薩摩川内市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「薩摩川内市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「薩摩川内市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「薩摩川内市」の項目を執筆しています。

薩摩川内市(さつませんだいし)は、薩摩国国府所在地にして、北薩最大の都市である。

「薩摩川内」は39画であり、画数が多いことから、書きにくく読みにくい市名として知られる。天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命があることで有名である。

概要[編集]

鹿児島県西部の市で、ガラッパと呼ばれる妖怪[1]が暗躍していることから、「九州ガラッパゴス」と称される。また、鹿児島県人の1割は妖精さんだと言われるが、川内人の3割はガラッパによって占められている。陸上自衛隊の駐屯地や中越パルプの大工場、京セラや九州電力の原子力及び火力発電所があり、新幹線も通じる北薩一の大都会であるため「九州の仙台」と呼ばれている。

この長ったらしく読み書きが容易でない厄介な市名[編集]

市名の「薩摩川内」は漢字4文字、読み仮名7文字、画数39画で、一般的な日本の都市の中では少々長ったらしいため、「川内」もしくは「薩川」と省略される。なお、薩川と川薩は似て非なる物であるが、今後の合併の進展によってはこの限りではない。

一部の左翼勢力によって「悪しき風潮である軍国主義的な醜悪地名」と呼ばれ批判されることがあるが、市当局では「仙台市との区別のため、止むに止まれず決定した。いたって正当な判断であり、批判されるいわれはない」との声明を発表している。

鹿児島県内には、読み仮名9文字の南九州市や、ひらがな漢字6文字のいちき串木野市など名前の長い市がある。読みの短い津市や画数の少ない八女市と比較して、薩摩川内・南九州・いちき串木野の各市民は住所を表記する際に相当の負担を強いられている。

地理[編集]

北薩の中心都市[編集]

北薩の中心都市である薩摩川内市であるが、中核市である鹿児島市の存在によって薩摩国の中では「永遠の二番手」に甘んじている。平成の大合併によって祁答院や甑島なども市内となり、人口10万人を突破するという快挙を達成することができたが、間もなくして霧島市にあっさり追い抜かれ、鹿屋市の反撃を許してしまい、第四位に転落した。おまけに合併後しばらくして10万人を割り込んでしまった。串木野市と合併できなかったことが大変悔やまれる。

市内に「祁答院町藺牟田」と、甑島の「鹿島町藺牟田」というよく似た地名が二つあり、ラムサール条約登録湿地である藺牟田池は、祁答院町藺牟田の方にあるため、大変紛らわしい。

せんだい[編集]

川内は「かわうち」ではなく「せんだい」と読むが、宮城県仙台市と読みが同じであることから、「より有名でないセンダイ」と呼ばれている。仙台市との区別のため、涙を呑んで旧国名・郡名を冠した薩摩川内市を名乗ることとなった。本庄市との区別のために郡名を冠して由利本荘市となった旧本荘市と同様の例である。

北に隣接する出水市も、仙台市と合併した泉市(現在の泉区)や大阪府の和泉市と間違われることがあるが、いまのところ「薩摩出水市」に改称する予定はないとのことである。このように宮城県鹿児島県にそれぞれ「せんだい」と「いずみ」があることから、大変紛らわしい状況となっている。 ちなみに、仙台市青葉区には「川内」(読みは「かわうち」)という町が存在する。かの東北大学があり、最悪こちらの方が有名かもしれない。

「せんだい」より「かわうち」の方が変換が早いと指摘されることもあるが、市民によっては大きなお世話であり、意地でも「せんだい」から「川内」に変換してこそ真の薩摩川内市民である。

歴史[編集]

日本国と同じ誕生日[編集]

旧川内市は皇紀2600年昭和15年)の紀元節2月11日)という記念すべき日に発足した。つまり日本国誕生日が一緒であり、大変誇らしいことである。鹿児島県では鹿児島市に次いで二番目に市になったことから、鹿児島県第二の都市を自称するが、平成の大合併以前は鹿児島市、鹿屋市につぐ人口を有しており、事実上鹿児島県第三の都市に甘んじていた。

誤解と訂正の歴史[編集]

全国に川内と名付くは数多いが、読み方は大抵「かわうち」であり、旧川内市民は他県民から「かわうちし」と読み間違えられる度に、いちいち訂正し続けることになるのである。

また、市民が県外で出身地を名乗る際に仙台市と勘違いされることが多々あり、これもその都度訂正しなけらばならなかった。川内市を「千台市」に改称するという案もあったが、市名に「薩摩」がついたことで、この仙台市との混同問題は解決された。

交通[編集]

皇紀2664年平成16年)に念願の九州新幹線が開通した。「みずほ」は全て川内駅を通過するものの、「さくら」は熊本止まりの列車を除いて全て停車するなど、中核市である久留米市久留米駅より便利であることから破格の待遇であるといえる。

新幹線の開通によって川内駅はJR九州鹿児島本線肥薩おれんじ鉄道の境界駅となり、鉄道路線数が水増しされた。南九州自動車道の薩摩川内都ICは漢字5文字のICであるが、霧島市に九州自動車道の溝辺鹿児島空港IC(全国9位)、南九州市には南薩縦貫道の南九州川辺ダムIC(全国3位)があるため九州最長どころか鹿児島県でも最長ではない。

観光[編集]

天孫の墓[編集]

可愛山陵は、天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命の陵墓の一つと言われており鹿屋市の吾平山上陵と霧島市の高屋山上陵とともに「神代三山陵」と呼ばれている大変有り難い聖地である。この三山陵を結ぶことによってできる三角形桜島がすっぽりおさまるのは単なる偶然である。

大綱引[編集]

毎年中秋の十五夜綱引をすることが知られており『西遊記』にはツチノコとともに川内の綱引が紹介されている。綱引の会場は開催年によって異なり、字面だけ回文の川内川を挟んで南側の向田地区で3年に2回、北側の大小路地区で3年に1回行われる。

どうしてこうなったのかは、旧川内町が川内川の南にあった隈之城村と平佐村、川の北にあった東水引村の合併によってできた町であることに由来する。川内市になってからも旧三村にあたる地域は根強い対立関係にあり、旧隈之城村の向田地区には市役所が、旧平佐村の平佐地区には川内駅が、旧東水引村の大小路地区には高校警察署があり、主導権を巡る地域間の綱引が活発である。

橋の上で綱引をすれば良いのだが、橋が大通りに対して斜めに架かっているため一直線にならず、無理だと言うことが分かる。バイパスのない国道3号を通行止めにするため、隣の市民からは当然ながら、一部の薩摩川内市民からでさえ迷惑がられている。

脚注[編集]

  1. ^ 河童の亜種。また「他人の足を引っ張る人間」という意味もある。

関連項目[編集]

この項目「薩摩川内市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)