意味の分かりにくい文章

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
 <読みにくい文章

電波系文章[編集]

これは全世界的国際極秘告発文書である。非道な文章であれやこれやでワーヅワイドウェッブに電波潜入し、今では日本語に名乗りてインテルネットを完全にジャック。インテルネットの文章はデッチ上げであり、捏造のウソ放送で本当のインテリネット文章は盗まれ、虜仕掛けで我われは見れなくしている国際的コンテンツ妨害せっ盗団の仕業なのであります。しかもそれは警視庁や公安、そして政府機関も絡んで隠匿されているので知る人はごく少数なのだ。本当のウツクしいインテリネット文章は、悪質なるアンサイクロペディア管理人とその300人委員会が地下的に潜り込み極道的楽しみを網羅し尽くしていたらしい。ここは300%本当の告発です。

伏せ字を多用している文章[編集]

一般[編集]

このように、××を×××ている××は、×××××でないと××が××××い××となってしまいます。また、××に×××れる×も××でしょう。××のは敢えて×××な××を××る時や、××な××を×る×だけにしましょう。

キノの旅[編集]

このように、×××××を×××××ている×××××は、×××××でないと×××××が×××××い×××××となってしまいます。また、×××××に×××××れる×××××も×××××でしょう。×××××のは敢えて×××××な×××××を×××××る時や、×××××な×××××を×××××る×××××だけにしましょう。

一見伏字を多用しているように見える文章[編集]

○○○○宮武外が○○○開発し○○○たこの表○記○○○○法は官○○○○○○憲○○○○○○○○○○の検○○○○○○○閲を避○○○○けるには最○○適だ○○○○○○○が、無駄にス○○○○○○○○○○○○○ペー○○ス○○○○○○○○○○○○○○○○を食○○○うの○○○○○○○○○○○○で○避け○○○○○○○○○○たほ○○○○○○○○うがい○○○○○い○○○○○。

国語テストのような文章[編集]

このように( あ )文章というものは、( い )の都合というものを (1)カンガみていないことが多く、 (ア)それと同時に( い )に (2)ケンチョな不快感を与えることが多い。( う )で読むものならともかく、( え )では( い )がいることを (3)ゼンテイに踏まえるべきである。( A )、 (イ)このような( あ )文章は( え )では (4)勿論、( お )の生活においても (5)けることが求められる。


問1 二重傍線部(1)~(5)について、カタカナの部分は漢字に、漢字の部分はひらがなに直せ。【各5点】
問2( あ )~( お )に該当する言葉として、最も適切なものを下の語句から選べ。【各8点】
 〈読みにくい 読みやすい 社会 世間体 個人 団体 日常 通常 第三者 読み手〉
問3 傍線部(ア)「それ」、傍線部(イ)「この」はそれぞれ何を指しているか答えよ。【各5点】
問4 Aに該当する接続詞を三文字以内で書け。【5点】
問5 この文で作者が言いたいことを20字以内の文章で答えよ(句読点も一字として数える)。【20点】


逆再生された文章[編集]

うせぢいあぐおはてあきはほぬあくてどにうきにらかうぉちあなそあににざもーろでぃちあうおしゅぬばてらしえしあすかぎぃぬおよのk

えのゆせぢあにあっとm

当局の検閲を受けた文章[編集]

このように、██な文章は████████████、████████████████████であるため、████████████。とりわけ█████████が進むと、██がまったく█████████████。我々は、████████████████████████、██████、█████████とともに、████████████████████████。 ████████████████████████。日本国内務省検閲済み

変な所を強調している文章[編集]

このように、変な所を強調すると頭がとってもおかしくなってしまうので、やめよう

打ち消し線が引かれた文章[編集]

このように線で消されてる文章だととっても読みにくいんだ。上に線がのっていて、なにが書いてあるかよく分からない場合があるので、よい子のみんなは絶対にやめようね!

ツンデレな文章[編集]

 べ、べつにアンタが読みにくいからって…その、バカ!知らないッ!!  ……うそ、ゴメン。聞きたいんなら聞かせてあげないことも…ないよ。  えっと、その…だから。ヤダ私ったら…でも、いいよ、アンタになら、うん。  言うわよ、一回しか言わないし。聞き逃したら、その…キス、してやるんだから/////

と、全く伝えたいことが伝わらないのがこの文章の大きな特徴。だがそれがいい。

ノストラダムス風の文章[編集]

太陽がコエロスを2つに分かつとき、フェルメンデスは地を裂き、世界は赤く染まる。神はイウロストスを遣わし、ユーフトリヌはこれを変える。

指示語が多い文章[編集]

これはそれをこうしたものです。ですからこれはそれをそれの下のそれに似せてつくったそれとよく似ていると思います。これをこうするとこうなり、これをこうするとそれのそれがそうなり、それがそうなるとこれがそうならずこうなります。

出典が必要な文章(ウィキペディア風な文章)[編集]

出典の明記:この記事や節の内容に関する文献や情報源を探しています。ご存じの方はご提示ください。出典を明記するためにご協力をお願いします。

このような文章[要出典]は、間に「[要出典]」が入ってしまう[要出典]ため非常に読みづらく[要出典]、編集者はおろか[要出典]編集に関わりの[要出典]無い読み手にまで[要出典]不快感を与えてしまう[要出典]ため、避けたほうが良い[要出典]でしょう。[要出典]

続きはWebで!な文章[編集]

最近のテレビCMでは途中までしかストーリーを見せずに「続きはWebで!」と、ネット環境を持たない人間を排斥するような動きがある。

もちろん日本語の文章でも続きを別の場所に書くことで読みにくくなるわけだが、その詳細な解説についてはこちらのホームページをご覧ください。

[http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E7%B6%9A%E3%81%8D%E3%81%AFWeb%E3%81%A7]

このアドレスの記事名は 「続きはWebで」です。自分で検索しろ。


執筆途中の文章[編集]

このように、執筆途中の記事は大変分かりにくいので、絶対にやめ

とにかく、このように途中で途切れている文章は読みにくいので、なるべく避けましょう。 (Portal:スタブ)

書いている人が途中で寝てしまった文章[編集]

そもそも文章というものは、完成されていなければ意味を成さない。
よって、書きかけの文章というものは、速やかに完成させられなければいけず・・・あれなんか眠くなってきた・・・もう我慢できな・・・

zzz・・・

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


いらないところに脚注がある文章(しかも多い)[編集]

このように[1]脚注[2]がいらない[3]ところにある上、多すぎる[4]文章[5]は文章が途切れ途切れ[6]になり、読む人[7]にとっては非常に[8]読みにくい[9][10][11]ので、[12]注意[13]しましょう。[14]特にウィキペディア[15]では絶対[16]ブロック[17]されます。


括弧書きを多用した文章[編集]

括弧書き(括弧(かっこ)と括弧の間に入れた注釈(読者の理解を得やすいよう付記した記述)の部分の事)は、注釈と注釈の対象部分が隣接(隣り合わせ)になるため、上述の脚注(注釈を文末にまとめる様式)に比べ、注釈と注釈対象を対照(同音異義語に対象、対称、大正などがある)してみる際においては可読性((大雑把に言えば)読みやすさの事)に優れるが、読破(文章を(内容を理解しているか否(いな)かは別として)流し読みする事)する観点から見る可読性には劣る(おとる(ある(代名詞)物と比較して低位の存在であること))。

また(接続詞(文章の流れを転換したいとき等に使う))、括弧書きを多用(多く使用する事)するしない云々(うんぬん)に関わらず、括弧書きには、その手前(横書きの文章の場合、すぐ左にあたる)にある文章の読み仮名(ひらがなカタカナを用いる)を示す時(例えば、括弧書き(かっこがき))、正式表記を示す時(例えば、パソコン(パーソナルコンピューター))、同義語を示したい時(例えば、空調(エアコン(エアコンディショナー)))、真逆の二つの等式文を一つの文にしたい時(例文:暖冬(寒冬)の年は暖かい(寒い))、二股に分かれている文章を一つにまとめたい時(例文:そろそろ読んでて疲れていませんか+そろそろ読んでて鬱陶しくなっていませんか=そろそろ読んでて疲れて(鬱陶しくなって)いませんか)、文章注釈として必要だが文章に直接は組み込みたくない記述を入れたい(または、人の発言の引用で、発言にはない内容を組み込みたい)時(例文:私は(プロ野球球団ではなく鉄道会社の方の)阪神ファンです)、直接省略してもいい(される場合がある)部分を示している時(例えば、マジック(ナンバー))など用法が多岐にわたり、読者(閲覧者と読み替えても良いだろう)に区別(見分け)が付きにくい(難しい(混乱する))場合(ケース)があるので、なるべくなら(可能な限り(努力目標(強制(義務づけ)はしていません)))避けるべき(もしくは、括弧書きの用法を明文(特定(複数も可)の用法に限定)すべき)である。

みんなの頭にうかんだことを、そのまま書いた文章[編集]

このような文章は、あれ? 何を書こうとしてたんだっけ…あ、そうかそうか。こんな文章のことについてだったけど…あー…あの行は書き換えたほうが読みやすいかな…でもああすると一文字あまっちゃって次の行にいっちゃうんだよねぇー。マジ困る。てかなんでここの一行あたりの文字数ってこんな少ないの…ぷw 一行あたりの文字数って打つはずがミスタイプw

  • このように、自分の頭にうかんだことをそのまま書いた文章は非常に読みにくい。

言い回しがうるさい文章[編集]

このような意味不明な文章を書くと、読んだ人が不快になると言えば嘘になると言っても過言ではないような気もしないでもないかもしれないというようにも感じられるとも言えないということを私は否定することはできないように思う。今日この頃。どうでしょう、このような記事は、アンサイクロペディアがゴミのようでしょ。

比喩を多用した文章[編集]

このような、まるで何かの具体例を挙げて例えるような比喩を、まるでマヨラーの1日のマヨネーズの消費量のように多く使うことは、ラージャンの気光ブレスに当たらないためにブレスの側面に移動するような感じで避けなければならない。なぜなら、味噌汁に浸した教科書のように読みにくくなってしまうからである。さらに、あの号泣会見でお馴染みの野々村真のように大きなヘマを犯すと、コナンも解けない解読不能の暗号のように、書いた本人しか(もしくは本人すら)読めなくなってしまうので、くれぐれも男子中学生・高校生がエロ本を隠す時のように気を付ける必要がある。

脚注[編集]

  1. ^ 此のようにという漢字が使われることもある
  2. ^ 註の字が使われる場合もある
  3. ^ 要らないと書くこともある
  4. ^ 1文あたり5個以上あれば多すぎるといえよう
  5. ^ 広辞苑より
  6. ^ 新明解国語辞典より
  7. ^ いわゆる読者
  8. ^ 「はなはだしく、大層」という意味である。
  9. ^ 難読と言い換えられる
  10. ^ 但し、下述のカッコ書き多用の文章に比べると大したことはないとも言える。
  11. ^ このように脚注を連続させるのは、読む人の倦怠感を誘うので基本的には避けるべきでしょう。
  12. ^ 読点
  13. ^ この場合は註の字は使わない。
  14. ^ 文の終わり
  15. ^ アンサイクロペディアの宿敵であり頭が硬い。
  16. ^ つまり100%
  17. ^ 投稿ブロック。変な投稿をする人を締め出すシステム

Undictionary Logo Text.png

0. 読みにくい文章
1. 文字自体が読みにくい文章
2. 文の構造が原因で読みにくい文章
3. 文字の書き方・使い方によって読みにくくなっている文章‎
4. 意味の分かりにくい文章
5. 文字の配置が原因で読みにくい文章
6. 日本語以外の言語で書かれた読みにくい文章
7. パソコン関係の読みにくい文章
8. そもそも言語なのかも分からないモノで書かれた文章
9. 話し言葉的に書かれた読みにくい文章
10. その他の読みにくい文章