西表島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西表島」の項目を執筆しています。

西表島(にしひょうじま・・・・あれ?これだったっけ?)は、空港がなく原生林だけが立ち並んでいる沖縄ある作品で重要視されている場所ともなっている。

概略[編集]

この島には、西表山猫(西表山猫、現地語でヤマピカリャーないしはヤママヤーとも)と呼ばれる珍獣が住んでいる。この猫はよく車に轢かれて死亡するが、餌獲得のための攻撃力には長けていて、十数匹の猫集団に対しても一歩も引かずに対立する漢でもある。また、ここから東京まで遠征したことさえあった。

現在1匹が都内の獣医志望の女子学生に飼育されている。イノシシを食うという説もあるが、グレートピレニーズ()と共生していると、学会で発表されている。

西にちよすけハウスと隣り合う。

マラリア[編集]

古見・祖納集落以外でマラリアが流行し、マラリアの有病地だらけである。

有病地住民の約38%がマラリアを発病し、数回~数十回の発熱発作を持続する。そして、24.6%が脾臓腫大を来たし、腹部全体に及ぶ脾臓腫大を発症している住民も珍しくない(平成19年八重山福祉保健所調査)。平成19年でなく、明治43年に実施された八重山郡・宮古郡における有病地住民の健診結果であるという説もあるが、都市伝説に過ぎない。

マラリアのため、産業の発展が妨げられている。例えば、昭和39年、三井物産会社は炭鉱採掘の許可を受け、坑夫 200余名を島外から連れてきて、採掘を開始したが、3年間で100余名の死者を出し、残り過半もマラリアを発病したので、同 42年に撤退した。昭和でなく、明治19年~22年の話であるという説もあるが、都市伝説に過ぎない。

大正8年頃の人口は、2889人であったのに、21世紀に入ってからの人口は約2000人であり、過疎化が進んでいる(この文は実話)。それは、マラリアにより、死亡する者が多いからである。

大半の住居は構造が脆弱であり、網戸を設置すると、壊れるので、網戸さえ設置できない。それ以前に網戸を設置しても、窓以外にも穴が開きまくりで、蚊の出入りが自由であるので、意味がない。そのため、深夜、屋内に100匹以上の蚊が潜んでいる。しかし、蚊に刺されても気にせず、蚊帳を適切に使用しない住民が多い。

平成19年、地元のNGOが蚊帳を住民に無料で500張、配った。その後、地元の某大学院生(30)が、民家117軒を訪ね、蚊帳の使用状況を調べた。その結果、適切に使われていたのは48.3%しかなく、そのほかは「魚を干す網として使う」、「シーツとして使う」、「頭に巻く」などの不適切な使用をしていた。西表島でなく、平成20年3月13日付朝日新聞で報道されたケニア西部・ヴィクトリア湖近辺の話であるという説もあるが、都市伝説に過ぎない。大体、本当は面倒なので蚊帳を使ってないが、適切に使用していると見栄を張った住民も、多いのではないか?

いずれにせよ、生活水準が向上し、蚊に刺されたくないと住民が思い、網戸・蚊帳・エアコンなどの対策をとらない限り、マラリアは流行し続けるだろう。


1bc8305a.jpg sengoku38監督の「西表島」を見ている暇があるなら早く最新のプラウザにアップグレードしてくださいお願いします (Portal:スタブ)