調布市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「調布市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「調布市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「調布市」の項目を執筆しています。
「ここがあの有名な高級住宅街[要出典]かぁ」
調布市 について、上京一年生
「誰が政治をしとるのか!!」
調布市 について、ねずみ男
「調布が高級住宅街じゃなくてなんで悪いんだ!」
調布市 について、カミーユ・ビダン
「こんな場所が日本にあるなんて朕も知らなかった」
調布市 について、天皇陛下
実際の調布駅前(右側)と魔法によって存在感が消えた調布駅前(左側)。調布市民以外はほとんどの人は左側のように見える。)

調布市(ちょうふし)は、東京の西にある都市。日本最大規模の妖怪の生息地があることで有名。京王線の開通により多摩ニュータウンから移住してきた狸が多く住む。市内には京王線京王相模原線が通っており、仙川(泉川)、つつじヶ丘柴崎国領(タカダジュンジシティー)、布田調布西調布飛田給京王多摩川の9つの駅がある。東急お察し下さい。高級住宅地ではない。

市勢[編集]

人口は235,805人(妖怪含む)
人間:215,805人、うち外国人登録3,847人
妖怪は約2万人
面積は21.53km²
人口密度は10,023人/km²(妖怪を含まず)

存在感のなさ[編集]

調布市の土産屋で販売されているステッカー。ステッカーには某高級住宅地にある駅舎と英語で『調布は田園都市ではない』と書かれている。同様のものがオーストリアにも(ry

東京23区に隣接し人口も20万人を超える都市であるにもかかわらず存在感のきわめて希薄な町である。これを裏付ける事例として、三鷹市が市役所を建設する際になんと調布市の市域にはみ出して市役所を建設してしまったという事件がある。このことに対して三鷹側の代表者は「そんな場所に街があるなんて知らなかった」とコメントした。このように存在感のない調布であるが、これは同じく存在感のない国立大学で調布市民の大多数が進学する電気通信大学と関係がある。電気通信大学は(その存在自体)あまり知られていないが国内唯一の官立の神道系神学校であるため童貞・処女率が高く、必然的に魔法使いの多い都市となった。そこで魔法の使えない周りの市との対立を避けた市民は調布市の存在感をなくす魔法をかけた。また調布市には全国でも珍しい大規模な妖怪の生息地があるため政府は乱獲防止の効果を狙ってかこの事態を黙認している。もしあなたがこの市の存在を認識しているなら相当心がきれいな証拠であろう。余談だが調布は高級住宅地ではない。

政治[編集]

市役所では人間用窓口と妖怪用窓口が分かれる。このため調布市民は人間以外のものを目撃しても全く動じない。

市長[編集]

他の多くの自治体と違い調布市は古くから最も魔力の強い人間が市長(最高司祭)の座に着く。完全に日本国憲法の規定に違反しているが、1.日本国民の約90%が田園調布以外の調布が存在することを知らない。2.GHQすら調布の存在に気づいていない。などの理由によりこの制度が第二次世界大戦後も維持されている。

市議会[編集]

調布警察のトレードマーク

市議会議員は賢者と呼ばれ、選挙によって選ばれる。定数は40人うち30人が人間、10人は妖怪枠となっている。

2010年の議員の内訳はこちら(議員数38人)

人間枠
民主・社民の会 - 9名
調布創政会 - 8名
公明党 - 5名
日本共産党 - 4名
元気派市民の会 - 1名
生活者ネットワーク - 1名
妖怪枠
幻想郷の会 - 4名
水木の森党 - 6名

警察[編集]

調布警察署が狛江市と調布市を管轄。調布警察署の前身は新撰組で今も彼らの制服を着用し、帯刀している。

地理[編集]

地域は武蔵野台地と多摩川低地に分かれる。深大寺地区は深い森に覆われており樹海のようになっている。

台地無視政策[編集]

調布市は基本的に武蔵野台地の上の深大寺北、東、南、元町を無視する。駅は一つもなく、皆吉祥寺や三鷹の方が近いと錯覚する。また、佐須町五丁目は台地の上に食い込んでいる。公共施設がほとんどなく、図書館は11/1,小学校は20/2,中学校は一つ(しかも佐須五)で、23区に隣接しているにもかかわらず、2.5kmも遠くから通学してくる人もいる。これは明らかにいじめだが妖怪のいる「深大寺」というレッテルが張られているためあきらめている。また、深大寺から3km以上離れているのに深大寺というのはおかしいという人もいるが、妖怪が口封じしている。なお、調布の妖怪2万人のうち大多数は台地の上にいる。


河川[編集]

多摩川
東京都有数の大河川。調布市最南端をながれ、神奈川県との境になっている。調布市では古くから多摩川を多くの魔力が満ちる川という意味で多魔川と書く風習がある。
野川
野を流れる川。鳥だらけ、ほぼ国分寺崖線沿いに流れ、甲州街道より北側で野川より北の地域は深大寺の樹海となっている。
仙川
仙人の住む川。

軍事的価値[編集]

そんな存在感の薄い調布だが、これが軍関係者には受けが良かったので軍事関連の施設は豊富である。戦前にさかのぼるとこの地には飛行場があり帝都防空の要であった。しかも米軍はこの市の存在も当然この地にある飛行場の存在も知らないためこの地から飛び立った戦闘機に数多くの米軍機が撃墜され米軍に甚大な被害を与えた。戦後になるとある組織からあの人が派遣され日本における拠点が築かれ、石原軍団と呼ばれる非正規の傭兵部隊が本拠地を置いた。このため市民にとって銃は身近な存在であり連日西部警察のような光景が繰り広げられている。また電気通信大学の地下には検閲により削除。このような街であるので当然高級住宅地ではない。

調布に関連する施設[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
調布駅
「電車の渋滞」を遅刻の理由に使える数少ない駅。この駅で電車が混雑する理由は、新宿方面の列車、八王子方面の列車、橋本方面の列車のほかにほとんどの人は見ることができないが、優秀な一部市民のためのホグワーツ行きの特急列車が走っているためである。また京王の方針により高架化が予定されていたが後述する電気通信大学の問題から地下に埋められることが決まった。
電気通信大学
官立神道系神学校。そのほかにさまざまな特殊能力を身につける場であり、市民のほとんどが進学する。その地下には日本の最終兵器ともいえる機動兵器の数々が眠っており有事の発射の際邪魔になるとの理由で調布駅は高架ではなく地下駅になることが決まった。そしてあの高級住宅地ではない。
布多天神社
一見ただの神社に見えるが幽霊族最後の生き残りが生まれた妖怪の聖地。
深大寺
7年に一度妖怪がすき焼きパーティーをやるために集まる場所。裏手にある神代植物公園は国内最大の妖怪の生息地。
マイクロソフト調布技術センター
調布での機動兵器開発に協力する施設。
JAXA調布航空宇宙センター
JAXAの本社。宇宙時代の到来に向けて宇宙での戦闘に合わせた兵器開発を主に行う。
都立神代高校
表向きは高校だがその実態はミスリルの基地。
第7機動隊
機動隊というからにはもちろん機動兵器を有している。愛称が「若獅子」であるのは主力兵器がガオガイガーであるためである。
調布飛行場
ものすごくしょぼい空港。実は空を飛ぶ車や箒のための飛行場だったりする。
味の素スタジアム
国内唯一のクィディッチ競技場。スタジアム内では水を張った水槽に入れておくと鯵に変化する不思議な粉「鯵の素」を販売している。
ラーメン二郎仙川店
すべての二郎の中でも最も二郎らしい接客態度な店主が切り盛りするお店。桐朋の音楽馬鹿や白百合の女という名の益荒男共が汗やカネシをまき散らしながら豚の餌…もとい二郎貪る姿には心が打ち震える。なお本店でもないのになぜか鍋ができる。
東方学園大学
調教会館
言うまでもないことだが幻想郷の入り口である。前述の布多天神社や深大寺の項目からもわかるように調布は妖怪の一大産地であるが、同時に人間世界を追われた妖怪たちの避難口でもあるのだ。幻想郷の妖怪の大半は何らかの形で調布に縁があることは言うまでもない。その証拠に耳をすませてみれば、どこからともなく虹川三姉妹の楽器の音が聞こえてくる。
調布PARCO
調布駅北口にすごい存在感でたたずむビル。なぜか「八百屋パルコ」とか「田舎パルコ」とか「ダサいパルコ」とか「田舎パルコ」とか「臭いパルコ」とか「田舎パルコ」とか「田舎パルコ」と呼ばれており、ダメなパルコの例(失敗作)として語られる。しかし売上高はなぜか全パルコ中4位である。この異常な売上高の理由はもちろん調布駅北口にはパルコぐらいしかお察し下さい
調布市教育会館
通称調教会館。調布市内の教育に関する様々な問題をスパルタ方式で解決する。その他ご主人様の依頼で調教の代行サービス(しつけ)も行われる。
神代中学校・深大寺小学校・上ノ原小学校
学区が20万人の都市とは思えないくらい広く、一学年300人ほどいて、少子化の波を全く受けていない。これは学区内にある深大寺の妖力のおかげだが、より深大寺に近い深大寺小学校は妖力が強すぎて2~3クラスしかなく、逆に1.5km離れた上ノ原小学校は適度な妖力のおかげでマンションが林立し、一学年200人ほどいる。なお、妖力はµSv(マイクロ・シゲル・ヴァリア)であらわされる。放射線とは無関係。

禁句[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

注意:これらの言葉を調布市民に対して軽々しく口にすると、調布市民のピュアなハートが傷ついてしまいます。注意しましょう。

「調布に住んでます。」と言われて[編集]

「お金持ちなんですね」
そっちじゃありません。
「え!?田園調布!!?すご~~い!!!」
残念ながら田園のつかない方です。田園はこちらの方が似合いますが。
「調布?あぁCLANNADの聖地があるところね」
いいえ、フルメタルパニックの方です。
長嶋茂雄の家ってどこ!?」
だからそっちじゃないんだって
「“田園”がついてればよかったのにね」
多摩地区ではマシな方だっつーの。だいたい何故名前が似てるだけで日本トップレベルの高級住宅街と比べられなきゃいけないんだよ!!だったらこれこれとかもアウトじゃねーか!!

その他[編集]

「調布って東京都だったの?」
そうです。神奈川だった時代ははるか昔です
「なんで調布駅に特急とまるの?」
仕様です。あきらめてください。

調布病[編集]

ナース猫娘
医療情報に関する注意: ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

調布市に在住するものに好発する独特の病気。上記の禁句を言われ続けることにより、ストレスとなる。やがて、些細な事件をきっかけに、この病が発症する。発症者は以下の特徴的な症状がみられる。

  • マイナス検索が得意技となる。[1]
  • 伊勢丹がうらやまいと思いはじめる。
  • 府中は税金が安いという都市伝説を妄信するようになる。
  • 京王線以外に疎くなる。
  • 人が多くて狭い道でも自転車を乗りこなせるようになる。
  • 妖怪や幽霊を目撃しても驚かなくなる。[2]
  • 住んでる場所を尋ねた後、「いい場所に住んでますね」と応える一般的な社交辞令も嫌味に聞こえる。[3]

調布病の発症者はこれらの症状の為、調布という町が嫌で仕方なくなる。しかし、何故か発症者の多くは調布から引っ越さない


調布市の歌[編集]

(作者不詳)

多摩川に 曝す調布(てづくり) さらさらに なにそこの児の ここだかなしき

現代語訳:多摩川で布晒してる娘萌え

この曲は7世紀ごろに調布の人々がこの土地の郷土愛を盛り上げるために歌っていたもので調布市民の精神的支柱となっている。

関連項目[編集]

お調布人
長府製作所
水木しげる
ステルス
不死鳥:調布市の業界用語
張布:中国の武将
萌えよ剣

脚注[編集]

  1. ^ 主に「-田園調布」で使われる。これをしないと、調べた情報の大半が田園調布関連になることもあり、調布の情報を探すのが困難になる。
  2. ^ むしろ友達になろうとする。
  3. ^ 『相手は「田園調布」と勘違いしている。』と勘違いする。