誤診

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避
護身」あるいは「誤審」とは異なります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「誤診」の項目を執筆しています。

誤診(ごしん)とは、実際と違うを宣告されること、または誤ることである。

概要[編集]

たとえば、あなたが「インフルエンザかも」と言ってかかりつけの病院に行ったとしよう。「わたし、インフルエンザですかねぇ?」と言ったら、「いや、この辺では流行ってないからインフルエンザじゃないだろう」と言われた。検査もせずに。

そして、病がひどくなって、今度は大病院に行った。すると医師が、「こりゃインフルエンザだよ。なんでもっと早く病院に来なかったかね」とあなたに叱った。

知らねぇよ!!

このように、誤診は負のスパイラルを引き起こす原因となる。

原因[編集]

医者が忙しい
大病院ほど外来の患者は多い。そんな人いちいち丁寧に診ていたら全員診終わる前に終了時間である。
医者がめんどくさがる
上記の理由による。医者だって人間。たまには手を抜きたい。
思い込み
お医者様はエリートなので「長年の経験から間違いは起こさない!!」という老害の思い上がり。
医療事故を防ぐ為
憶測で手術して「間違いでした」ってことになったら多額の損害賠償を請求されるため、「病気ではない」ことにして責任を逃れるため。
なんか患者が生意気
重大な病患ってるけどムカつくから教えないでおこう。

回避方法[編集]

誤診を回避する方法はいくつかある。

「この辺では流行ってない」という言葉のに気をつける
この辺では流行ってなくても、どこかで拾ってきたりすることや、たまたま医者があたってないことも十分にありえる。医者が患者のことを引きこもりだと思っているのだろうか。
念押しする
自分の勘というものは案外当たっている[要出典]。逆に人が見た目だけで判断して当たるということはほとんどない。なので、医者に「ごちゃごちゃ言ってねーでさっさと検査しろ!」ということが大切だ。
最初から大病院に行く
大病院のほうが場数を踏んでいるので、経験値が高く、高度な設備もある。偉そうな医者が多いが、そこはぐっと我慢しよう。しかし、どっちみち誤診するときは誤診する。
最初から診療所に行く
日本では大病院神話が蔓延っているが、欧米では大病院はそもそも紹介状がなければ外来も受けられない。小規模の医院のほうが患者も少なく親身に診てくれる。しかし、どっちみち誤診するときは誤診する。
病院に行かない
自然治癒で何とかなるさ!

あれ?[編集]

ところで君もすごく大きな病を抱えているようだよ。ひどくならないうちに検査をしたほうがよさそうだ。

関連項目[編集]


やめられない、止まらない この記事「誤診」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)