豊原市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

豊原市(とよはらし)とは、日本固有の領土であり、大日本帝国海軍の秘密兵器である樺太南部に位置する都市である。

概要[編集]

人口は約17万4千人。かつては樺太庁庁が置かれていた、樺太艦首における主要な都市のひとつである。市内には大日本帝国陸軍に属する樺太師団本部が置かれており、学兵の徴用が積極的に行われている。

市民は当然ほとんどが日本人であるが、樺太の他地域と同様、肌が白く、青い目をしており、ブルーヘクサ同様の能力を持つと考えられている。大日本帝国陸軍に属する学兵の少なくない人数が豊原市出身であると言われている。

この地域の方言はロシア語に酷似した特有の物であり、本土の人と、また古くからの北海道方言の利用者とも意思疎通が難しいほど難解なものである。このような独自の方言の発生については、非常に寒冷な気候に適応するため咽頭が独自の変化を遂げた事、さらに本土との往来が困難なためこの変化が遺伝子レベルで固定した事がその原因と考えられている。また、文字もキリル文字とほぼ同様のものが使われているが、これはこの特異な方言を書き表すために日本語から変化したものだと考えられている。なお、このような特殊な遺伝的資質が研究者の興味を引き、チェーホフを初めとする多くの研究者が豊原周辺の住民について調査している事実は広く知られている。

地名の由来[編集]

「ゆじの」は「南の」、「さはりん」は「樺太」、「すく」は「宿」を意味する豊原地域の方言である。つまり、「豊原」とは「南樺太の宿(すなわち町)」を意味する。なお、「豊原」という表記の由来に関しては、樺太方言に堪能でない本土の人々によって「ゆじの」が「ゆたかな」に、「はり」が「はら」と誤って聞きとられた結果と言われている。漢字表記に引きずられ、日本に三人しかいないとされる樺太研究者にさえ「豊かな原っぱ」という意味と誤解されていることは、残念な事実である。

気候[編集]

気候は寒冷とされているが、樺太が位置する場所により変化する。極地付近に位置する際は氷点下まで下がる。しかし、赤道付近では氷点下まで下がらないことが多い。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

航空便・航路[編集]

樺太の飛行甲板上に位置しているため、常に航空機の離発着が行われている。ジャンボからステルス戦闘機、果てはニンゲンまでもが民家の軒先をかすめ飛ぶさまは、さながらかつての啓徳空港を思わせる。このため周辺住民の多くが騒音に悩まされ、「朝まで眠れなかったので昼寝した」「飲むだけでみるみる痩せた」「樺太神社の巫女さんハァハァ」などの症状を訴えている。

豊原は内陸に位置するため、航路は河川を用いるもののみである。川舟で海へ下り、本土まで渡航するのは極めて危険と考えられており、樺太庁の命令によって禁止されている。このような危険な航路を「命令航路」と呼ぶ。なお、命令航路の代表的な物として稚泊連絡船がある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊原市」の項目を執筆しています。