豊川市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊川市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「豊川市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「豊川市」の項目を執筆しています。

豊川市(とよかわし)は、浜松県の西部に位置する市。

概要 [編集]

「とよかわ」と発音する。金田一耕助の中の人と同じ読み方である。ただし、元漁師の演歌歌手の場合と違い、彼はこの市とは縁もゆかりもないし、市も彼をイメージリーダとしたことも、イベントに呼んだこともない。ちなみにこの市を流れる川に「豊川」があるが、これは「とよがわ」と発音する。

元々は「宝飯郡」という群集落の一部であったが、某歌謡グループのごとく、有力集落が第二次世界大戦中「豊川市」として脱退。その後残った集落と確執が続いていたが、劇場の人の制作による平成の大合併に乗じて、経済的困窮していた周囲集落が、「よろしくおねがいします」とばかり合併、現在の豊川市に至る。

地理[編集]

地理的な位置としては、豊橋市蒲郡市新城市と同じ。ちなみにこの市は、2008年1月14日までは海に面していなかった。
近隣地域の人なら「豊川市」と言うだけで通じるが、そうでない場合は「う〜ん地図で『豊橋市の上隣に位置する市』ですよ。」と言うと、だいたいイメージしてもらえる。

交通[編集]

交通の便は、高速鉄道以外は豊橋市より勝り、道路では国道23号線、国道1号線、国道151号線が、かなり近接して敷設されている。おまけに東名高速道路のインターチェンジまであるので、自動車、オートバイ、通行料があれば、東西南北をかなり気軽に行け、高速バスも東名ハイウェイバスほの国号を使えば東京から乗り換えなしで到達可能である。

電車はJR東海名古屋鉄道が通っているのだが、並行運行しておらず、どちらも使える地域が豊川稲荷周辺と限られている。市内移動を電車利用する人は「通勤・通学者」ぐらいなもので、鉄道による東西交通は疎である。

路線バスは、豊鉄バスが赤字路線を軒並み廃止したため、4町併呑後、コミュニティバスを整備した。

民族性[編集]

上記の通り、「豊川市民」と言っても、宝飯郡から離脱した時からの「ネイティブ豊川市民」と、合併後の「新興豊川市民」が存在する。その見分け方としては

  • 豊川市のことを話題にすると、露骨に嫌な顔をするのは「新興豊川市民」
  • 合併前は宝飯郡だった所を豊川市として話題にすると「あそこはもともと豊川市じゃなかったから」と前置きするのは「ネイティブ豊川市民」

いずれにしろ、お互い合併を好ましく思っていないようである。

産業[編集]

昔は「生糸用の桑」と言っておけば済んだのだが、現在そんなものは殆ど無い。田は比較的残っているが、畑なんて殆ど造成地に転換。工業は第二次世界大戦まで超巨大工廠があり、その跡地による工業団地が形成されているけど、じゃあそこの特産品は? と問われれば、「日本車両の電車」が、たまに「謎のテスト車両」を走らせることもあってマニア心をくすぐるところかしら。
ほこたて」で硬い金属に果敢に挑戦して、引き分けた会社も豊川市にある。

貧しい教育機関[編集]

「ネイティブ豊川市」は市域人口が10万を超えながら、公立普通科高校が国府高校1校しかなく、合併後も公立普通科高校が2校増加しただけという貧しさであり、秀才は中卒後に豊橋市や岡崎市の高校に流出している。
4年制大もなく、高卒後に学べる専門学校は1校しかない。
ただしスポーツ、特に駅伝に関してはかなり強豪校として有名。なにしろ女子駅伝の上位にランクされる高校のメンバーには、まるでドカベンで登場する「クリーンハイスクールのフォアマン」みたいな立場の選手まで存在し、「勝てば官軍。とにかく優勝」と気合満々である。当然使えない選手はあっさり「クビチョンパ」。脱走騒ぎも起きた。
男子駅伝の上位にランクされる工業高校では、監督自ら気合の入った「選手に直に強く触れる指導」により、メディアでも大きく取り上げられた。

環境[編集]

豊川市の中心部には、第二次世界大戦に超巨大工廠があったこともあり、現在でも日本における「重要な組織の重要な施設」があり、そこに務める方々が、制服でごく普通にコンビニで朝買い物したり、自転車通勤する。当然某怪獣映画に出てくる車両も、平然と一般道を走るので、知らない人には別世界である。

かつ、この組織及び施設の特性上、施設周辺の高層建築は「ご法度」(多分)なので、市中心部の割にはさっぱりしている。しかも組織が「陸側」なので、飛行機の爆音は殆ど無い。結構静かな環境である。

文化[編集]

  • 豊川市とくれば「豊川稲荷」となることが多いが、正式名称は「妙巌寺」で「寺院」である。「稲荷」って言うけど、あくまでも「お・て・ら」である。地図でも間違って神社のマークになっていることがあるので、間違い探しすると良い。
  • 豊川稲荷は観光スポットでもあるので、当然それを当て込んだ商業地帯が存在する。いわゆる「おみやげ屋」であるが、そこの商品が各店「類似品オンパレード」のため、知人などから頼まれて、おみやげを購入する場合「どこどこの店の、この商品を買ってきて」と言うのを予めよ〜く聴いておかなければならない。
  • 豊川稲荷商店街でのマスコットキャラが、少なくとも3体存在する。
    • 1990年頃から出現したハリボテ狐。形状は「招き猫」で、名前は「コン吉くん」らしい。最も初期のマスコットキャラで、商店街のほぼ全域に設置されている。閉店後に店内に入れるため、イタズラなどの被害も少なく、保存状態は概ね良い。配色はきつね色プラス白色の、いわゆる「きつね柄」なのだが、世の常で「皆が賛成することに必ず反対する」アナーキーな物も存在する。
    • 2009年頃から出没し始めた「いなりん」なるキモキャラ。ただしこれと直下のキャラは、豊川市が用意したキャラである。いなり寿司が胴体になった狐のイメージなのだが、背中から内蔵(酢飯)が露出していてキモい。目がつり上がっているのだけれども、どうもこのキャラを選んだ人は、「目がつり上がっている狐→キツネ目→例の事件のキャラ」という連想が無いらしく、怖いイメージを全国に振りまいていることに全く気づいていない。
    • 2010年頃から出没し始めた「狐娘ちゃん」なるヲタねらいキャラ。「ドロロン閻魔くんの雪子姫のコスチュームのパクリに、末端が白色である茶髪のポニーテール」の幼女である。頭に狐の被り物(ポニーテールが尾になっている)をしているのだけれども、あいかわらずその狐の目が「キツネ目」で非常に怖い。まるで「後ろで怖いオニイさんがついている、おいでおいでしている女の子」っぽい。あまり出てこない。
    • かなり前から、北の国よりやってきた狐にしか見えないキャラのぬいぐるみが売られている(名前はいろいろ)。
  • 豊川市の文化に於いて、大きな誤解が散見される。
    • 豊川稲荷のイメージがあるせいか、市内至る所に「狐」をイメージしたものがあるが、実物の狐は存在しない。豊川市での2012年で多く見られる動物は「トイ・プードル」である。なお市中央を流れる「佐奈川」の下流(国道1号線以南)には「ヤギ」が生息している。
    • ビンボー臭い料理No.1」でやたら宣伝しているせいで「豊川市民イコールいなり寿司」のイメージがあるが、あれは2009年頃からの商業的戦略イメージである。当の豊川市民は、いなり寿司のことを「回転寿司での安い方の寿司」程度にしか思っていない。間違っても豊川市民に、いなり寿司の事を尋ねてはいけない。ガイドブックを参照すべきである。

著名人[編集]

  • 豊川市でもっとも有名な人と言えば、「メジャー女性デュオ影の薄い方」の人である。懐かしのメロディの類で数年に一度はメディアに登場するし、リアルに出演する時もある。でも名前なんだっけ?
  • スポーツ界で名を馳せた、怪獣「ギャオス」の出身地でもある。
  • ファミコン史上伝説のクソゲー」のデザイナー。ROMには当人のメッセージが入っている。

関連項目[編集]