蒼井優

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蒼井優」の項目を執筆しています。

蒼井優(あおい ゆう)とは、日本の女優、兼フィギュアスケーター。

概要[編集]

プロフィールに関しては、1985年福岡県生まれという説と、1985年愛知県生まれという説がある。

2000年4月から一年間、おはガールとして活躍。また、同時期フィギュアスケートのジュニア選手として、2000-01シーズンに全日本ジュニア選手権優勝、ジュニアGPファイナル3位、世界ジュニア選手権4位という華々しい成績を残した。

その後、映画、『リリイ・シュシュのすべて』『害虫』『花とアリス』『男たちの大和YAMATO』、ドラマ『高校教師』『タイガー&ドラゴン』など女優として華々しくスーパーモリマンとして活躍する一方で、スケートの成績は低迷していた。

しかし、2005-06シーズンに突如として復活、NHK杯優勝、GPファイナル3位という結果を残す。トリノ五輪には出場できなかったが、日本で3位の位置は確保しつつある。その一方で映画『ハチミツとクローバー』『フラガール』などにも出演した。

あまりに見事な2足の草鞋っぷりに、実は双子の姉妹であるという説も流れている。その説を主張する人々によれば、スクリーンでの蒼井優とスケートリンクでの蒼井優では若干顔が違うという。ただし、そのようなマニアックな部分に気が付くのは一部の若者達だけである。中年以上の人々は、乳酸菌のCMに出演しているのはスケーターだと思っている。

女優としてもスケーターとしても、容姿も性格も派手なライバル達に囲まれて少々居心地が悪そうである。

また、最近では「どんどん若い選手が出てきているので引退も考えている」とスケーター引退を示唆したり、「女優は自分を切り売りする職業。いつまで続けられるのか不安になる」と女優業の限界を示唆したりしており、燃え尽き症候群が心配される。

関連項目[編集]


Wiki-globe.png この項目「蒼井優」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)