西成

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

危険情報: この地区の全土、及び一部地域には、日本国政府から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は警視庁安全ホームページでも公開されていません。確認しに行った人が帰って来ないからです。
それでも行ってみたいという聞き分けのない貴方は自己責任という言葉の意味を親御さんから教わるか広辞苑で調べてから検討してください。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西成区」の項目を執筆しています。

西成自治区(にしなりじちく)とは、大阪が世界に誇る犯罪都市にして日本最大のスラム街である。そのルーツを辿れば飛鳥時代に遡り、世界で5本の指に入る悠久の歴史を誇るスラム街でもあるが、さすがにバグダッドカイロには及ばない。

概要[編集]

古来より「東洋のペニス」と称えられた大阪は世界中から交易のために集まった人が住みついて多種多様なコミュニティを形成し、17世紀にはすでに「人種のサラダ・ボウル」と呼ばれるほど混沌とした巨大都市に発展していた。人とモノ、そしてカネが活発に入り混じる大阪ではあらゆるチャンスとリスクが転がっており、ひょんなことから一攫千金を果たす者、立身出世を果たす者がいる一方で、ひょんなことから全財産を失った者、権力の座から引きずり降ろされた者もおり、そんなすべてをピンからキリまで抱え込みながら大阪という都市はますます膨張の一途を辿ったのであった。そんな中、西成地区は負け犬どもの夢の跡、すべてを失ってもまだ生き汚くのたうち回る餓鬼亡者の巣窟として、まさに「地上の楽園」の様相を呈しながら現代にいたるのであった。以上から、西成地区における生活、治安、経済、産業についてはお察し下さい

生活[編集]

住民[編集]

西成地区の住民犯罪者がその100%を占めており(彼らは極度の潔癖症であり、道に落ちていた10円玉をネコババしてしまった自分を許せないでいるためである)[不要出典]、よそから流れ着いた犯罪者が当局の魔手を逃れて隠れ住むには絶好の地である。なんせ、そいつを通報すれば情報提供者として自分の事も調べられた挙げ句、過去にネコババした10円玉の事がバレてしまうからである。つまりは一蓮托生、そう言った事情から西成地区はコミュニティ内における交流が非常に活発であると同時に、みんなみんな生きているからお友達なのである。と同時に、死んだ人間はあることないことすべての罪がなすりつけられ、死体のまま警察に突き出されてしまい、地区全域における10円玉横領の罪を背負ったまま、彼(女)は地獄へと落ちるのであった

産業[編集]

西成地区は非常に産業が活発であり、主要な産業は以下の通りである。

  1. 観光業(外部から流入する新規犯罪者の受け入れ)
  2. 建築業(段ボール、あるいはビニールによる住居建設および修繕)
  3. 運送業(銀行や金持ちからその富を再分配する崇高な仕事
  4. 風俗業(美人局をはじめ、現実に疲れた人々を癒す高潔な仕事)
  5. 食産業(過剰食品のリサイクル、再生産、食材の採取ほか)
  6. その他(武器、もとい治安維持用具の密造密売など)

社会経済という狭隘な概念から解き放たれた新しい産業は常に建設的で、住民たちは互助精神・自己犠牲の精神をもって日本政府の懸念をよそにたくましく生きているのであり、ある意味において西成こそは日本の未来型都市生活のパイオニアであると言っても過言である。

食生活[編集]

西成名物料理の一つ・猫鍋

西成地区の住民は「胃袋に剛毛が生えている」と言われるほどに繊細な消化器官をもっており、それにともなって彼らの作るソウル・フードは大阪の誇るグルメとしてそのクオリティの高さを誇っている。

お好み焼き(Economy grill)
白い粉を水と1:156の割合でといたものに、愛とユーモア、そしてほんの少しばかり事実をスパイスとして入れた後、食べたい物を全部入りにしてから火を通す。西成において食材として好まれるのは主にネズミのしっぽ、兎の足、カラスの手羽、猫の目玉である。
たこ焼き(lynch grill)
ここで魚介類のタコを入れるのはよそ者である。ここではタコなgXXXXX
ビリケンさん(Billy the Dog)
上記のお好み焼き、たこ焼きと基本的な作り方は同じ、具にビリケンさんの足の裏nXXXXX
ホルモン(hormone)

人体にアドレナリンやアンドロゲンを注射するお店が西成では盛んに営業している。店にはキムチが一切ないので明らかに肉の方ではない。一家でホルモン裏ドラッグストアを経営する話がじゃりン子チエとして知られている。

……ともあれ、西成の住民は今日も明るく溌剌と、明眸皓歯を輝かせながら美しく生きているのであった。

観光上の注意[編集]

地雷があります
ここより地雷原
地雷除去を手伝っていただけるボランティアを募集しています
※ 原っぱを歩くだけの、どなたでもできる簡単な仕事です。 (Portal:スタブ)
地雷があります
こっち見ンな。死にたいンか?  (画像はイメージです)

……と言うのはあくまでも建て前にしてローカルルールであり、仲間うちでの結束が高い反面、よそ者(特に犯罪者でない人々)に対しては過剰なまでに敵意とコンプレックスを抱いており、その拒絶ぶりは地元警察ですらいじめにあった挙げ句、精神異常を来たして転地療養を余儀なくされる程の苛烈さである。まして、物見遊山気分でやって来る平和ボケした観光客などまさに火に油、観光客襲来情報があるたびに彼らは厳戒態勢をしいて速やかに敵を撃退するのである。以上を踏まえて、西成へ観光目的で訪れる場合の注意点を列記する。

  1. 金属製品、特にメッキ物を身につけない。彼らにはすべて金に見える。
  2. さまざまな人種が混在しているため、日本語(特に標準語)は通じない。
  3. タクシーの利用は地区外まで。内部に入るなら天文学的な特別料金(保険料として)を請求される。
  4. 警察に通報しても「西成」という単語を聞いただけで出動してくれない。
  5. 日本円は使えないため、すべてペリカに両替しておく必要がある。
  6. 観光名所がないでもないが、その周囲にはことごとく地雷が埋設されている。
  7. 風土病、伝染病に注意し、罹患してしまった場合は諦めること。
  8. ヤクザ? マフィア? 住民の99%が構成員および関係者ですが、それが何か?

関連項目[編集]