落語家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
三遊亭圓楽

落語家(らくごか)とは、しゃべるだけでお金がもらえるという大変楽な職業のこと。

概要[編集]

落語家は「落語」を話すこと仕事としている。落語とは、オチのついた作り話のことである。ただし、落語は落語家でない素人が行った場合の語であり、プロの落語家が行った場合は「」という。これは、落語家の子どもに受験生が多く、「落語」の「」という字が彼らにとって、「不合格、落第退学NEET」という単語を連想させやすく、子どもらによる反対運動と脅迫事件が多発したためである。 なお、「」はJapanese Originalの字であるため、中国人に見せても理解不能である。

服装と道具[編集]

落語家は和服を着用しなければならない。を行う際に、Tシャツセーラー服メイド服チャイナドレスを着ることは許されない。着てこようものならたちまち身包みはがされて禁則事項ですされるだろう。
また、落語家は様々な道具を用いてを説明する必要がある。

扇子
もともと扇子はあおぐための道具であるが、落語家は扇子に対して幻覚を見ているようだ。彼らには扇子がや、釣竿や、や、トイレットペーパーに見えるようだ。よく落語家たちが扇子で食べ物をつまもうとしたり、人を斬ろうとしてりしているのをみることができる。
タテ2hyde、ヨコ0.7hyde、高さ1/3hydeでできた机である。この机に台本やズダーンOuch!を置いてをしているのを見るかもしれない。机にはアヘンが塗られており、吸引しているという説もある。

演目の種類[編集]

落語家には次のような仕事の場が与えられる。

寄席(yose)
落語家たちが見ず知らずの少女たちを密室に閉じ込め、ズダーンを行う。
大喜利(OH!giri)
落語家が質問を出し、他の落語家たちがそれについて答えるという演目。答えるほうの落語家は寝ていることもあり、沈黙が続くこともしばしばである。

尚、おもしろい答えを出すと、座布団が手に入り、10枚ためると北朝鮮七泊八日の旅が手に入るが難しい。

落語家になるには[編集]

落語家になりたかったら、既存の落語家を捕まえて落語家にしてもらうよう頼み込むしかない。
例えばこのような方法がある。

  1. 落語家が寄席から帰ってくる。
  2. 落語家を数人で囲み、ズダーン
  3. 落語家の目が覚めたら、弟子にしてもらうよう頼み込む。
  4. 弟子にしてもらう。

あとは長い長い修行が待っている。落語家になってしまえば、しゃべるだけで収入を得られるので、大変 楽である。


11059583579444.jpg この項目「落語家」を執筆した人は、キラの力により殺されてしまいました。そこでこれを見ているあなたにこの記事の未来を託します
無理にとは申しません。だって執筆者は殺されている訳だし…。 (Portal:スタブ)