誤解

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「誤解」の項目を執筆しています。

誤解 (ごかい) は、環形動物門多毛綱多毛類に属する動物の一種。誤解は和名であり、表記される際はゴカイが用いられる。

概要[編集]

一般にはに生息するミミズといったイメージを持たれており、[不要出典]形状が酷似している。また、役割も似通っており、魚類甲殻類鳥類となる他、生息地のきれいさや豊かさ等の指標となる指標生物とされている。

扱いの雑さ[編集]

生息地に住む他の動物の餌になることや指標生物とされていること等、割と生態系に影響を与えている存在であるにも関わらず雑な扱いをされている。確認されている8000種(未確認・未記載種を含めると万を超える可能性有り)の内、雌雄異体で体外受精を行なうもの、体内受精を行なうもの、卵胎生のもの、無性生殖を行なうもの等を一まとめにゴカイと呼ぶ。それどころかゴカイに似た多毛類もごっちゃにしてゴカイと呼んでおり、雑な扱いをされている。

特徴[編集]

多くのゴカイは細長い体の両側面に毛のような足が無数に生え揃っており、ムカデのような印象を受けるが、ムカデとは違い柔らかな体をしている。

構造は非常に単純であり、先端に口、後端に肛門と筒状になっている。

分布[編集]

ゴカイの分布は極端に広く、熱帯や寒帯、潮間帯や深海、浅瀬や汽水域や淡水等、全世界どこにでも生息している。その上一部の種は湿った土壌中にまで生息しており、分布はどこそこなんて書くのが馬鹿らしくなる位に本当にどこにでもいる。

人間とのかかわり[編集]

魚類の餌となることから、釣り餌として用いられる。8000種を超えるゴカイであるが、魚類からの扱いも人間からの扱い同様、一まとめでゴカイである為、どの種を使っても魚類は気にしない

また、餌として使用する際は釣具店等で購入する場合がほとんどであるが、どこにでも生息しているため現地調達も可能であり、多くのゴカイを捕らえるためおびき寄せる行為・様子をゴカイを招くと言う。


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゴカイ」の項目を執筆しています。