藤子不二雄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「藤子不二雄」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「藤子・F・不二雄」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「藤子不二雄A」の項目を執筆しています。

藤子不二雄(ふじこふじお)は、藤子・F・不二雄藤子不二雄Aが合体した人間のことである。世界初の新人間であり、極めて有名である。漫画家、デザイン家である。

人物[編集]

合体した理由は、極秘とされているためわからない。判明しているのは本名と趣味だけである。

ブラック&ホラー漫画好きであるらしい。そのせいか、そのような作品が多い。SFを「すこしふしぎ」と解釈した人であり、ドラえもんのデザインを考えた人でもある。合体する以前は、二人とも富山県出身だったらしい。

藤子・F・不二雄は何度か予言をした事はあまり知られてない。一度目の予言は日航ジャンボ機墜落事故で1984年コロコロコミックの中でパーマンに扮した子供が墜落しそうな飛行機を持ち上げているが、その機体ナンバーが事故機と同じ「JA8119」だった。(実話)二度目の予言は自らの死で、ドラえもん映画の中にメッセージが隠されている。

ふにゃこふにゃおという別名もあり、こちらの方が出典が多い。しかし出典ごとに、ふにゃこふにゃおの顔は不定であり、どれが本当の顔かは不明である。影武者説や合体に失敗したときの姿という説もある。

現在、藤子・F・不二雄の死亡が確認されている。しかし彼の作品は現在でも作成されて続いている。これが一体どういうことなのか…。信じるか信じないかは、貴方しだいです。

一部のメディアでは、藤子・F・不二雄に酷似した人物が某国に滞在しているという噂がささやかれている。[要出典]

漫画作品[編集]

作品のTVアニメ化に対して無頓着なのか、同一作品のアニメの作画が年代によって違ったり、また声優が変わったこと自体に気づかなかったりするらしい。

合作での代表作。映画化もしたギャグ漫画である。
もはやサザエさんと双璧をなすTVアニメ界の怪物である。
読んだら頭がパーな超人になってしまう恐ろしい漫画。ちなみにパーマンという職業は、年中無休、バッジが鳴れば真夜中でも台風のさなかでも飛んでいかねばならない。なのに給料はゼロというブラック企業顔負けの待遇である。そりゃ気も狂うわな。
忍者になって忍び込み、物を盗んでいき(いわゆる泥棒)、失敗していくお笑い漫画でござる。現在は富山県氷見市で大活躍中でござる。
怪物の王子が東京で大騒動を起こすホラーなギャグ漫画。逝くでがんす!フンガー!!まじめにや…うわ何をするやめr(つまらないことを口走ったばかりに信者に刺されました。お察し下さい)。『怪物王女』の元ネタ作品。
  • SF短編の数々
日常からはみ出しすぎる不思議すぎてありえない物語たち。
作者の自家発電のために描かれたエロス魔女っ子漫画。ちなみに両側が立ったような寝癖をしていると決まってエスパー魔美と呼ばれる。男でも女でも。最近は三島平八もそう呼ばれた。
科学だけはできるという確変のび太が主役のSFメカニック漫画。コロ助という役立たずロボットを下僕にしている。ドラえもんがダメ人間を助長する漫画だと罵る阿呆どもを見返すために作られた。まあ、プロトタイプとしててぶくろてっちゃんという作品を60年代に発表してるんだけどね。ちなみにコロ助の好物はケーキ、これ常識(コロッケ言った奴表に出ろ)。
チャーシューメーンと叫んでドライバーを振り回せば、突然風が舞ってボールが旗に吸い込まれる作品。…あれ、何か違う?
未完の大作。御大の知識の深さが窺い知れる社会派作品。リームがリストラされた時はファンが泣いた。
ドラえもんの世界をまんまヒロインに置き換えた作品。エリ様萌えのルルロフ殿下のために、日々黒幕のチンプイとワンダユウが虎視眈々と彼女を付け狙う。それより小金沢スネ美、彼女の存在のために作品があると言ってもいい。
しばらく存在を消されていた伝説の作品。なぜかは検閲により削除
わいは通天閣に祀られている商売の神さまやで。「なんでも商会」いう会社興すことなったんやけど、法人税払ってへん。あと、なんでか出てくる家族みんな犬飼うてまっせ。
死ぬほど暗い話を永遠に読まされるという悪魔の漫画。
ドラえもんの二番煎じ・何番煎じの作品の数々を総称して「パチえもん」と呼ぶ。ただし、そういう作品はTVアニメ化の際に制作サイド側から無理やりドラえもんに近付けれた面も大きい。詳しくは該当記事参照。

藤子不二雄の噂[編集]

1996年9月20日に藤子不二雄本人がドラえもん(初代)の、大長編ドラえもん『のび太のねじ巻き都市冒険記』を執筆中に鉛筆を持ったまま意識を失ってしまう。家族は夕飯の支度ができたので不二雄を呼んだが、普段ならすぐ来るはずなのに今回は一時間以上も来なかったので様子を見に行った。家族は机に伏している不二雄を見て寝ていたと思ったが、声をかけても起きないので揺するとその場で藤子不二雄は冷たく冷え切るように床に倒れた。不二雄本人は即病院に運ばれたが1996年9月23日、肝不全のため東京都新宿区に存在する京王大学病院で享年62で死んだ。 しかし、不二雄の家族や不二雄のプロダクションは不二雄本人の死体の火葬を強く反発し、厚生大臣に承認させて、不二雄の遺体をホルマリン浸けにする事となった。遺体は候補として小学館慶応義塾大学病院文部科学省の地下二階不二雄の自宅などが挙げられ、最終的には小学館に決定した。不二雄の遺体安置場所は、小学館の隣に朝鮮も劣るレーニン廟錦繍山記念宮殿のような霊廟不二雄廟が社内地下2階に設けられ、不二雄本人の遺体の部屋へはオートロック監視カメラなどの厳重な設備がなされており、ホルマリン液を入れ替えるときや年に2回の一般公開にのみ開けられるが一般公開は隣の部屋で行われる。入場料は1000円かかる。 ドラえもんミュージアムが完成すると、偉身体は、そちらへ移されたという。

藤子・F・不二雄ミュージアム[編集]

2011年9月3日、藤子不二雄合体67周年を記念して川崎市に藤子・F・不二雄ミュージアムが開設され、小田急電鉄が調子に乗って痛車を量産したが、知事に破壊された。多くの狸型ロボットによる犠牲者を作る予定。

しかしなぜFの方のみ祀られているのかは禁則事項です

関連項目[編集]


Suneohatsugen.JPG 悪いなのび太。この「藤子不二雄」は3人までしか見れないんだ。 ま、のび太はドラえもんに頼むのがお似合いだけどね。 (Portal:スタブ)