蛇足

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

蛇足(だそく)とは「お前いない方がいいよ」といういじめを意味する日本ことわざである。

由来[編集]

昔、に先祖を大切に祀っている野郎がいた。ある日、ホームパーティを開いて家来達に酒を振舞った。家来達は「分けて飲むぐらいだったら一人で飲んだほうが良い。を最初に描き上げた野郎がNo.1だ」と暴挙に出た。ある男がまず描き終えた。「お前らには速さが足りない」と言って杯を手元に寄せた。左手に杯を持ち、酒を飲みながら、持て余した右手で描いた蛇に足を付け加えて始めているではないか!!!そう、彼は生粋の足フェチだったのだ…!!!脚ではなく足フェチである。その足を描き終える前に別の者が蛇を描き終え、足を描いている野郎に「蛇に足生やしたらトカゲじゃね?ってことは蛇を最初に描き終えたのは俺じゃんwwwww」と言って杯を奪い、酒を飲み干した。平和な奴らだ。

用例[編集]

  • 誰かにその思いを伝えたい時に使う。

「彼の存在そのものが蛇足だ」 ⇒死ね、氏ねじゃなくて死ね

女性は男性に蛇足というとバベルの塔が崩壊の危険性があるので注意が必要である。 もしかして君…蛇足かい?

蛇足[編集]

         











  


                                                                      …まさに蛇足

世の中の蛇足[編集]

ここに記されているものは、ほんの一部にしかすぎない。

最後に[編集]

世の中には蛇足がたくさんある。けど蛇足だからといって村八分にしたりしてはいけない。蛇足だって一生懸命頑張っている。僕が伝えたいのは蛇足だっておけらだってアメンボだって、みんなみんな生きているんだ友達なんだ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蛇足」の項目を執筆しています。


Abe いいこと思いついた お前 がテンプレ貼った この項目「蛇足」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)