落石市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「落石市」の項目を執筆しています。

落石市(おっちしし/あれくさんどろふすく・さはりんすきー)は、大日本帝国海軍の秘密兵器である樺太右舷中央に位置する都市である。

概要[編集]

日本固有の領土である樺太右舷の主要な港町であり、樺太庁庁が置かれている。樺太の政治経済軍事の中心である。

樺太の西海岸中央部に位置し、巨大空母「樺太」の第一艦橋に相当する。羅針盤操舵装置エンジンテレグラフなどを備えており、渡り島・樺太の中枢部として機能している。

神代の昔、大石氷尊天鳥船とともに海上に下り、エイ北海道)とトビウオ樺太)を釣り上げてとして固めた後、落石に鎮まったと伝えられている。

地理[編集]

露西亜とは至近距離にあり、間宮海峡を挟んで沿海州と睨み合う。間宮海峡に海底トンネルを建設する計画が古くから存在するものの、日本としては沿海州のインフラ整備に荷担する必要性は皆無に等しく、樺太と沿海州が結ばれることは多くの諸問題をはらむものであるとして大きな危機感を示している。

樺太庁は、間宮海峡トンネルの建設に反対の態度を表明している一方で、宗谷海底トンネルの建設を強く要望している状況である。

歴史[編集]

かつての落石は鄙びた漁村であったといわれるが、国土の守護神・国之常立神の事依さしを受けた大石氷尊によって、茫洋とした湿原が広がっていた落石の地に国家鎮護のため神殿を建立されたことで、都市としての基礎が築き上げられた。

樺太の中心地は長らく大泊豊原であったが、第一艦橋が置かれたことによって、それらの都市を凌駕するほどの繁栄を極め、樺太庁庁が置かれるまでに至った。大規模なウォーターフロント開発が行われ、情報化が推し進められた結果、極度に統制された管理都市に成長したのである。

交通[編集]

樺太庁庁が置かれるほどの都市規模でありながら、恵須取方面より樺太西線が延伸されるまでは、交通手段がバスしかなかった。現在では樺太西線のほか落堤線が通じており、北樺太における交通の要地となっている。

観光[編集]

樺太最大のスキー場や、景勝地として名高い三人兄弟の岩がある。三人兄弟の岩は「樺太宇宙空母伝説」におけるオーパーツなのではないかといわれており、多くの研究者や探索者が訪れていたが、樺太庁によって観光客の人数制限が実施されたことにより、現在では容易に訪れることは出来なくなっている。

関連項目[編集]

この項目「落石市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)