諏訪市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「諏訪市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「諏訪市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「諏訪市」の項目を執筆しています。

諏訪市(すわし)は、諏訪湖の東に位置する素朴な田園都市である。

武神として名高い建御名方神ミシャクジ洩矢神火星の神など多くの神々が鎮まる聖地である。

概要[編集]

長野県もとい筑摩県の諏訪広域連合の中心都市にして、精密機械産業が盛んな「東洋スイス」と称される工場都市である。同じく諏訪広域連合に属する岡谷市とは悶着が絶えないようである。詳しくは後述する。

諏訪地域の中心都市とされているが、人口は約5万人で、隣の茅野市や岡谷市より少ない。

隣の岡谷市も「東洋のスイス」と呼ばれており、周辺の自治体と産業構造や地域イメージが似通っているため、いかに差別化を図るか苦慮している。そのため、「素朴画[1]のような懐かしさを感じさせる風景を売りにした田園都市を標榜し、癒しを求めて田舎に訪れる「ふるさと不足」の都会人に興味を持ってもらおうという魂胆である。

地理[編集]

上諏訪は、諏訪湖の東、霧ヶ峰の麓にあり、温泉も湧き出る素朴な町である。諏訪大社上社本宮があることから、神都伊勢、仏都長野にも匹敵する聖地としても名高い。

諏訪盆地のような特殊な聖性地形をもつ霊場には聖なる気が集まるが、その反面、邪悪な気を呼び寄せる土地でもある。そのため、地震のエネルギーなども溜まりやすく、震源域の遠い大地震が起こると飛び地的被害がでるほどであった(いわゆる諏訪地震)。

歴史[編集]

旧称は上諏訪町といい、下諏訪町とは「持ちつ持たれつ」の関係であったが、上諏訪と下諏訪が合併する気配はまったくない。

上諏訪は諏訪大社の上社本宮があり、高島藩の城下町・甲州街道宿場町として栄えた素朴で由緒深い町である。このように都市としての風格は申し分ないが、市制施行は岡谷に先を越され、市名の問題から下諏訪町とも距離を置くようになるなど、緩やかな連合体である諏訪広域連合が統一される日は遠い。

岡谷市との対立[編集]

諏訪市は隣の岡谷市と諏訪地域の中心都市の座を巡って激しい争いを続けており、小諸市佐久市の対立にも似た様相を呈している。

古くから諏訪地域の中心地であった上諏訪であるが、近代産業の育成に出遅れていた。そんな中、製糸業の機械化に乗り出した平野村が単独で市制を敷いて岡谷市になったことで、上諏訪町はますます安閑としていられなくなった。

上諏訪町は、名実ともに諏訪地域の中心都市の建設を目指すため、隣の村と合併して諏訪市を名乗ったが、これに岡谷市と下諏訪町が猛反発したことで、紛争が頻発し現在に至るまで混乱状態が続いている。

交通[編集]

JR中央本線中央自動車道と国道20号が通じているが、隣の自治体と異なり、鉄道や国道の分岐点ではないことから、さらなる拠点性の向上が望まれていた。

そのため、東京名古屋ほぼ直線で結ぶ計画中央新幹線の誘致に積極的であり、隣の茅野市とともに大人の事情を振りかざして、我田引鉄に躍起となっている。駅の設置を巡って飯田市と争っていたが、大方の予想通り飯田経由の直線ルートに決定されたため、市民はやけくそになっている模様である。

観光[編集]

  • 諏訪湖祭湖上花火大会
    • 山々に囲まれた諏訪盆地では音響効果が抜群であり、諏訪湖畔が弾幕見物の観光客でごった返す様子は諏訪の夏の風物詩である。
  • 霧ヶ峰
    • 「霧ヶ峰の頂上にはなぜかいつも霧がかかっていて、どうしても登れない」と地元の山男は語る。
  • 原田泰治美術館
    • 諏訪出身の画家・原田泰治の素朴画を集めた極めて素朴な美術館。諏訪湖畔にたたずむその外観は素朴な風景そのものである。

教育[編集]

高等学校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 素朴画」とは、当市出身の素朴画家・原田泰治の作風に代表される素朴で美しい田舎の風景や現代人が何処かに置き忘れてしまった大切な何かが詰め込まれている絵画。

関連項目[編集]


この項目「諏訪市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)