蜂須賀氏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

蜂須賀氏(はちすかし)は、日本の氏族の一つ。

起源[編集]

土佐の山内氏や加賀の前田氏と同じく、織田信長豊臣秀吉政権の下で栄達した武将である蜂須賀正勝(通称、小六)を祖先とするらしい。蜂須賀という珍しい苗字は、尾張国にある蜂須賀郷に由来する。語源は「蜂の巣をつついてもスカスカだった」であり、ミツバチの蜂蜜を売る事で設計をたてようとしたが失敗して船頭や水夫などの水運業に転じた人がこの郷に多かったため蜂須賀郷という名前がついた。正勝もまた、武将になる前は水運業で設計を立てており、大河ドラマで毎回熊のような巨漢のプロレスラーが演じることから熊のようにかつては蜂蜜集めに精を出していた可能性もある。

水運業を営んでいた正勝だが、後世の創作軍記などでは、どういうわけか野武士という、水運業とは顕著に乖離した職業で出てくることが多い。これはインテリの印象が強い竹中半兵衛への対比として、武闘派の印象を前面に出した武将を描きたい軍記ものの作者達が正勝を野武士風の荒武者に仕立て上げたせいである。

家紋[編集]

蜂須賀家の家紋は卍(まんじ)である。これはかのヒトラーも用いたハーケンクロイツと同じであるため、正勝はじめ蜂須賀一族もヒトラーのように過激で残虐な人物だったと解釈されることが多い。誤解の対象は徳島県民にまで拡大し、徳島県民は皆ヒトラーの尻尾などという風聞まで流布するようになった。

沿革[編集]

秀吉股肱の家臣として貢献した正勝は、阿波国に知行を与えられた。正勝が阿波に領地を与えられた理由については、隣の土佐の大名長宗我部元親への牽制であったとする見解が有力であるが、その長宗我部氏は関ヶ原の合戦で西軍に属して領地を召し上げられ、他方蜂須賀家は正勝の子家政とその子至鎮の親子がそれぞれ西軍東軍に属して上手い事日和見した後徳川に追従して所領を安堵されている。どういうことなの…。しかも大坂の陣にまで参戦してかつての主君である豊臣家滅亡に荷担している。秀吉が草葉の陰で泣いたのは言うまでもない

その後も徹底して徳川氏に追従した挙句、13代藩主蜂須賀斉裕という徳川家からの養子を迎え入れ、お家を完全に徳川に乗っ取られてしまった。しかもこれだけ追従していながら、戊辰戦争ではまたしても日和見を決め込んで官軍の尻馬に乗るという強かさを発揮している。

淡路の領有[編集]

蜂須賀家は大坂の陣における武功を賞されて、それまで領地としていた阿波一国に加え淡路国を与えられている。淡路と言えば阪神淡路大震災が有名だが、この地震は背信行為を働いた蜂須賀家に対して憤った秀吉の亡霊が起こした地震だ、と大阪で囁かれた。

明治以降の蜂須賀氏[編集]

明治時代に入ると日和見してただけなのに維新の功績を評価されて爵位を与えられた。明治時代の蜂須賀家当主蜂須賀正氏はオタクとして有名であり、怪獣のフィギュアや美少女漫画の収集に極めて熱心な姿勢を見せた。しかし熱心すぎて散財が酷く、その上「仮にも爵位にあるものがサブカルチャーに耽溺するなどはしたなすぎる」と政府から批判され、爵位を剥奪されてしまった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蜂須賀氏」の項目を執筆しています。