谷佳知

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「谷佳知」の項目を執筆しています。
「おお、同志よ!」
谷佳知 について、山内一豊
「谷はすごいのとやってるよ…」
谷佳知 について、角田

谷 佳知(たに よしとも、1973年2月9日 - )は2009年現在、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手。もっとも、野球は副業であり、あの柔道の谷亮子の旦那であることを正業としている事から、日本プロ野球界ばかりかメジャーリーグでも屈指の守備範囲を誇る野球選手として高い評価を得ている。それでも、プロ入り前から周囲はスターだらけで目立てないため、野球は副業なのである。

どうしても目立てない経歴[編集]

彼を悩殺した奥様の美貌。ラッシャー板前だ!なんて、言わないでね。

1996年アトランタオリンピック代表に見事選出される。でも松中信彦井口資仁福留孝介今岡誠といった錚々たる打者の中で、特に存在感を示すことができたかは疑問である。

翌年ドラフト2位指名でオリックス・ブルーウェーブに入団。究極の安打製造機イチロー、巨大な目玉田口壮らと鉄壁の外野陣を形成するも、いまいちセールスポイントに欠けていたため、オリックスの外野の1人がどうしても思い出してもらえずに、葛城育郎と取り違えられる事件が発生した。

その後は二塁打、盗塁王、最多安打などのタイトルを獲ったものの、イチローの抜けたチーム自体が黒い時代に突入しており、印象は薄かった。

2003年子作りならぬ話題づくりの目的で柔ちゃんこと あの田村亮子と結婚し、フェミニストとして一気に知名度を上げる。シドニーオリンピック柔道金メダリストによる夜の寝技にも屈せず好成績を残した。しかし守備に就いている間も妻のことが忘れられずに、集中力の欠けたエラーも増やしてしまった。

2004年アテネオリンピックに出場したが、メダルどころか怪我まで手土産に帰国した為、終盤戦からは全く消えちゃった。この頃、誕生した長男に、自分と妻の名前から一時ずつ漢字を取り出すという未だかつてない斬新なアイディアで名前を付ける。

後に完全にオリックスに忘れられてゴミ捨て場に捨てられたところ、読売ジャイアンツが掘り返して、拉致[1]

2008年シーズンは、顔芸が面白い監督さんにスッカリ忘れられてた時期があって、スタメンから外されていた。やっとスタメンかと思ったら、西武戦でおかわり君のフライを見失い、三塁打を献上した。これは、古木克明のように守備が下手な愛されキャラ路線で目立とうと考えたのではないか、といわれている。

脚注[編集]

  1. ^ 直前に読売球団は、長年チームに貢献してきた仁志敏久を放出。理由は『チームの若返り』を図ったものである。その数日後に谷を獲得、若返り政策の象徴として入団発表した。確かに仁志より若いが、たった1学年下なだけである。

関連項目[編集]


やだ、母乳が止まらない・・・ 佳知・・・助けて・・・。 (Portal:スタブ)