蠣崎基広

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蠣崎基広」の項目を執筆しています。

蠣崎基広(かきざき もとひろ、1501年(文亀元年)生 - 1548年(天文16年)没)とは、蠣崎家のかませ犬である。

出自[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蠣崎義広」の項目を執筆しています。

蠣崎家第3代当主である義広(-よしひろ)の甥に当たり、その弟である父・高広(-たかひろ)は「妾腹である[要出典]」ことを理由(言いがかり)に何かと義広を軽んじており、何かと喧嘩が絶えない関係で家中一同から冷遇されていた。そんな遺恨の絡みが募ったのか、1545年(天文十四年)にカッとなって義広を暗殺したまではよかったが、蠣崎家の家督継承者は嫡流である義広の嫡男(実の、しかも正室の子)、季広(-すえひろ、基弘にとって従兄[1]に当たる)と全会一致で決まった。至極当然の話であり、むしろ庶流の高広や基広が(何の問題もない)家督問題に首を突っ込む方がおかしいのである。

謀反[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長門広益」の項目を執筆しています。

が、その決定が不満であった(快、不快に理由なんて要らないのである)基広は、父が制止するのも聞き入れず、逆に丸め込んで謀反を起こす。が、所詮は蝦夷地の弱小大名、そのさらに分家ふぜいがいくら暴れ回ったところでそう痛くも痒くもなく、しばらく放って置かれたものお1548年(天文16年)、蠣崎家譜代の家臣であった長門弘益(ながと ひろます)によって片手でひねり潰され、そのまま圧死した[2]のであった。享年48歳。ちなみに、この功績によって蠣崎季広から「広」の一字を拝領した長門は、以後「弘益」を改めて「広益」と名乗るようになったと言われている

影響[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蠣崎季広」の項目を執筆しています。

この鮮やかな討伐の手並みによって、まだ38歳と若かった季広はその名声を近郷に轟かせ、以後蠣崎氏は大いに富み栄えた……というようなことが日記に書いてあるが、実際のところ季広が起こした行動は「長門、助けてくれ!」と泣きついただけである。しかし、歴史は勝者が綴るものであり、そこは上手いこと捏造に成功した……と本人は思っているのだから、そういうことにしてあげるのがやさしさというものである。

脚注[編集]

  1. ^ 年齢は基広の方が6歳ほど上であるが、父親同士の上下関係(長幼の序)がモノを言うのである。
  2. ^ 父・高広は必死の嘆願によってどうにか命だけは助けられた模様。

関連項目[編集]