出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

(だれ)とは、人を捜すときにまず疑われる人物の総称である。本当は誰・太郎氏のようにフルネームで呼ばれるはずだが、そう呼称される場合は少ない。ドラマから生活一般にまでたびたび登場する、「誰」という人の人物像や用法、その効果についてこの記事では詳細に記す。なおここでは、誰と称する人を誰氏と呼ぶことにする。

という人[編集]

基本的に誰は自分にとって分からない人のことに対して、「誰だっけ?」と疑う。つまり誰氏はどんな人でも顔が分からず、なおかつそのまわりにいる人とほぼ似たような顔である。つまり、その誰氏は稚内に行っても、石垣島に行っても捜そうと思えばほぼいるという「ストーカー」の可能性が考慮される。しかも、「誰もが」といった言葉からすれば誰氏はそこらじゅうどこでもいるという広く大衆的な人物なのであろう。ほかにも、事件の犯人としてドラマやテレビ、果てはニュースまでにも取りざたされることもあり、非常に疑いをもたれやすい。この誰氏は「前科あり」の可能性が高い。他にも、誰氏を探す「誰かいますかー?」ということばもあり、実は働き者だったりみんなを助けようと頑張ってくれる一面もあるだろう。

これらを加味し、この誰氏という人物を考察してみた専門家に因ると「誰の特徴とはつまり…

  1. ストーカーで
  2. 前科ありで
  3. 働き者で
  4. お金持ちの
  5. 職業不詳、性別不明、年齢不詳の
  6. 多数の該当者が出やすい
  7. 人間

でしょう」と結論づけている。そのため、誰氏はなにをとっても優秀で長けている、頑張り屋というわけなのである。

歴史的観点[編集]

歴史的には中国では、「すい」という呼び方で誰氏を呼んでいた。つまり、スイ・なんとか氏という中国人が元祖とされている。呼び方としてポピュラーだったのが「誰(すい)何(かー)?」という呼び方であり、この呼び方について専門家の会議によれば「スイカは誰氏が発見したのではないだろうか」という結論が持ち上がった。これは当時飢饉だった中国を助けるため、砂漠地帯から誰氏が持ってきた。これを中国人が食べた。すると味のよかった果物を食べようとみんなが「誰かー!」と言い合い、これがスイカになったという説だ。これを裏付ける資料も残っており、この説はスイカの起源を考えるうえで重大なニュースとされている。このスイカ一連の騒動はの時代のころとされており、誰氏一族は秦から唐、はては現在まで残る名家なのではないかとされている。

誰氏を呼ぶときは[編集]

必ず、人間にできることが前提条件だ。人間には到底できようのないことは、きっと誰氏はやってくれない。なるべく簡単な内容、かつ誰氏にとっても「助けなきゃ」と思わせることを言うべきである。そのうえで、声を大に、これ以上出せないばかりに、それでも騒音として訴えられないくらいの大きさで、

誰~!

と叫べば、きっと誰かがあなたを助けてくれるだろう。

その正体[編集]

誰?

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)