西桂町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西桂町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「西桂町」の項目を執筆しています。

西桂町(にしかつらちょう)とは、山梨県に存在する町である。三つ峠の山頂には巨大アンテナがあり世界中の電波を受信する軍事基地がある。

ゆいしょ正しき、西桂町のエンブレムである。一筆書きでできるシンプルなデザイン。

時は江戸、とある英国の探検家が希少種の蝶を見つけ、”West katsura battery”という学名を付けたことが町名の由来になっている。 町の中心部には桂川という一級河川が流れている。英国ロンドンの中心を流れるテムズ川を想像すると街並みをイメージしやすいだろう。 中央フリーウェイ国道139号富士急行トロッコ線など道路と鉄道ともに交通の便は悪くはないが、観光資源が三つ峠登山くらいしかないので、多くの観光客は西桂をスルーする。 東京ドーム1168個分の領地を持つが、大半が山林であり、人が住める場所は町の中心部に限られている。 平成の大合併のブームに乗れずに、都留市とも富士吉田市とも合併せず、町民のガラパゴス化が進んでいる。 古くはおりものの町として栄え、おりものシート生理用ナプキンなどがつくられていたが近年は衰退気味である。 そのため水商売も盛んになっていて、三つ峠の山奥で極秘裏に行われている。

隣町の東桂とは常にライバル関係にある。何故なら、もともと東桂と西桂は”桂町”という同じ町だったからだ。 アメリカソビエト連邦の冷戦に巻き込まれる形で、桂町は東西に分裂することとなった。

三つ峠[編集]

フジ産経グループに属している山。西桂のシンボルと言っても過言ではない、山頂が3つモッコリしてるのが名前の由来。 西桂からの登山にはだるま石という、芸術的でモダンなだるま女の裸像が出迎える。これは初心者向けの登山道ではないという警告である。 さらに奥に進むと股のぞきというスポットがあり、性的に興奮する絶好の撮影ポイントになっている。 山頂近辺ではロッククライミングによる軍事訓練が行われている。 山頂からエフエム富士とNHK甲府FM放送のラジオ電波を発信してるが、これは建前のフェイクである。モールス信号で宇宙人と交信し米国のエリア51まで誘導してる。

2014年にはアニメ『山のすゝめ セカンドバージン』で、三つ峠駅から三つ峠の山頂を目指すルートが遂にアニメ化した。 魔法少女の軽音部の女子学生が山を登り魔女と戦い、放課後にティータイムするアニメである。

高山良策ゴリ推し問題[編集]

高山良策とはウルトラマンかなんかの怪獣のぬいぐるみを造ったとされる芸術家である。 残念ながら西桂町には大きな産業もないし、著名な出身者もいない。 そのため、たびたび高山良策にスポットが当てられてる。 とにかく高山良策を推し、たまに高山良策展を開くのである。それが西桂町である…。 迷惑なことに小学校での夏休みの課題で怪獣を描かされたりすることもある。…ちなみに高山良策は1982年に亡くなっている。

ウナギ戦争勃発[編集]

2011年にウナギ大戦争という内戦が勃発。1年間に及ぶ不毛な暗黒時代に突入した。 西桂っ子マーチ(行進曲)という軍歌が歌われ、人々は槇田商店の傘を振り回し、ツルテックで廃棄されたCDが手裏剣のように投げられた。 怪獣ブリーダー高山良策によりつくられたウルトラマン的な怪獣も参戦しスペシューム光線な感じで解決、多くの人のクビが狩られ戦争は終結することになった。めでたし、めでたし。 この町にはウナギの養殖場は一切ないし、うなぎ屋も存在しない、そんなことより桂寿司と高尾寿司という2件の寿司屋があり、この2件の寿司屋は似て非なるもので、どっちがどっちなのか区別がついてない町民も多数いる。

三つ峠グリーンセンター[編集]

三つ峠のふもとにある三つ峠グリーンセンターは軍事キャンプ地となっている。 武道場テニスフットサルゲートボールで筋肉トレーニングを行い、温泉で静養することもできる。 かつては普通自動車免許の特殊訓練が行われていた。

富士見サイクリングロード[編集]

かつて存在してたサイクリングロードである。昭和53年頃に完成し倉見地区の中央道の側道に作られていたが、一部で急坂や急カーブがあり住民の利用はほぼ皆無であった。 山中湖から大月までつなぐ計画もあったようだが…富士見サイクリングロードは自然消滅なのか正式に廃止にしたのか…それともまだ存在しているのかも不明である。西桂七不思議のひとつでもある。

姉妹都市[編集]

  • パリ(フランス) - 三つ峠駅前の風景がシャンゼリゼ通りと似てるため
  • ベルリン(ドイツ)- 西ドイツと西桂は古くからの”西”つながりの交流 ※東桂は外交力が足りずに東ドイツとの交流を断られた
  • ロンドン(イギリス)- テムズ川と桂川の流れが似てるため
  • ワシントンD.C.(アメリカ合衆国)- リンカーン大統領林間学校で西桂に訪問
  • ローマ(イタリア)- 全ての道はローマに通じてるため
  • 東京都(日本)- 職員の派遣や交流が活発のため
  • 京都府(日本)- 山梨と山科の発音が似てることから交流が活発になった

関連項目[編集]