街宣右翼

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

街宣右翼(がいせんうよく)とは、環境保護団体の全国組織である。

概要[編集]

街宣右翼の街宣車から流れる音楽は人々の心を癒し、多くの国民が親近感を寄せる。これら街宣車ミュージックは明治から昭和にかけて日本音楽界のエリートらによって練りに練られた芸術作品であるからである。朝一番に流れる街宣車ナンバーは眠気や二日酔いを覚まし、元気が出ると大変好評である。

街宣右翼と左翼朝日新聞とは概ね仲が悪い。左翼は環境に優しい街宣右翼を誹謗中傷し、多くの国民にとって近づき難いものとなった。このため、ソビエト連邦が崩壊し、左翼は信用が失墜した。また、朝日新聞は、サンゴに「KY」と落書きしたことが原因で、それまで蜜月関係にあった街宣右翼を敵に回すことになった。 後に朝日の社員が暗殺されているが、真相は不明である。また、「KY同時多発テロ」が起こったのも朝日の落書きが原因である。

主張[編集]

自ら進んで倭寇を自称し、北方領土の早期全面返還を訴える。サハリンすら含む場合もある。たまに尖閣諸島についても触れられるが、彼らは日本海平和の海として認識しているため、この海域には何の問題も無いと捉えている。

分類[編集]

街宣と呼ばれるように、いわゆる町中で宣伝活動を行う。種類も多いが、おおよそ以下のように分類できる。

黒塗バス
最も多く見られる、オーソドックスなタイプ。つまり黒色に塗ったバス。車体に白い字で団体名や主張を書いていることもある。どんなに交通渋滞であっても一般車両がよけてくれるから安心だ。しかし警察官がスピードメーターではなく集音マイクを持っていれば捕獲される場合もあるので要注意である。また、大渋滞を引き起こすことも多いので、市民のイライラを募らせることもしばしば。
白塗バス
明るいイメージにするために白く塗ったバス。ただし、所謂特攻服とイメージが被っているため、かなりの確率で暴走族と間違われる。まれにパナウェーブ研究所の研究員もいるので、間違わないように。
軍歌右翼
大日本帝国の軍歌をかける右翼。ただし「現代語」の曲ではなく、超シルバー世代か右翼か軍オタにしかうけないため、他の街頭にいる市民からすれば、外国歌謡曲をかけているようにしか聞こえないのでデメリットしかない。
アニメキャラ右翼
街宣車にアニメキャラのペイントをする右翼。ただし著作権法に基づく使用許可を受けてやっているかは不明。中には萌え系キャラをペイントしている街宣活動車も存在するが、ネットウヨのようなヲタクが右翼活動している証左とされる場合もあるかも。
「啓蒙活動」のために多くの署名を集めている。ただし、面子によっては怖がって誰も近づかない。
運転右翼
日給数千円で雇われて街宣活動車の運転手をするアルバイター。ファミレスに入れば注目度ナンバーワン
ロックン右翼
某ロッカーの作った「ロック版君が代」で街宣する右翼。中高生には受けが良いかもしれないが右翼仲間から怒られる。
歌謡曲右翼
普通の歌謡曲をかける右翼。ただし「もののけ姫」のテーマ曲をかける場合もあり、この時には街頭にいる市民の張り詰めた「精神の糸」すら切ってしまうほどの破壊力がある。
細木数子
あなたの悩み聞きます、相談受けます、がキャッチフレーズ。相談のさいには、可能な限りのお布施を持って行くことをお忘れなく。

活動条件[編集]

  • 自民党の用心棒であること
  • ヤクザであること
  • 在日朝鮮人であること
  • 統一協会・勝共連合の支持者であること
  • 右翼のプロ市民資格一級を取得していること
  • 所謂普通の右翼でもネット右翼でもないこと
  • キャンプ生活に耐えられ、演歌が好きであること
  • 特攻機を操縦できること
  • 核兵器を使いこなせること
  • トモダチ、若しくはトモダチのトモダチに街宣右翼がいること。
  • 新米右翼であること
  • つくる会教科書を愛読したことがあること
  • 小林よしのりの戦争論かゴーマニズム宣言を読んだ経験があること
  • 田母神俊雄の講演内容の知識があること
  • 石原慎太郎の「太陽の季節」を読んで、ペニスで障子を破った経験があること
  • 中学校時代に、青酸カリで人を殺したことがあること

 これらのいずれかの基準を満たす必要がある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「街宣右翼」の項目を執筆しています。


Wiki-globe.png この項目「街宣右翼」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。