言葉遊び

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

言葉遊び(ことばあそび)とは、言葉を使ったトリックプレイの一つで、エクストリーム・謝罪で重要な位置を占める技術である。フランス風に「レ・トリック」と呼ばれることもある。

政治家大企業社長達は競技に出場する時に備えて、日々レ・トリックの訓練を行っている。

基本テクニック[編集]

政治家、企業編[編集]

  • 関知認識認知)しておりませんでした
    意味:だから自分に責任はありません。
    因みに、何でもかんでも認知するようになったら認知症の虞がある。
  • 再発防止に努めてまいります
    意味:起きちゃったもんはしょうがない。
    もし再発したらどうするかって?そんなもの俺の知った事じゃねえよ。
  • 徹底を指示した
    意味:とりあえず「俺に恥をかかせるな」と指示した。
  • ご理解とご協力をお願いしたい
    意味:とにかくお前らみたいなバカは黙って俺たちの言うこときいていればいいんだよ。
  • 事実関係を確認し厳正に対処
    意味:少なくとも懲戒解雇・免職はありません。被害者には起訴しないように圧力をかけるつもりです。
  • 社員教育を実施
    意味:社員を怒鳴り散らす。場合によったら胸倉つかんでぶん殴る。
    そんなことする暇があるなら、1つでも多く契約取りに行かせた方がいいに決まってんだろバカ!

個人編[編集]

  • 魔が差した
  • ついうっかり
  • 気の迷いで
    レ・トリック史における三大古典。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

応用テクニック[編集]

  • 職責を賭します
    意味:責任を賭けます → 失敗したら責任放棄します。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

この項目「言葉遊び」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)