袋井市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

袋井市(ふくろいし)は、静岡県の隣にある県にある、町・・・じゃなかった、市である。

市街地[編集]

この袋井市のの周辺は地味な町並みが広がっている。それに対し、市中心部を突っ切る中遠広域農道の道沿いにはきわめてにぎやかな町並みが広がっている。基本的に、市街地は駅前に広がっていることが多いので、この市は変わっていると言える

袋井インターチェンジ[編集]

この市には、あれ?何も見えないぞが通っている。そして、中遠広域農道につながるインターチェンジがある。磐田市の東部に在住する人々が、東京方面に行くときに使用しているので、利用車台数はなかなかのものである。

学園都市[編集]

今や静岡理工科大学という大学を抱える学園都市であるが、ななんと、1976年3月31日まで普通科高校が存在せず、袋井市次代を担う若者の大半は、戦後の学制改革から長らく、中卒後磐田市森町天竜市等、磐周学区の他市町の高校に流出していた苦い歴史がある。

警察署[編集]

2011年4月1日、念願の「袋井警察署」が開署された。それまでは、磐田市にある磐田警察署に袋井市民は隷属されていたのである。

エコパスタジアム[編集]

この市には、エコパスタジアムという、サッカースタジアムがある。使用チームはサックスブルーの弱小クラブ熱きオレンジの王国チームの2つが主に使用する。日韓ワールドカップの際にも使用された。そのため、熱きサッカーオタクが愛するスタジアムに登録されている。また、エコパスタジアムの敷地内にあるエコパアリーナでは、フットサルの大会が行われたり、プロバスケットボールの試合が行われたりする。そもそも、エコパスタジアムは小笠山総合運動公園の敷地内にあり、この公園内にはハイキングコースとバイキングコースがあるため、運動にも食事にも観戦にも排便にも腹痛にも難のない公園として全国的に有名になっている

袋井市に送られた数々の人からの暖かいメッセージ[編集]

「この袋井がどんなにいい土地か、早く気付けばよかった」
袋井市 について、徳川家康
「ここは地価が安くていい」
袋井市 について、ホームレス
「種を取ったメロンが安い 駅も新しくなったし」
袋井市 について、地元住民
「磐田と掛川に挟まれて肩身の狭い思いをしている袋井市民、哀れだな」
袋井市 について、NEET
「はっはっは、見ろ!市民がゴミのようだ」
袋井市 について、ムスカ

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「袋井市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「袋井市」の項目を執筆しています。
この項目「袋井市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)