言い訳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 シャ乱Qの楽曲につ・い・て・は「いいわけ」をCHECK IT OUT!! はい!!!

言い訳(いいわけ)とは、江戸幕府成立以降の上下関係が明確化した日本に於いては「自分より身分の高い者に対して、自分の行いの正当性を主張する行為である」とされる。しかし、妻もしくは彼女に浮気がバレそうになった男が「いや違うんだ、君の誤解だ」と弁解する行為も言い訳とされており、必ずしも当事者間に上下関係が存在しなければ成立しないという行為ではない。

概要[編集]

言い訳は、自分がやむを得ない理由で失態を犯してしまった場合、自分がいかなる理由でそうせざるを得なかったかを客観的説明することで成立する。しかし、身分の高い者は、身分の低いものに対する主張は全て正当なものであると勘違いしていることがほとんどである為、身分の低い者の主張が認められることは皆無に等しい。それどころか、「口八丁責任逃れをする者」としてが更に重くなることが普通である。

また、言い訳に対し「言い訳していいわけ?」と問いただすと理想的である。

しかし、君のその一言で君の周りから人がいなくなっても、我々は一切責任を負いません。ご了承ください。

傾向[編集]

由来は別としても、言い訳は現在でも自分の正当性を主張する行為として認識される。しかしながら、それを受け取る側(主に身分の高い側)であるないし教育者は子供の言い訳を全く無視し、「本当のことを言いなさい。」と尋問する傾向にあり、一部では人権侵害なのではないかという批判もあるほどある。

一方で世の中には知らない方が良いこともあり、ピンポンダッシュをしてしまった息子や生徒が「違うんだ、オレはやってない、信じてくれ」などと「言い訳」を始めた場合には、真実を追及するよりも言い訳を信じる(或いは信じるふりをする)ほうが以後の生活に平穏をもたらすこともあり、言い訳の活用は生活に於ける知恵であるとも言えよう。

言い訳と社会[編集]

現在の日本において、言い訳は認められていない。身分の高い者が低いものに対して叱責すれば、それはそのまま正当な論理としてみなされ、叱責されるものに反論する権利は無い。

また、これは親と子の関係と、教育者とその生徒の関係において顕著である。そのため、親や教育者と長く接している人間は、相手の主張を聞き入れ、吟味する能力が欠けているとの統計が出ている。

言い訳の別形態[編集]

上記のように、日本社会における言い訳の地位は大変に低いものであるだけでなく、「言い訳」という単語自体の地位も低い。その結果、この単語は一人歩きし、誰かを批難する際に使用されることが多いが別に問題ない。

特にマスコミがこの言い訳という概念を好む。彼らによれば、自分たちが気にくわない相手や、攻撃しても反撃してこない相手(主に政治家、公務員、非有名人、亀田親子)の口から出るものは全てと言い訳の2つにしか分類されないが、こうした分類手法はマスコミに認められた当然の権利であり(暴走の自由)、視聴率を稼ぎ出すためには最も効率的な方法であるのでやはり問題ない。

関連項目[編集]

この項目「言い訳」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)