての東三河の辺境の地は一挙に中心地に駆け上がり、豊橋にとどまらず蒲郡、新城、国をまたいで浜名湖周辺にも影響を与えた。

しかし、第3次世界大戦により、「造船=軍艦」という理由でメリケン国による大規模な空爆を受ける。このとき、空爆は明海町について徹底的に行われこの影響でせっかく埋め立てていた明海町が再び海に沈んでしまう。

戦後[編集]

戦争が終結すると、すぐさま町の再配置が行われた。北方は従来どおり通商の町として、南方は原野であったが、これを開墾してキャベツ畑とした。その後、オートモービルが急速に増加し、従来の東海道では手狭となったため、国家アスファルト省が東海道の再整備として国道を整備した。特に東海道は東京国と大阪国の往来に不可欠であるため、日本国道1号として整備された。しかし、車は簡単に曲げられるという理由で国道1号は道幅だけが広くなり、交通量の増加には対応できなかった。

そのうち、知らないうちに名古屋国に吸収されてしまい、工業力も名古屋本土に吸収されていってしまう。それに伴い、豊橋は通過地点となり、豊橋~名古屋間の国道1号の輸送能力が飽和し、周辺道路への流入で対向車との接触、狭窄路への車の封止などが発生してしまい、1号のバイパス道路が必要となった。これに応えるために、アスファルト省は豊橋~名古屋~伊勢~新宮を結ぶ通商・参詣道路として国道23号を整備している(現在も事業中)。当初、高速自動車国道として整備する予定であったが、海沿いをとおるため当時の技術では対応できず、結局普通の道路として整備されることになった。

その後、国道だけでは東京=大阪間の輸送量が不足するため、時速200kmまで対応できる「日本高速飛脚道路」ができた。同時に時速300kmで人を輸送できる「新幹線」もできた。しかし、新幹線は豊橋にはほとんど止まらず、当初は、一日に0.5本(すなわち、2日で1往復)が停車するだけであった。
また高速飛脚道路も豊橋にはインターチェンジはなく、道路が通過しているにもかかわらず乗り降り(インターチェンジ)は最も近いところでも車で1時間以上かかるところとなっている。一方、市内の飛脚道路上に豊橋関所が設けられ、一時利用者からは忌み嫌われる場所となってしまったが、ETCの普及で関所が廃止された。

軍事[編集]

吉田ノ国は古くは徳川家康の天下統一の原動力となった三河武士団の一角を担い、世に三河武士の精強さを知らしめた。

江戸時代は幕府からいらぬ警戒を受けぬために、その軍事力は大きなものではなかったものの、幕末になると特殊部隊を編成し民衆を扇動、いわゆる「ええじゃないか騒動」を巻き起こし、明治維新に貢献した。

また、現在は解体されているが「豊橋軍」(後述)と呼ばれる軍事組織を組織していた時代もある。 しかし現在豊橋市の首脳部は、豊橋市を中心に近隣の市町村を対象とした東三河地域を統括する「東三河連邦共和国」の樹立を目論んでおり、周辺市町村と話し合いを続けている。この計画にあたって田原市、新城市、豊根村などは豊橋市に協力する意思を示したが、豊川市、蒲郡市などは反発的で、豊川市に至っては「手筒」の開発競争に着手し、豊橋市との対立が激化している。

それに伴い再び豊橋軍が組織されるのではないかと言われており、既に各地域では隣組である「コワカレン」と呼ばれる砲兵連隊が組織されている。 そのため秋頃になると豊橋の各地で演習が実施され、その演習には地域の子供たちまでもが実戦さながらのゲリラ訓練を展開する。 代表的な演習は「炎の祭典」と呼ばれる全部隊による合同火力演習。

保有兵器[編集]

手筒

全長1m程の、縄で出来た砲身をもつ火炎放射器。コワカレンの主力。

一般的な火炎放射器と違い、火薬が残りわずかとなると「ハネ」と呼ばれる爆発をおこす。

その威力は非常に強力で、稀に射手が犠牲になることもある。

  • ヨウカン
手筒を手のひらサイズに縮小した携帯用火炎放射器。
威力は劣るが場所を取らないため、機動力を求められる場面で活躍する。
  • 乱玉
「台物」と呼ばれる大砲によって発射される多弾頭式の榴弾。
一度の発射で相当数の弾を時間をかけて発射することや、移動に結構な人数が必要であることなどから主に防衛用に使用される。
  • 爆竹
連発式の小型ダイナマイトで、小火器の中では最もポピュラーなもの。
単体で使用するのが一般的だが、場合によっては何十個も同時に使用する攻撃方が用いられ、「箱ごと爆発する」という意味から「ハコバク」と呼ばれる。
よくカエルが射撃目標にされる。
  • ロケット花火
小火器の中で最も射程距離が長い。
その名の通り小型のロケットなのだが、断じて花火などではなく、れっきとした兵器である。
威力はいまひとつだが、その射程距離を活かした長距離攻撃、対空攻撃、狙撃など様々な場面で用いられる。
また中には発射時に「ヒュー」という笛の音がする物もあり、作戦時の連絡用として使われる例もある。
  • '癇癪玉
投擲用小型対人地雷。
強い衝撃を加えたり圧をかけたりすると破裂する色とりどりの玉。
かつては眠気覚ましにこれを食す者もいたが、非常に危険な行為であるため禁止された。
  • 煙玉
いわゆるスモーク。
用途は様々で、敵の撹乱、友軍への合図、撤退時の目くらましなどに使われる。
主に少人数で行動する特殊部隊が愛用する。
また、独特な火薬の匂いがするため、時折部屋の香り付けに使われる。

豊橋軍[編集]

明治時代に入ると、明治政府は富国強兵を国家戦略に掲げていたため、豊橋も軍事力増強に力を入れ1885年に歩兵連隊を編成したのを皮切りに、砲兵連隊、工兵大隊、騎兵旅団、歩兵師団を次々に編成、昭和に入るといち早く航空基地を整備し、日本を見渡しても有数の軍事都市として成長した。

豊橋はやがて、その強大な軍事力を背景に独立都市豊橋を宣言した。これに対し大日本帝国政府は有事の際の軍事力提供・平時の地域治安保全を条件に自治を認めた。

豊橋軍は盟約に基づき、事あるごとに大日本帝国側にて参戦した。当初こそ、その実力に懐疑的であった大日本帝国軍もしだいに豊橋の軍事力を認め、多くの戦いでその戦力を頼みとし、また豊橋も同盟国として軍事力を提供した。

特に日露戦争における遼陽会戦で豊橋軍第18歩兵連隊は戦力の半分を失いながらも戦い続け、大日本帝国の勝利に貢献した。

太平洋戦争では豊橋軍は緒戦、中国に派遣され上海上陸戦、漢口攻略戦に参加するも米軍の策により敗退し、後にグアム島守備に回されるが途中の航海で乗船を攻撃され、戦力は半減、残存兵力はグアム島たどり着き、守備隊として奮闘するも圧倒的物量に勝るアメリカ軍に押され、殲滅された。

戦後、同盟国である大日本帝国軍の解体を受け、豊橋軍も組織を解体、以後軍事力を有することなく現在にいたる。しかし浜松県や、かつての豊橋軍のプレーン達の活躍により、火薬を大量生産するようになる。現在でも花火に見せかけた火炎放射機たる「手筒」、祭りに見せかけた「炎の祭典」という名の合同火力演習等、有事に備えた準備・訓練を怠ってはいない。


近年では手筒を全国放送のテレビ番組で報道するなど、某北の国並みの軍事力アピールを行っている。


地理[編集]

日本列島のほぼ中心線に位置しており、「東日本は~ですが、西日本は~」という天気予報をされると西と東どちらを信じたものか疑心暗鬼に陥る地帯である。


地域性[編集]

三河弁が主言語であり、標準語が通じない場合がある。

徳川家康が三河出身だということで、標準語は三河弁がベースだと言われることがあるが、実際聴き比べてみると全くの別言語であることがわかる。


非常に閉鎖的な民族性で、よそものに心を開く事は珍しい。

街で耳を澄ますと例の三河弁を聴くことができるが、決して話しかけてはならない。 なぜなら彼らはその性格ゆえ、他人に話しかけられると標準語になってしまうからである。


一時期市内のそこら中で超能力者の存在が報告されたという噂がある。


また、市内では多くの不思議な物を目にする。

例えばビルの上にスペースシャトルを置いたり、まるで旗のようにバイクを掲揚したり…。

これらは古くからの文化であるという説が有力だが、最近では先述の超能力者の仕業ではないかと言われてきている。


産業[編集]

あのフォルクスワーゲンが湾岸部に日本支部を置いている。

大葉・鶉卵など、今一つぱっとしない物の生産量が日本一であったりする。おそらく豊橋市民ですら知らない。


あと豊橋筆とかいうの作ってるってじっちゃんが言ってた。


また、意外にも技術面で優れており、トヨッキーという名のゆるキャラロボが開発された。

しかし実際のところトヨッキーは軍事研究施設である豊橋技術科学大学が研究開発した、最新鋭鬼型駆逐歩行兵器である。


名物[編集]

・ちくわ

豊橋市民の大好物である。 というより主食である。

「ちくわごはん」に「ちくわのさしみ」「ちくわの煮付け」「ちくわの吸い物」「ちくわ田楽」などの料理でもてなす「ちくわ御膳」が最高のご馳走である。


かつて、ちくわを販売する業者が談合し売り惜しみをしたため価格が高騰、「ちくわ騒動」なる一揆が発生。この騒動で豊橋がちくわの街として有名になった。

また、豊橋市民に「名物はなに?」と聞くと、大抵「チクワしか持ってねぇ!」と答える。


ブラックサンダー

意外と知られていない名物の一つ。

袋にこっそり「とよはし産」とプリントしているが誰も気づいてくれない。

ちくわが手に入らなかった時はこれが食卓に並ぶ。


著名人[編集]

豊橋市が輩出した最も著名な人は「鈴木末七」である。末七は平成の世に「ええじゃないか」に匹敵する「マツケンサンバ」をヒットさせ一躍時の人になった。

そのため郷里を離れていても、名誉将軍として敬われ続けている。

なお水戸黄門に、懲らしめられる『悪代官』も、これまた豊橋出身の名優である。

AKB48の名古屋支店で活躍した元メンバーも、在籍時には名古屋鉄道で出勤していたという。

関連項目[編集]