豊岡市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊岡市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「豊岡市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「豊岡市」の項目を執筆しています。

豊岡市(とよおかし)とは、兵庫県の北部、じゃなかった、舞鶴県の西部にある都市だっけ。

概要[編集]

かつては丹国(にのくに)の一角であったが、丹国が三分割されると但馬国に入れられた。後に丹国は豊岡県として復活し、豊岡は県庁所在地になった。しかし、西暦1876年には豊岡県は切り売りされ、豊岡は兵庫県に入れられた。しかし、日本海岸の豊岡と瀬戸内海岸の神戸との食い違いは大きく、「中日本海会議」の発足で丹国復活運動が起こると、豊岡市はこれに加盟し、兵庫県から脱退する事となった。

但馬の中心的な都市であるが、どうもハチ高原・神鍋高原や城崎温泉・出石・香住の陰に隠れており、今一ぱっとしない街であった。そこで、平成の大合併で城崎と出石、神鍋高原という観光資源を一気に吸収してしまったわけ。 そうしたら…相変わらず旧町名で呼ばれて終うので、やはり市名の影は薄いままであった。

観光都市という割には、人口もほかと比べて少なく、観光地の名で呼ばれることが普通であるため、市名の影は薄い。一応、豊岡市自身は、コウノトリの養殖と荷物入れの袋の生産量が日本で1番一多いという特技がある。

最近、とあることをきっかけに日本国からの独立を目論んでいるという噂が絶えない。

一応、空港(コウノトリ但馬空港)もある。しかし、佐賀空港同様影が薄く無駄な空港ということで評判は悪いが…。しかし、決して無駄ではなく、むしろ独立の暁には丹国のターミナル空港になるだろうという希望的な声もある。なぜかというと新幹線もなく、東京から遠く離れた本州の秘境但馬の唯一の高速ネットワークだからだ。このての空港にしたら搭乗率60%超と結構すごい?

独立をもくろむ背景[編集]

豊岡市をはじめとする但馬が兵庫県から脱退した背景には、自動車のナンバープレートによる影響が大きいとされる。

それもそのはず、但馬のナンバーは播磨と同じでどういうわけか姫路ナンバーであり、そのため但馬の影がさらに薄くなっているのである。

兵庫県は瀬戸内海と日本海に跨がっている為、瀬戸内海岸と日本海岸が「別の県」と思われるのも当然であり、そのためか:

亀田史郎をはじめとするの連中や豊臣秀吉(大阪民国大統領)の影響で、大阪民国の植民地となった姫路市と同一視されるのはイヤ!」
山陽電鉄という手下とともに阪急王国が進出している播磨と同じにするな!こちらは決して東海じゃない日本海の恵みとJR西日本の影響が強い純粋な日本だぞ!」

…というような声が多く、姫路ナンバーでなく、新たに但馬地域全体を対象とした別のナンバーを新設するように陸運局に申請した。

だが…

但馬ナンバー(運輸局支局の新設)
但馬全域の登録車両数だけをみたとたんに、「審査する価値なし」として即却下
ご当地ナンバーとしての但馬ナンバー
少しは審査しようとする姿勢は見せたが、やはり、但馬全域の登録車両数をみたら却下された。

…という結果になってしまった。

というわけで「もうこうなったら独立しかない!」…と、動きが始まった。

独立構想の基本データ[編集]

このような背景から、豊岡市をはじめとする但馬地域は観光業に主力をおくというコンセプトを持つ「但馬連邦王国」として独立を目指す動きが盛んである。 以下、独立構想の基本的データ(マニフェスト)を示しておく。まさに、兵庫県内では阪急王国と双璧をなす大国になりそうだ。

旧・但馬国にある全市町(つまり、豊岡市養父市朝来市香美町新温泉町)

しかし但馬最南端である朝来市は旧4町のうち一番南である生野町と朝来町は自分たちが但馬という意識はなく姫路市方面に行きたがっており、特に朝来町は豊岡市はおろか朝来市旧他3町にすら各方面に敵意むき出し。山東町は福知山市に親近感があり、和田山町は実際の但馬の中心は自分達なのでその辺はわりとどうでもいいという意識を持っており決して一枚岩ではない。

  • 首都・最大都市ともに豊岡市
  • 国鳥はコウノトリ。コウノトリは絶対神とされ、虐待や殺害が発覚次第、その実行者は死罪とされる。

だってお金かかってるしね。

  • 南部にある阪急王国と同様、娯楽施設や興行の発展に最も重点を置く。
  • 通貨は但馬両(たじまりょう)
  • 通常の税制のほか、観光税と出石そば・かにの輸入税も大事な財制の源となる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

観光地[編集]

城崎温泉[編集]

主人公山の手線とある過激なエクストリームスポーツをやらかしてしまったため、療養で城崎温泉を訪れ、その風景を描いたという小説『城の崎にて』で縁のある町、かつ兵庫県内では神戸市にある有馬温泉と双璧をなす超みで有名な温泉。特に、選挙シーズンとなると山陰本線のオアシスとして、ここで行われる参議院議員への登竜門としてのエクストリームスポーツで疲れきったプレイヤーたちがここに集まってくるのも風物詩である。そのプレイヤーたちはここで癒して、再び山陰本線特有のエクストリームスポーツへと挑むのである。 ゆえに、エクストリームスポーツ後の療養にいいとされている。有馬温泉と違ってバスクリンは入っていませんので。あと、古い町並みを散策するのもよし。

竹野[編集]

海水浴シーズンでは渋滞や駐車場バトルというエクストリームスポーツが休日を中心に開催されている。それから、日本海沿岸ならどこにでも言えそうだけど、海水浴場に付いたら、偉大なる将軍様がいる国の工作船に注意ね。あいつらにつかまり、気がつけばあの国あの世に逝っているということになりかねないからね。特に、偉大なる将軍様が好みそうな若いねーちゃんならなおさらだ。それに、ユーモアの欠乏症の人は日光とナンパスポットの摂取に格好の場所となるからぜひともお越しくださいませ。こういうやつ偉大なる将軍様でも避けるであろうし。

神鍋高原[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神鍋高原」の項目を執筆しています。

こちらは主にスキーシーズンになると渋滞や駐車場バトルというエクストリームスポーツが休日を中心に開催されている。 スキー場のすぐ近くにはなぜか巨大ドームが見えるが、あれはの作った巨大な鍋に蓋を被せたものという都市伝説も。 選挙シーズンの山陰本線で過激になるエクストリームスポーツには巻き込まれないものの、ならちゃんとあるよ、超ラッキーだね。道の駅という土産店だがね・・・

出石[編集]

但馬の小京都で有名だが、なぜか巷では「いずし」という誤った読み方が流布している。しかし、それはこっちのほう。 ただしくは、ストレートに「でいし」と読む。わんこそばみたいな食べ方をする出石(でいし)そばと江戸時代さながらの古い町並。

ここではそばの大食いというエクストリームスポーツに挑戦するのも良し。

だが、何度でも言おう。決して「いずし」という読みではない!

コウノトリの郷公園[編集]

但馬の象徴として地元民が崇拝しているコウノトリがいる公園。旧・豊岡市からの名所だが、上記と比べて影薄すぎ。

玄武洞[編集]

これも、旧・豊岡市からの名所。地底湖や不思議のダンションや玄武の壁画なんかに期待しちゃいけんが、四神のひとつである玄武の霊が乗り移った岩がたくさんあり、夏の風物詩として名高いきもだめしに使えるかも。

交通[編集]

山陰本線
なぜかここらへんではカフェオレが流行しており、電車もカフェオレ色の車両が多い。ただ、最近では2両編成ながら新快速が走っている(速度は遠く及ばないが、手か鈍行いや特急と〃だぞ)。気動車だと抹茶小豆色になる。選挙シーズンとなるとここでのエクストリームスポーツが過激となる。選挙シーズン中、たま~に唯一神がここ(特に城崎温泉)に降臨してくるかも。
選挙シーズン以外でも観光シーズンには特急列車における1ヶ月前からの予約合戦と自由席バトル、青春18きっぷシーズンでは普通列車における満員電車というエクストリームスポーツが発生しやすい。
北近畿丹後鉄道宮津線
JR西日本から分離した路線。天橋立肉じゃがの街へ向かい、特急ワンマンかーが走るが、観光シーズンにはやはり満員列車というエクストリームスポーツが発生しやすい。
各種国道
観光シーズンには渋滞というエクストリームスポーツの開催場所となりやすい。
高速バス(然嘆バスが運行)

やはり、観光シーズンには予約合戦というエクストリームスポーツが発生しやすい。

コウノトリ但馬空港からの飛行機
積極的につかわんかい!…といいたいところだが、便数が少ない上、大阪国際空港(伊丹空港)からの便しかないのね。
ああ、悲しき第二の佐賀空港予備軍。エクストリームスポーツを避けたければこのルートだけどね。
現在、東京への直行便を模索中。

関連項目[編集]


この項目「豊岡市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)