親子丼

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「親子丼」の項目を執筆しています。

親子丼(おやこどん)とは、親子のひとつの形である。

概要[編集]

江戸時代(元禄年間)、卵を生んだばかりのニワトリが、農家のおじさんに卵を奪われそうになった時に「その子を連れ去るくらいなら、私も一緒に殺して!」と叫んだところ、願いが叶って一緒にどんぶりに盛って食されることになったのが始まりと言われている。その後、おじさんは生類憐れみの令により島流しとなった。

  • なお、この時のニワトリはひよこ陛下の先祖の親戚の従兄弟のハトコのじいさんの嫁ではないかという都市伝説もささやかれている。

問題点[編集]

近年、科学技術が発達し、DNA鑑定が導入されると、親子丼のニワトリの肉と卵は、実の親子ではないことが容易に判別できるようになった。親子だったのは始めの1回限りで、その後は他人だったのである。今となっては、最初すら疑わしい。これにより、専門家の間で「親子丼」の呼称をめぐる論争が起き、訴訟が提起されるまでに至った。この事件は現在、高等裁判所で審議中である。なお一審では原告が勝訴し、「他人丼説」が正しいと認定された。

さらなる問題[編集]

サケとイクラを使った丼モノも親子丼だと主張する漁業団体や、フカヒレとキャビアを使ったモノこそ親子丼だと主張する者も現れ、問題は一層深刻になった。サケとイクラなら庶民も食せるが、フカヒレとキャビアは富裕層でないと手が出せない。というか、論点がどんどんずれてきている。そもそも、フカヒレとキャビアの微妙な組み合わせで食べるのは叶姉妹くらいではないのだろうか。

作り方[編集]

  1. ニワトリ(メス)を捕まえる。
  2. タマゴを産ませる。

(以下、企業秘密の為に表示できません。)

関連項目[編集]