西那須野市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西那須野市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「那須塩原市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「那須塩原市」の項目を執筆しています。

西那須野市(にしなすのし)は、栃木県那須地方に位置する都市である。栃木二大都市の一翼を担う大田原市の玄関口として栄えていた。

概要[編集]

栃木県北東部に広がる那須地方の中心地の北西に位置する。かつては大田原とともに那須地方の中心地域を平定していたが、黒磯に騙されて以来、西那須野役員の粛清、予算削減(黒磯への重点配分)もあってか、街はさびる一方である。 現在、市境が入り組んでいる紫塚に、亡命市役所がある。市の範囲を、過去の那須郡那須野町・狩野村、塩谷郡塩原村と定めている。

歴史[編集]

東北本線が開通するまでは、未開の原野であった。そのため、歴史は那須ヶ原の開墾から始まったといっても言い過ぎではない。世界三大疎水の那須疎水は、あまりにも有名であるり、県内の小学生は社会科の事業で疎水について調べることとなる。

市町村合併では、当時の議会で実行すら拒否された合併の是非を問う住民投票に象徴されるように、市民無視の当時の行政サイドが、経済的に一体となっていた大田原との合併を拒否、市街地間距離で4倍差(3km対12km、東那須野部分は除く)の黒磯との合併とあいなった。 その結果、那須地域で鉄道・高速・一桁国道を全部手中に収め、県北一の人口を擁する自治体、那須塩原市が出来上がった。

経済[編集]

那須郡市の北中部は、一見すると大田原都市圏と那須塩原都市圏で構成されているように見える。 実態は、大田原都市圏と黒磯都市圏と言っても過言ではない。西那須野市は大田原との結びつきは今でも強く、国道400号の市境付近は、通勤時間帯、買い物時間帯には、渋滞するほどである。塩原地区は西那須野との関係が強く、大田原に向かう西那須野住民、西那須野に向かう塩原住民と、多重構造を示しているのは興味深い。 とはいえ、一方的に大田原に吸収される経済圏というわけではなく、交通機関の関係もあってか、相互補完の関係にもあるので、テストに出るから注意が必要である。

交通[編集]

宇都宮線(東北本線)、東北自動車道国道4号が、市街地を横断している。宇都宮への通勤には大変便利な都市である。黒磯駅よりも西那須野駅のほうが利用者数が多いのも、興味深い。

国道400号が、市街地を縦断しており、大田原への通勤も便利である。

かように、栃木県二大都市双方に便利で、大変魅力的であるが、黒磯に騙され(ry

関連項目[編集]


Syazai kaikenp.jpg この項目「西那須野市」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)