言葉の暴力

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「言葉の暴力」の項目を執筆しています。

言葉の暴力(お前日本語読めないの?)とは精神面に傷をつける行為、その様子である。

概要[編集]

文字を見れば分かりそうなものをわざわざ調べにくるという頭の弱い愚図の為に概要を説明する。

本来、暴力というのは精神の幼い無知で野蛮な人間未満の動物が、自分の思い通りにいかない、鬱憤を晴らすなど愚にもつかない理由で相手(動物などその他)に対し殴る・蹴るといった方法で物理的なダメージ与えるという、程度の低さをを周囲に知らしめる行為である。ダメージを与える方法を言葉に、矛先を精神面に変えたものが言葉の暴力である。言葉の暴力は、その暴力を振るうものの知能により与えられるダメージが変動する。この記事をわざわざ開きクソ真面目に読んでいるお前のように頭の悪い者ほど与えることが出来るダメージが少ない。

種類[編集]

これを見なければ言葉の暴力を振るえない程無能だというのであればいっそ国外に移住したほうがいい。言葉が通じないことを外国人だからとしてごまかせるだろう。

言葉の暴力にはいくつか種類がある。以下にそれを説明する。

  • 身体的特徴を指摘する

例えば低身長者に「お前の身長は小学生以下だな」など、対象者の身体的特徴にピントを合わせそこを攻撃する。但し、力士に対し「デブ」と言うのは好ましくない。消費する予定も無く無駄に食料を摂取し、やはり消費しきれなかった為に無意味に肥えたお前のような豚とは違う、鍛え抜かれた体である為的外れとなる。

イケメンにイケメンと言うような頭の悪いことを想像したのなら周りに迷惑を掛けぬようひっそりと死ぬべきだろう。ここで言う事実とは、身体的特徴を指摘すると同様、マイナス要素を持つ事柄を指す。「お前の服、襟の辺りフケだらけだな」、「お前ん家汚いな」、「お前ずっと無職だよな」など。事実であるが故何も言い返せない。また、言わなくてもわかっていると思うが周囲に第三者がいる場合深刻なダメージを与えることが出来る。

  • 推測する

身体的特徴を指摘する事実を突きつけるなどは対象者の現在を基にしたものであるが、それらより対象者の過去や将来を推測する。どうしようもない愚図でもない限り、前項で振るった言葉の暴力からおのずと推測されるはずだ。例えば小学生以下の身長で襟の辺りがフケだらけという特徴を持つお前は今までに彼女といったものをもった経験は無いだろう。そしてこれからもそれを手にすることはないだろう。推測が事実となった時、これもまた言葉の暴力となる。事実とは違った場合、それはお前の何の役にも立たない脳みそが期待通りに見当外れの推測をしたからである。

  • 持ち上げて叩き落とす

 そもそもこれみたいにダラダラと悪口ばかりが書き連ねてあるカエルのションベンの様に下種なブタのケツの穴を眺めるバカは残念ながらお前ぐらいのものだ。相手がぼとぼと落ち続けるう○こを必ず見続けてくれるから深刻なダメージを与えることが出来るなどと思えるのはケツの穴からも追い出されてしまうようなうん○君だけであろう。  お前ぐらいなら確かにそれでも適当なのだが、お前より僅かでも知能が有るか若しくは格上な存在にはたいした意味は無い。つまり、持ち上げて期待を持たすからこそGKBRの原子核以上の存在にもクソをカレーと思わせて喰らわせる事が出来るのである。

  • カウンセ輪愚

 大事なのはお前の為だという立場を決して崩さない事だ。暖かな思いやりを持って接し慰めるように悩みを聞いてあげるといいだろう。信用を得られば心の傷を聞き出せるだろうから、そこに塩を塗り込む。繰り返しそれを思い出させたり、つついたり、からかったりして、くるくると何度でもお前の為だと言いながら最も効果的な個所を思う存分楽しむ事が出来るだろう。これがカウンセ輪愚である。

言葉の暴力を振るう際の注意[編集]

お前のような短絡的かつ感情的なタイプの人間は読み飛ばして頂いて結構。理解できる頭脳を持ち合わせているとは考えられない。

相手にダメージを与えることを目的とし、言葉の暴力を振るうのであれば言葉遣いを荒げてはいけない。淡々と言葉を紡ぎ続ける事だ。感情の表れは幼さの表れである。小さい子供が泣き叫びながら吐く言葉の暴力にまともに耳を傾ける大人はいない。粛々と淀みなく紡ぎ続ける事だ。

  • うふふ

怒りにまかせて振るう暴力は本人も疲れるし労力の割には効果も少ないものだ(このような話は前述にもあるな)。これは言葉の暴力にも言えることだろう。大事なのはインパクトまでのリラックスである。生真面目な仮面を装いながら心中はいたずら好きな少女のようにうふうふと浮かれながらやると、リラックスが生まれるので、すかさずの反撃に繋がったり意外な衝撃となったりして深刻なダメージ(笑)を与える事が出来る。

ばーか![編集]

うんこ!うんこうんこ!ばーか!あーほ!まぬけ!しね!ぼけー!















もちろんこれは幼稚で語彙の少ないお前の真似である。どうせお前はこのような三下が放つような言葉が記述されていることを期待してこの記事を開いたのであろう。お前こそがうんこ!うんこうんこ!ばーか!あーほ!まぬけ!しね!ぼけー!だ。

関連項目[編集]