メンタル豆腐

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

メンタル豆腐とは日本のスポーツ界を中心に大ヒットを記録している食品である。その大きな特徴として、上手に管理しプレッシャーにさらさなければとんでもなくうまいことでしられている。2016年現在の主な産地として香川大阪府堺市、さらには全国各地の高校や大学でも面々と作られ続けている。

概要[編集]

一般的に豆腐と呼ばれている食品の多くは白くて濃厚で柔らかく、何よりうまいことが常識として知られている。しかし、メンタル豆腐と呼ばれるこの食品はたいていの場合、青くてしっかりとしてうまくて視聴率的にもおいしい存在であるにも関わらず、ちょっと圧力をかけただけでぐずぐずになってまずくなるという特徴がある。そのため、取り扱いについては大変に慎重にならなければいけないという困った食品である。

食べ方[編集]

主なメンタル豆腐の食し方としては、味噌汁冷奴鍋料理などが知られている。しかし、大変に柔らかい豆腐であるためビッグマウスでは食せないことでも有名で、必然的に気弱でかつ調子にのりやすくした状態で食さなければならない。何より管理に失敗すると一瞬でぐずぐずのぐだぐだになり、いつまでも引きずるような食べ方になる。しかも、それが他の食材にも影響を与えることから、多くの料理人がメンタル豆腐を大事な料理に使うことを避けている。

香川産[編集]

メンタル豆腐の中でも最も有名な商品として知られているのが香川産の製品である。堺産の若いメンタル豆腐をうどん漬けにした上でヨーロッパのドイツイギリスの水で調理したこの商品は、新発売された当初から大ヒットとなり日本中が熱狂したことでも知られている。その後、日本食ブームに乗る形で海外展開も行われ、そのキレと濃厚な味に欧州メディアも絶賛。ドイツでは誰もが知る存在となる。しかし、その後に展開したイギリスにおいて肉との相性の悪さが指摘され、無理やりに肉に合わせよう、肉をつけようとしたことで一気に評価が急落する。

特に、発売当初に高評価を受けていたキレが失われたことから日本においてもファン離れが加速。その後の世界品評会アジア品評会でも肝心な場面でぐずぐずのボロボロでグッダグダな姿をさらしたことから、大事な場面に香川は用いてはいけないという評価が広まることにある。ただし、見栄えもよく過去の実績もあることから関係者は香川の復活を願い続けて起用し続けるものの、本来であればプレッシャーとは無縁なタイにおいてすらぐずぐずとなって失態を犯したことから、とにもかくにもメンタル豆腐は鍋料理のスタメンからは外せとの絶叫に近い声が聞こえることになる。

桜女子高産[編集]

香川産以外の他にもメンタル豆腐として知られているのが大阪府堺市にある桜女子高等学校近辺で作られている桃色をしたメンタル豆腐である。中でも蛍豆腐店で作られている豆腐は絶品で日本を代表する食品に幾度となく選出されており、いずれは日本の食を変えうるとまで噂された存在であったのだけれど、悲しいことにこちらもプレッシャーに弱く、特に海外展開した際に発覚したドイツの硬水との相性の悪さは決定的で、それまで安くて速くてうまいという欧州での日本食のイメージの崩壊に直結。その上であっという間に腐った上にそれまで日本産の食材ではほとんどありえなかった帰国病に感染。海外展開から半年持たずにドイツから消え去ることになり、多くの日本人を絶望させることになる。

ホンダケとの相性[編集]

こういった弱点のあるメンタル豆腐であるけれども、意外なことに日本を代表する食材であるキノコ、ニホンダケとの相性は悪くなく、ホンダケのビッグマウスを楽しむ中でメンタル豆腐も楽しむことは可能である。

ただ、これについてホンダケの図太さが異常という話である。

関連項目[編集]