読書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

読書(どくしょ)とは、小学生にとっては夏休みの宿題の代表格である読書感想文の「感想文」を書く前に必ずしなければならない退屈な行為である。しかし「読書は退屈」と頭に刷り込まれて育ってしまった彼らも就職活動をする頃にはほとんど本を読んでいないにもかかわらず履歴書に趣味は読書などと記入していることが少なくない。なぜか?

概要[編集]

小学生の頃あれほど退屈だと考えていた読書を趣味として履歴書に記入している原因、その多くは彼らにこれといった趣味が無いか、盗撮などといった人に言えない趣味あるいは履歴書に書くには不適切な趣味しか持ってないからである。

一般的に、小学生や中学生の頃は趣味はテレビゲームだけでも許される。その為に彼らは他の趣味を作ろうとはしないし興味も無い。読書に至っては本の虫以外には完全に忘れられている。その後高校生の頃には部活や勉強に追われてゲームという唯一の趣味を失うか、そのまま続けてオタクの道へ突き進むかに大きく分かれていく。

そして履歴書を書き始める頃になって初めてこれといった趣味が無い、または人に言える趣味が無いということに気がつく。そこで就職するためには自らを知的な人物とすれば好印象だと考え、まず知的な人物は何をしているか考える。すると知的な人物はよく本を読むことを思い出す。そこで読書を趣味とすることに決め、多くの者が履歴書に趣味として記入する。ジャンプan・anさえ読んでいればこの記述は虚偽ではない。こうして趣味は読書と記入された履歴書が大量生産されるのである。もちろん面接官の目に留まることは無いので彼らの目論見が成功することも無いのである。

またアメリカに本部を設置している財団の発行したレポートによると、日本で企業に提出された履歴書に記入された趣味を調査した所、最も多かった趣味が読書であると報告されている。このレポートからも趣味は読書と記入された履歴書の多さは理解していただけるだろう。ちなみに2番目に多かった趣味は音楽鑑賞であるという。

読書を趣味にしても全く問題は無い。しかしそのことを履歴書に記入しても得することは無いのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「読書」の項目を執筆しています。


この項目「読書」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)