言葉狩り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Catinbox.gif
このページに対し、大多数の利用者から不適切な表現を含むとして部分的削除を行うことが提案されています。このため、記事の内容を損なわない範囲で該当部分の削除を行いました。ご了承下さい。
もしかして: ポリティカル・コレクトネス

言葉狩り(ことばがり)とは、マルハーゲ帝国が毛狩りと同時並行して行われていたものである。毎日一言、ツル・ツルリーナ4世によって言ってはいけない言葉が決められ、それを言った一般市民は言葉狩り隊(場合によっては毛狩り隊)によってぴーが行われる。

概略[編集]

言葉狩りの基本思想は、言葉思想とは強く結びついているため、誤った言葉を使うことで誤った思想が形作られるというものである。例えば、日本マスコミにおいては、ぴーぴーという表現を避け、「○○が不自由な人」といった言葉に置き換えられることが多い。これはぴーぴーが古くから差別用語として扱われてきた経緯が関係し、こうした単語を容認すること自体を問題視しているのである。しかし、過去の文学や映画にまで遡ってこうした「言い換え」を行うことはぴーであるとも言えるほか、時代劇や特定の差別的概念を題材とした作品など、言い換えそのものがその作品の価値を下げる場合もありえる。例えば、映画「ぴー」は「ぴー」という単語が連発されており、該当部分の音声を消去することで作品そのものが成り立たなくなるために放映すら不可能と言える。後に北野武によって現代的にリメイクされた際には言い換えが行われたが、「ぴー」という言葉に含まれる強いぴー的なニュアンスが失われることを無視した方法に批判もある。

一方で、例えば「ぴーしい」といった表現は性が性よりぴーであるとする前提がなければ成り立たない。こうした表現は他の適切な表現(例えば「ぴー」「ぴー」)のように言い換えたとしても極端な問題は起きないであろう。このような明確なものでなくとも、ぴーの小説ぴーにあるような「ぴー運転免許の取得がぴーされる」といった表現がぴーされるのは、たとえそれ自体が何の問題もない事実であったとしても、多くの人の誤解を招き、ぴーがあるためである。

こうした言葉をぴーすることでぴーぴーことを目指すことが、言葉狩りのぴーなのである。これによりぴーぴーぴーぴーぴーぴーとなることはぴーぴーぴーぴー

このほか、多くの日本のマスコミは「ぴータブー」と呼ばれる、ぴーに関する批判を忌避する習慣がある。このタブーが問題とならないのは、タブーを取り上げること自体がタブーとされているためである。とは言え、ぴー批判が多くの国民にとってぴーであることも確かである。

不適切な表現を書けなかったことをお詫びします。

歴史[編集]

こうした活動が最初に広く認識されるようになったのは、ぴーを題材とした絵本「ぴーぴーぴー」のぴーがきっかけであった。日本においては、1988年にこの作品に対してぴーぴーが行われ、後にぴーぴーぴーた。その影響は他方へも波及し、ぴーぴーぴーくなったこともある。一方、こうした活動をぴーとして行き過ぎを批判する流れも登場し、同作品の大幅なリメイクやぴーぴーたものも登場し、議論が進んでいる。

これらの出来事から、言葉狩りという概念がぴーを始めたとするぴーも多い。だが、ぴーぴーぴーそのものはぴーからぴーぴーのも、それによりぴーに何らかのぴーをもたらしたこともぴーである。こうしたぴーぴーぴーることから、近年はぴーぴーぴーは避け、ぴー全体をぴーぴーからぴーぴーぴーぴーぴーぴーぴーぴー

不適切な表現を書けなかったことをお詫びします。

言葉狩りとぴーとのぴー[編集]



検閲により削除しました 西和彦・削除.jpg

不適切な表現の例[編集]

  • ぴーしい
  • ぴー撃ち
  • ぴー
  • ぴー
  • ぴーぴーする
  • ぴーぴーぴーぴーぴーぴーぴー
ぴーぴーな表現を書けなかったことをお詫びします。

言葉狩りに対する批判[編集]



検閲により削除しました 西和彦・削除.jpg

関連項目[編集]

Wikipedia
XXXぴーのために、ウィキペディアぴーたちが「言葉狩り」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ぴー患者のために、ぴーの専門家気取りたちが「検閲により削除 の項目を執筆しています。


不適切な表現を書けなかったことをお詫びします。

お詫び[編集]

記事の中に不適切な表現を書けなかったことを重ねてお詫びいたします。


このぴー言葉狩り」は、ぴーぴーです。誰か、ぴーぴーぴーるようなぴーなくぴーぴー書いてください

ぴーにはぴーません。 (Portal:スタブ)