西尾維新

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
存命人物
この記事は、存命している人物に関する経歴等が記載されています。執筆の際は存命人物の伝記に基づいた編集を行ってください。出典が無い、あるいは信頼性の乏しい出典による潜在的に論争となりうる記述、特に名誉棄損や侮辱等に該当する内容を見つけたら、速やかに除去した後にノートにて報告および議論してください。

西尾 維新にしお いしん1981年 - )は、日本帝国を代表する講談社デビューの人間・小説家・漫画原作者・漫画審査員・特別講師である。主にミステリーを創造しているとされているが、実際は人がいっぱい死んじゃうライトノベルである。彼の大胆な作風の影響でアドルフ・ヒトラー第二次世界大戦を起こした。この大戦で二次が三次に圧勝したのはすべて西尾の人徳のなせる業としか言いようがない。 ましてや立命館大学政策科学部中退者である。

男性らしいがツラを俗世界に晒したことはない。西尾維新はローマ字で書くと「NISHIOISHIN」となり、逆から読むと「NIHSIOIHSIN」、つまりニッシュィオイッシュィンとなる。これが彼の本名である。

時代の流れがもてはやす、民衆の擬餌にされたにすぎない、たまたまそこに人材がいただけの中二病患者(子供精神病的気質)。 彼もまた、歴史の被害者の一人である。

別名・サヴァン‐シオン。 学名・カトウリア‐ライトサヴァン‐バーニンヴィクティニクス。

概要[編集]

2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い』で、第23回メフィスト賞を20歳で受賞しデビュー。したがってこの世界は2002年に創造され、それ以前の記憶はすべて清涼院流水の妄想である。弱冠20歳でのデビューであることから天才っぽく見えるが、実は受賞まで14作かかっており、がり勉タイプの猛者である。一日に一冊の本を書き上げることができるが、印刷技術がそれに追いついていないので自重している。太田克史がそれを利用し講談社でこき使い銭を溜め込んでいるのは暗黙の了解

彼が絶望しきった場合は7つの世界を恐怖のどん底にたたき落す魔王となり、世界大統領として40年間、独裁政治を行うこととなるハズだった。その40年間の独裁政治のなかで3回世界規模の粛清を行い、出た信者は2000億人になるはずだったが、実際にはそうはならず豪華絢爛たる光の小説家として戯言シリーズを筆頭に世界を護ることになる。 後に講談社BOXの長たる青の青を名乗り神の軍勢とともに、あしきゆめと壮絶な戦いを展開することになった。ero bland等では奈須に「うちのボス」などと呼ばれているため現在は講談社のトップにでもいるのだろう。また魔王となった西尾を倒せるのは世界でもっとも強い可能性、森博嗣だけだったのだがもはや西尾が魔王となることはないため両者の戦いはないと思われる。なお西尾は操作系のスタンドを所有しているが、時間系の能力ではないのでラスボスにはなりえない。 それと彼だけ自由にペルソナを取り替える特殊能力を所有している。「なるほどなー」

同世代の作家の中で飛び抜けて売れているため、作家たちの恨み僻みや怨念に悩まされている。特に佐藤友哉の怨念は凄まじく、西尾の体重が一瞬で57kg→179kg、ならば二瞬で更に倍じゃぁああい!なんの界王拳四倍だあぁぁ! という理屈で変化した。それくらいヤバイのである。やばいよやばいよー。日日日入間人間片山憲太郎平坂読天原聖海野﨑まど新沢克海耳目口司明月千里武田信玄カピパラ真祖と呼ばれる吸血鬼やタラスパ好きな安定感抜群の永遠少女などをいっぱい引き連れて友人宅を襲撃するのが彼の日課だが、本人にそれほど悪気はない。これじゃ全然話が終らないので庵野秀明がなんとかしようと思ったが降臨したのは撲殺天使。ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~。

信者達は今日も西尾に「萌えキャラを殺さないで!いや、百歩譲って殺すのはイイとしよう、しかし人間は多角的な視点を持ち物事を立体的に把握することに(中略)の涙が解からないのかッッ!まず考えるべきは地球の未来な(以下略)」とネゴシエーション。西尾は常に「だが断る」。そこにしびれる憧れるぅ!

作風[編集]

チャールズ・ミンガス/Charles Mingus曰く

「単純なことを複雑にするのは普通のこと。複雑なものを単純に、ものすごく単純にする、それがクリエイティビティである」

この真逆を行くのが彼の作風である。

特記事項[編集]

  • 西尾本人に親愛の情を込めて“いーちゃん♪”と呼ぶとキレる。ここだけの話だが、戯言遣いのいーちゃんの本名は西尾維新であるとかいってたのが、太田克史。ちなみに、水の中で“いーちゃん♪”と呼ぶと…。
  • ちなみに彼の笑顔はドブ川を一瞬できれいにしたりと奇跡を起こすらしいが、顔をさらしたことがないので確かかどうかは不明である。写真は裏世界で高値で取引されているらしいが、詳細は不明なままであって、どーいうことだか、とかくしょでさけばれているの。でもでもでもでも、そんなの関係…。うわさではクナギサの隠ぺい工作が働いているらしいと某国が言っていた。
  • 彼の小説の根幹を成している部分は漫才である。ぶっ飛んだ性格のキャラクターが多いのも、単に著者がキャラクターを通じて漫才を書きたいだけというところに理由があるらしい。
  • 無論、恋愛要素・ぶっ飛びすぎな性格のキャラ・パロディ・漫才会話などがなくても面白い小説を書いているが、やっぱりキャラの名前は特徴的。
  • ミステリー、伝奇、ラブコメ、ノベライズ、時代物、スポ根、漫画原作etcとかなり何でもござれな技巧派である。
  • とにかく小説が大好きであり、少しでも小説人口を増やそうと若者向けに書いている……のかも。
  • でも本棚には漫画のほうが多い。
  • そのせいか、昨今流行のシスコン・ブラコンキャラが多い。もちろん、ラノベに欠かせないハーレム要素もたっぷりである。これに関しては、本人の願望を反映しているとも言う。戯言だけど。
  • 彼の小説はいろいろな意味で再現するのが難しいので漫画化、映像化もされていないし二次創作も少なめだったが近年、相次いでアニメ化、漫画化が行われている。時代は変わるものである。
  • 奇を衒ったり話を逸らしたり言葉遊び(秀逸な駄洒落)などが文章において強い癖を醸し出しているが、それは自身の著作『めだかボックス』内に登場する特殊能力、『スタイル』を身につけているからとの噂がある。
  • 6日間に渡る焦らしプレイの末戯言シリーズがアニメ化決定のしらせを出した時、多くの信者が鼻血で出血多量死などなんらかの理由で一斉に墓に入ったりと、その世界に及ぼす影響力は絶大。

既刊リスト[編集]

戯言シリーズ[編集]

(※戯言シリーズは2005年11月に大縁談/演壇を迎えました)

人間シリーズ[編集]

  • 『零崎双識の人間試験 妹をつくっちゃおう!』
  • 『撲殺天使 軋識ちゃん 甲子園を目指せ!』
  • 『零崎曲識の入間人間 ロリコンは脳の病気です!』
  • 『零崎』
  • 『人識の』
  • 『人間』
  • 『関係』

物語シリーズ[編集]

  • 『化物語(上) 100%趣味で描きました』
  • 『化物語(下) 蕩れ要素満載』
  • 『傷物語 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード/120%趣味で書きました』
  • 『偽物語(上) 青春は所詮偽物だよ』
  • 『偽物語(下) 儲物語青春は、にせものだけでは終わらない』
  • 『猫物語(黒)  知らぬまに、猫%で書きました』
  • 『猫物語(白) 100パーセント猫が書かれた小説です』
  • 『傾物語 しゅららぎさん、失礼かみまみた』
  • 『花物語 私の趣味は悪マーセントです』
  • 『囮物語 心は神化するよ もっともっと』
  • 『鬼物語 忍(更年期障害)の昔話』
  • 『恋物語 神vs.詐欺師』
  • 『憑物語 100%終焉しない雑談です』
  • 『終物語(上) 本日の議題は犯人当てです』
  • 『終物語(中) これ花でやるって言ってなかったっけ』
  • 『終物語(下) やっと終わった物語』
  • 『続・終物語  と思ったら続いた』
  • 『接物語 もう何も言うまい』
  • 『愚物語 オイラーさん再び』
  • 『業物語 終われない業』
  • 『撫物語 ヤンデレ再び』
  • 『結物語 果たしてツンドラとロリコンは結ばれるのか』


新本格魔法少女りすか[編集]

  • 『新本格魔法少女りすか にゃるらと魔法使い使い』
  • 『新本格変態少女ツナギ 反重力ヒゲ・眼球倶楽部』
  • 『新本格魔女っ子りすか3 地球儀のように回転木馬』
  • 『新本格魔法少女りすか0 ファウスト・マダーの一般論』

刀語[編集]

アニメ第11話より、まにわにぺんぎんの最後。まさに外道

 値段はそのまま、そこそこ書きためていた内容を薄ーくひきのばし(なんと一話で一冊)装丁をごっつくしてごまかして分割売り出ししたシリーズ。造り(つくり)、黙らせる(だまらせる)、背負って(せおって)、補給(ほきゅう)、弓(ゆみ)など、難しい漢字には全てふりがなが振られており、西尾維新の平均的な読者層への配慮がうかがえる。2010年1月よりアニメを毎月一話放送していた。

  • 第1巻『絶刀・鉋 真庭蝙蝠はザコすぎる』
  • 第2巻『漸刀・鈍 砂上の楼閣』
  • 第3巻『千刀・鎩 敵がインチキだと思うのは俺だけか?』
  • 第4巻『薄刀・針 ちょwww西尾さんいくらなんでもこの展開はないでしょwwwww』
  • 第5巻『賊刀・鎧 恋敵は海賊王』
  • 第6巻『双刀・鎚 ぼくも泳げません』
  • 第7巻『悪刀・鐚 ねーちゃんは悪女』
  • 第8巻『微刀・釵 零崎曲識」にもゲスト出演』
  • 第9巻『王刀・鋸 神がかってます汽口慚愧』
  • 第10巻『誠刀・銓 確かに戦闘では使い道無いよね』
  • 第11巻『毒刀・鍍 まにわに決着編』
  • 第12巻『炎刀・銃 トリガーハッピーエンド』

ご愛読ありがとうございました!講談社は無茶苦茶儲けました!西尾先生の次回作にもご期待ください!

真庭語[編集]

「刀語」の番外編という形で、本編においてはかませ犬全開だったまにわにの面々に訪れた面目躍如の機会。でも初代頭領の話だから何のフォローにもなってなかったりする。

世界シリーズ[編集]

  • 『きみぼく きみとぼくの壊れた世界』
  • 『ぶきそぼ 不気味で素朴な囲われた世界』
  • 『きみこわ きみとぼくが壊した世界』
  • 『ぶそきぼ 不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』
  • 『ぼくせか ぼくの世界』

一作だけのはずだったが、病院坂くろね子の前髪パッツン力によって続いたかもしれないし、そうでないかもしれない世界。

伝説シリーズ[編集]

- 人類を護るため、巨悪(物理的な意味で)に立ち向かうヒーローの物語。鈍器にも使える優れもの。

トップレベルの死亡フラグ回収率を誇り、一巻の段階で全人類の三分の一、主人公の学校と家族全員、ヒロイン含め名有りキャラのほとんど全員が死亡している。正直死にすぎである。

  • 『悲鳴伝』東京編
  • 『悲痛伝』うどん県編
  • 『悲惨伝』徳島県編
  • 『悲報伝』高知県編
  • 『悲業伝』魔法おばさん編
  • 『悲録伝』四国終了編
  • 『悲亡伝』世界旅行編

ノベライズ維新[編集]

  • 『ランドルト環エアロゾル いや、幽霊はいるよ』
  • 『ロサンゼルスBB連続殺人事件 コーヒーを、あなたに』

JDCトリビュート[編集]

  • 『ダブルダウン勘繰郎 Private Evil Eye』
  • 『トリプルプレイ助悪郎 髑髏畑で盗塁して』

その他・シリーズ外作品[編集]

  • 『ニンギョウがニンギョウ』 - 彼の著作の中でもっとも薄い作品で、「クリスチーネ剛田先生が激怒しそうなオサレ現代文学気取ってILLのにはサルトル言うところの『嘔吐』。これで1500円とか暴利貪り過ぎDEF。
  • 『戯言辞典 戯言シリーズ用語辞典』 - 舞台裏をある程度完全公開。竹による4コママンガ『戯言一番』も収録。
  • 『させられ現象』 『ある果実』 『栄光の仕様』 『ヨウ素の皮肉(妖蛆の秘密)』 『〆に最初』 - 「なこと写本」という一冊の本になるとかならないとか。
  • 『携帯リスナー』 - 電波系上京小説。
  • 『少女不十分』 - ロリコンホイホイの皮を被った私小説。
  • 『放課後、七時間目。』 - 高河ゆんを従えて描いた漫画界征服への一歩。
  • 『うろおぼえウロボロス!』 - 小畑健を従えて描いた漫画界征服への大きな一歩。
  • めだかボックス』 - 暁月あきらを従えて描いた漫画界征服部隊。最近のジャンプ主人公の傾向を「上から目線性善説」と名付け、登場人物に反映させている。
  • 『十二大戦』- 中村光が表紙絵を飾る単行本、世界征服の為にチート能力者達12人を殺し合わせた。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西尾維新」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「西尾維新」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「西尾維新」の記事を執筆しています。