西脇市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

西脇市(にしわきし)は兵庫県にある市である。人口は4.5万人程で面積は130km2くらいであり、いわゆる過疎地である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西脇市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「西脇市」の項目を執筆しています。

セールスポイント[編集]

  • 東経135度と北緯35度が交差する地点が市内に存在し、市は自身を日本のへそと主張している。そのため北海道のへそを主張する北海道富良野市某ドラマで有名)とは友好市である。ただ、日本のへそを主張する都市は他にも沢山あるため、有り難味があるかどうかは分からない。
  • 主な産業は駅伝。その筆頭である(有)西脇工業は全国高等駅伝品評会の一等受賞回数8回を誇る。「駅伝の西脇工業」の知名度は全国規模。ただし知名度のある産業がこれのみというモノカルチャー経済である。
  • 間違えられやすいが西脇工業の近隣に位置する西脇高校は高等学校であり、西脇工業とは異なる。
  • 同じく西工と呼ばれているが、西日本車体工業とは関係はない。
  • ごく少数しか生産されないマニア垂涎の超高級織物"播州織"の主な生産地でもある。
  • 甲子園があるため阪神族が住み、某作品の舞台とされる兵庫県西宮市(人口は西脇市の10倍以上)とは一字違いである。だからどうしたと言えば返せないが。
  • さくらやまなみバスで聖地巡礼をした後、西宮北ICでバスを乗り間違えると、この街に連れて来られるかも。
  • この漫画を見た人はテラドームの顔を思い出すだろう。

交通[編集]

電車、バス共に珍車に会うことができ、マニアも時々出没する。

電車[編集]

JR加古川線
世にも奇妙な貫通扉付きの103系が走っており、本州ではここでしか見ることができない。西脇市以北では、中央に開かずの扉を装備した125系が走っている。ちなみに103系は走る美術館である。

高速・急行バス[編集]

中国ハイウェイバス
神姫バスのドル箱路線。乗り換えなしかつ100%着席で西宮、宝塚、千里NT、大阪駅等へ行けるため。かつては丹波市の柏原まで走っていたが、福知山線が高速化したため、西脇止まりとなってしまった。
三ノ宮-西脇急行線
代々、観光バスに後ろドアが備わったような不思議なバスが走る路線。現在は後ろにもドアがある初代エアロバスのようなバスが使われている。しかし、年には勝てず後継車として純正のエアロバスが導入され始め、後ろドアの歴史が途絶え始めている。

へそを自称する他の都市[編集]

  • 山梨県石和町 - やまなし、おちなし、いみなしのやおいで知られる、日本の中心・山梨県の、ほぼ中心に存在する。日本赤軍が、日本の中心を制圧すべくアジトを建設しようとしたが失敗した。
  • 長野県松本市 - こちらは本州の中心部にある。なぜかAAはさいたまである。
  • 群馬県渋川市 - 九州北海道を含むと、ここが真ん中になる。
  • 栃木県田沼町 - 日本の海岸線を丸く引き延ばして、縦に一本線を引き、真ん中に二重丸を書き、放射状に線を引くと、ここがまんこになる。
  • 岐阜県武儀町 - 日本の上に乗っかっている人間だけ取って重心をとろうとして・・ひっくり返すと、ふはは日本人がゴミのようだ。

関連項目[編集]