虫眼鏡

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

虫眼鏡(むしめがね)とは、世界で最も恐れられている光学兵器である。

一般的な虫眼鏡

概要[編集]

虫眼鏡はレンズを用いて太陽光を一点に集中させることで標的を一瞬で焼き払う事が出来る。そのあまりの危険さにほとんどの国では持ち込みが禁止されている。また、どこぞの電脳戦士とは違い、単体で光線を発する事は無い。 最近では対抗手段として金魚鉢などが有効ではないのかとの議論が行われている。

特徴[編集]

安価である
虫眼鏡は殺傷能力の高さからは想像のつかないほど安価で販売されており、小学生でも買えるほどである。
電気を必要としない
太陽光を利用するため、電気は一切必要ない。たいへんエコロジーである。ただし天候に左右されやすいという欠点もある。
小さくて持ちやすい
虫眼鏡は片手で持てるほど小さく、持ち運びに便利である。出張先で急に戦争が始まった時でも安心。しかし小さくとも殺傷能力は充分あるので取り扱いには注意が必要である。
黒い物ほど効果が高い
近年の研究結果から黒い物に照射した方が効果が高いという事が分かっている。よって人に照射する場合には髪を狙うとより殺傷能力は高まるが、磯野波平のような人達には効果が無いばかりか光線を反射するので注意。

使用例[編集]

主な使用例としては、

  1. 虫を燃やす。
  2. 処分したい紙をマジックで黒く塗り、照射。
  3. 嫌な上司に照射。

などがある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「虫眼鏡」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。