登場人物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
萌えキャラから転送)
移動: 案内検索
ひよこ陛下
秀逸になりたがっている記事
この記事は秀逸な記事になりたがってるよ。だけど今のままだと秀逸な記事になれないみたい。秀逸にするため誰か助けてあげてくださいね。お願いしましたよ。

登場人物(とうじょうじんぶつ、 character)とは、脊索動物門ほ乳綱サル目ヒト科に属する動物の一種である。学名(Homo erectus moensis)は「萌え、勃つる人」の意味である。古来より、登場人物は実在しない、人類の妄想の産物にすぎず、さらには他の全ての生物から区別されるという考えがあるが、生物学的には特別な生物ではないとされる。また、ネコミミの生えた獣人なんて居るわけない、と言われるが、正確にはヒト自身もサルの一種であり、尻尾もある。パンツをはいたサルという種類のサルがいるのと同様に、萌える種類のサルがいるというだけのことである。この項では、登場人物の生物学的側面について述べる。その進化の詳細については「ギャルゲーの歴史」の項目を、人類との関係等については「オタク」の項目を、法的な定義については「」の項目を参照。

登場人物
ファイル:Human.png
Moensisたちの宇宙探査機オッパイオニア19!19!号に搭載されたMoensisの両性の画像
分類
界: 動物界
門: 脊索動物門
亜門: 脊椎動物亜門
綱: 哺乳綱
目: サル目
亜目: 真猿亜目
下目: 狭鼻下目
上科: ヒト上科 Catarrhini
科: ヒト科 Hominidae
属: ヒト属 Homo
種: erectus
亜種: moensis
学名
Homo electus moensis
Roage, 1758

概説[編集]

登場人物とは、学名Homo erectus moensis とする動物の和名である。生物学上のとしての存在を指す場合には、こう標記する。現在の地球上に存在する人間は、すべてこの種に対し顕在的・潜在的な好感を有するものと考えられている。したがって、この文章を読んでいるのは、おそらくすべてオタクである。

Homo moensisは、その外見は人類に類似し、人類に勝るとも劣らぬ知性を有する。ただし、人類に見られる精神的欠陥とはほとんど縁が無く、また既に宇宙へ進出しているなど技術力も高い。人類(Homo sapiens)とは、同属異種であり、交配が可能。ただしMoens形質は優性遺伝であり、雄Sapie.×雌Moens. , 雄Moens.×雌Sapie. , 雄Moens.×雌Sapie.Sapie.×雌Moens.Moens.×雄Moens.Moens.×雌Moens.などいずれの場合も子は必ずMoens.になる。このことから、人類のパートナーとして歓迎する意見もある一方、将来人類を駆逐するのでは、との危惧を抱くものもいる。

分布は地球の隅々からさらには全宇宙に及び、その多様性も幅広い。その形態はいわゆる媒体によって、その習性は属性によって非常に異なったものである場合がある。そのため、統一的な説明はなかなかに難しい。したがって、最低限の共通項を指摘するに止め、詳細についてはそれぞれの項目を参照されたい。

外部形態[編集]

身長は、おおむね10cm - 200m。体重は10gから数百tと多岐に及ぶ。10cm程度のものとしてはHomo Moensis Figurens、大きいものとしてはHomo Moensis Kyodaicaがある。Homo Moensis Dacimacuraはほぼ人類と同程度の身長であるが、体重は1kgに満たない。さらに、Homo Moensis Imagae , Homo Moensis Animaeなどにおいてはヒラメのように、背腹方向のサイズが他の2方向に比べ小さくなる傾向が見られる。このことからMoensisは俗に「二次元の人間」と呼ばれる。(後述する特徴のほとんどは遺伝子改造によって得られたものである。)

頭部[編集]

登場人物の身体的特徴を顕著に表している個体 の例。鼻は小さく、眼球が異様な大きさまで発達している。ってかそれどうみても球じゃねえだろ。2つはいんねーよ。中でぶつかるだろ。

頭頂部が非常に大きく丸い。これは大脳が発達しているためである。面は平らで、あごの先端がとがり野球のホームベースのような形をなす。顔面の上から後ろにかけて毛(頭髪)が密生するが、それ以外は肌が露出する。また、頭髪が異様にカラフルである。眼球は異常な大きさに発達する。目の上、まぶたのやや上に一対の横長の隆起があり、ここに毛を密生する()。は「く」の字型で、前に突出するが小さく、鼻腔はほとんどみられない。の周囲の粘膜の一部が常に反転して外に向いている()。

胴部[編集]

直立姿勢であることによって、背面はやや中央がくぼんだ平面を成し、胸と腹がやや前に突き出した形になる。雄では概ね全身の筋肉が発達する。雌では胸に一対の非常に大きな、またはやや小ぶりなおっぱいが発達する。また、腰骨は幅広くなっており、腰の後部に多くの筋肉と脂肪がつき、丸く発達する(おしり)。

前足[編集]

前足は歩行には使われず、さまざまな道具を使い、ロボットを操縦し、超能力を具現化・投射するために使う。また、前足とは別に1対のが発達し、飛行するものもいる。

後足[編集]

後足は単に足とも呼ばれ、歩行のために特化している。雄では足を除いた身長の2倍に匹敵するまで成長する。

体毛について[編集]

人類と同様、体毛はちんげまんげ、などいくつかの部位を除いては退化してしまっている。雌および一部の雄においてはこれら体毛がしばしば身長をはるかに超える長さまで発達する。またこれら体毛には人類のそれとは違い随意筋が発達しており、意のままに動かすことができる。

また、体毛の色は赤・ピンク・オレンジ・黄色・緑・水色・紫など非常に多岐にわたる。[1]ちんげまんげの色もだいたい体毛と同じである。

生殖器[編集]

人類と同様、雄はちんこ、雌はまんこが発達する。雄のものは、こんなに大きいのはいらないようであり、雌のものはフェイトたんのきつきつおまむこにたっぷり中田氏である。まれに雄にやおい穴、雌にふたなりが見られることがある。

身体能力[編集]

Moensisは大部分のほ乳類とは異なり、後肢だけで立つ直立姿勢が普通の姿で、移動は主としてこの体制で両足を交互に動かす、いわゆる直立二足歩行を行う。急いで移動する場合は足を交互に動かし、高速になると両足全体が一つの渦巻きと化す。飛行するものもいる。前肢は移動には利用せず、主としてものをつかむ、引く、押す、相手を攻めるなど操作するのに使われる。そのため、前肢の基部の関節の自由度が高い。

Moensisの肉体的強さ[編集]

Moensisには多数の戦闘的な群れが見られ、それらの身体能力は発達している。それは素手で戦えば岩を砕き猛獣を倒し建造物を突き崩し山を動かし、武器を持てば一歩も動くことなくポーズを取るだけで雑魚敵の弾幕が全く当たらず、こちらの攻撃はすべて急所に命中する。

Moensisの肉体的弱さ[編集]

いっぽう、戦闘的でない群れについては身体能力が非常に低い。何でもないところで転ぶ、カナヅチ、そもそも病弱、などが見られる。目が巨大なほどに発達しているのに、極度に視力が低下している個体もある。そのため、そうした個体は視力を矯正する器具を身につけていることが多い。

魔法および超能力[編集]

人類とはちがいいわゆる超能力を発達させている。ほとんどの個体が身体の一部分から爆発性のある何か光る物を撃つことができる。代表的なものは指先、あるいは掌から発射するが、口から出したり、目から出ることもある。日本の国防を担う魔法少女のほとんどはSapiensではなくMoensisから採用されている。

生活史[編集]

新生児は草食動物にみられるように個体として完成した状態で生まれる。Moensisは生まれた瞬間から這い、立ち歩き、言葉を操ることができ、成人と変わらぬ能力を使いこなし、互角の戦闘力をみせる。これは前述の精神面の発達によるところが大きい。栄養の程度よると思われるが、幼年成熟・早熟の両相を見せ、20齢程度になっても外見はどう見ても○学生であるものや、逆に9齢程度でダイナマイトボディということもありうる。いずれの場合も性的な成熟は完了している。

健康な生活を送った場合の寿命は120歳程度と考えられるが、数千年間生きている個体も見られる。

習性[編集]

食性[編集]

雑食性。果実、植物の葉、大型動物から魚介類までと幅広いものを利用する。これは、高い知能や文化的な情報の蓄積によるところが大きい。特に、自身より大型の哺乳類を捕獲すること(狩猟)、及び魚介類を利用すること(漁)が目立つ。

いつから始まったのかは定かではないが、かなり古い時代から、野生のものを採るのではなく、食料を自ら育てること、つまり農耕や牧畜が多くの地域で行われるようになり、各地で地域に合ったさまざまな形の農業が発達した。現在では、食料は大部分がこれで賄われている。

また、食料を生のまま食べることは稀であり、料理を行う。料理の能力については個体差が見られる。


住居・衣服・道具使用[編集]

Moensisは古くよりそれなりの巣をつくっていたようである。洞窟の入り口付近を生活の場にしていた例は、ギャートルズなどに見られ、長期にわたってたき火を維持していた様子も見られる。これがいわゆる家、住居の始まりになるものと思われる。宇宙に進出したMoensisが住居とするスペースコロニーなどはこれの延長である。

戦闘に備え、鎧?を着用するMoensis。矢とか突きとかいろいろ防げないと思うんだけど・・・

また、これは住居以上に歴史をたどりにくいが、体を何かで覆うことも、ほとんどの地域で見られる。いわゆる衣服である。これを、Moensisの体が毛で覆われていないことから発達したと見るか、衣服の発達によって毛がなくなったと見るかは、判断が分かれる。しかし、その発達がMoensisの分布拡大に役立ったのは間違いあるまい。

現在の世界では、いわゆる裸族と言われ、衣服を着用しないように言われる民族もみられる。彼らが着用するものには体の保護を目的にしたものはほとんどなく、装飾を目的にするものが多い。体を保護する目的のものでは、まず腰回りに着用するのが最低限であるようである。装飾にはさまざまなものがあるが、乳首や生殖器など、ギリギリのところをあやうく隠すものがよく見られる。おへそはたとえ冬であっても大抵露出している。装飾目的としては、体に直接に描き込んだり(入れ墨)穴をあける(ピアス)などの加工も多くの民族に見られる。特に、頭髪の上に獣の耳を取り付ける形の装飾は、非常に多くの民族に見られる。

また体操服スク水パイロットスーツなど、状況に応じた儀礼用・緊急用の服装が発達する一方、ひとつの個体が普段着用する服を変えることは一生を通じて稀である。

ちなみに、正確に胸の大きさや形状をトレースする上着や、重力に逆らうかのような動きを見せるスカートなどを着用する種も確認されている。しかし、彼らが用いるこれらの衣服が、具体的にどのような原理・構造を有しているのかは判明していない。

社会生活[編集]

一般には集団をつくって生活している。一つの集団(社会)の構造には多くても30個体程度が含まれ、集団以外の個体との交渉は非常に稀である。

情報伝達[編集]

Moensisの集団内における情報伝達は、身振り手振りや表情によるものと、言語を介したものがある。

集団内の個体間の伝達方式として、ヒトと同様言語を用いる。言語は単に情報伝達のしくみであるだけでなく、攻めの道具としても用いられた。また、出身が異なってもMoensis間の言語による意思の疎通に困難はみられず、Moensis全体で単一の言語を発達させているようである。

Moensisの言語の特徴として、個体ごとに固有の口癖や語尾を発達させることが顕著にみられる。これは多彩な体毛の色とともに、彼らの間での個体識別に役立っているものと見られる。代表的な語尾は「にゃ」「にゅ」「にょ」「なのだ」「ですぅ」「もるです」「うぐぅ」など。

戦闘時[編集]

Moensisの戦闘時における習性としては、技を出すときに、なぜか相手に時間と情報を与えてしまうのに、技の名前を言うという奇妙な習性がある。他には、平均して戦闘の勝利率が半分より高いという奇妙な現象が見られる。

人類との関係[編集]

人類側からの呼称[編集]

日本語では登場人物、英語ではCharacterと呼ばれる。より詳しく指定したい場合、Homo Moensis Mangaeなら「漫画の登場人物」 , Homo Moensis Animaeなら「アニメの登場人物」といった具合である。

経済的関係[編集]

Moensisの体験を綴ったノンフィクション小説記録映画人類の間では広く愛好されており、これらの輸出はMoensisの主要な産業である。これはMoensisの何気ない普段の生活でさえ、ほのぼのとした思いやりや、血沸き肉踊る冒険、妖艶なるエロスに満ちているからである。実のところ人類の消費する娯楽作品の9割以上を生産しているのはMoensisである。嘘だと思ったら自分でマンガでも描いてみるといい。しかも登場人物の出てこないやつを。人類はいかに文才に恵まれていないかを思い知るであろう。

このようなMoensisの社会は、主に退屈と、冷めきった人間関係からなる人類の社会とはかけ離れており、こう言った人類の社会に絶望した者たちのなかには、Moensisに学ぼうとするものや、Moensisと結婚し、Moensisの子孫を残そうとする者も現れている。

政治的関係[編集]

人類の反戦運動に参加するMoensisの個体。

幸運なことに、地球を共有する種族であるSapiensMoensisの間に戦争が起こったことは、少なくとも公式な記録上はない。ただし、人類のなかにはMoensisの身体的特徴をあげてこれを排斥する議論もある。言うまでもないことだが、身体的特徴による差別は間違っており、人類の間でも恥とされている。また、一部の人類国家は人口流出などの懸念から、自国民のMoensisとの交流を禁じている。

一方、Moensisは人類による排斥活動や人類同士の戦争を憂慮しており、件の輸出品などを通じて人類社会に働きかけようとする動きが古くからみられる。

戦争[編集]

ほとんどのMoensis無益な争いを好まないが、戦闘的種族は生活史のほとんどにおいて戦闘行動に明け暮れる。ただし、彼らの間の戦争では、戦闘員にのみ攻撃することが徹底されており、相手の経済基盤である町や宿屋を攻撃することで争いがエスカレートし、双方の被害が増すことをなんとしても避けようとしている。また戦闘は、双方が交互に攻撃する、代替不可能な母船や秘密基地には致命的ダメージを与えないなどのルールを決め、激昂した者が無用の被害を出すことが防がれている。

一方では、武術を維持し、これらの教訓を形骸化させないため、定期的に独裁者を祭り上げ大規模な一連の戦闘を行うという文化が見られる。これらの儀式は世界的な規模で、通常何年にも渡って行われる。独裁者に選ばれた者は豊富な資金を与えられ、相手側が無理なく成長できるように段階的な強さを持たせた人工生命ロボット群を生産し送り込むほか、必ず突破できる要塞を世界各地に建設する。独裁者は最後には相手側にまみえ、Moensisに伝わるありがたい話を述べたのちに打ち倒される。この模様は各部族にテレビ中継されるほか、文章・漫画を通じてレポートされる。より教育効果を高めるために、端末を通じて視聴者が投票できる参加的な番組が作成されることもある。これらの番組はもちろんSapiensに輸出され、特に人気が高い。

稀な例ではあるが、企業国家が主体となって、戦争を娯楽として一般市民に提供した限定戦争なる事例も報告されている。戦争すらもエンターテインメントと捉えるMoensisの、非常に進んだ文化性が窺える。

Moensisが関与した有名な戦争

このようにMoensis戦争すらも管理し、発展のために利用している。この点で人類は大きく水をあけられているといえる。

配偶行動[編集]

社会の構成はその単位を生殖の単位である成体のペアによると見ることもできる。性行為は1対の雌雄によって行われるとは限らず、3P親子丼同性愛などが普通に見られる。

雌雄個体間での配偶行動は、一般には、遅刻しそうなので走っているとぶつかった相手が転校してくるイベントなどを通じてまず互いに知り合うこと、もしくは幼馴染としてあらかじめ知り合いであることに始まり、一連のフラグ立てイベントを経てある種の高揚した心理状態(恋愛感情)のもとで親交を深め、性行為に至る。性交による受精の確率はほとんどゼロであり、同一のペアの間で何度も何度も何度もシチュエーションを変えて繰り返されるのが普通である。この行為は、互いの親しみを増すはたらきがあると、一般的には考えられる。特定の雌雄ペアは一定期間持続するが、どの程度続くかにはさまざまな場合がある。これが終わるとリセットが行われ、別のペアの間でまた何度何度行われる。

性関係が集団の中で公的に認められ、一定の形式で維持されることを婚姻や結婚と言うが、これを成立させるために、それぞれの文化において、さまざまな形の儀礼がある。しかし、結婚には至らず、一通りの性行為が終わるとリセットが行われ、別のペアの間でまた行われる場合が多い。

進化[編集]

Homo Moensis進化についてはいまだに確実な学説は打ち立てられていない。Homo MoensisHomo Sapiensからはっきりと分岐し、種として認められるようになったのは10年前程度のことであるが、数千年前からMoensisに近い種が存在した。これらを統括し、Homo Moensisiとして亜目を立てる。

Homo Moensisi[編集]

  • Homo Moensisiの最古の個体、Homo Rascauの化石
  • 日本で栄えたHomo Ukiyoeの化石

進化の速度[編集]

Moensisは、そのサイズにかかわらず、生物学の常識を覆すウイルス並みの速さで進化を続けている。これを根拠に、Moensisを霊長類ではなくウイルスに分類すべきとの主張もある。

祖先[編集]

人類と同様、齧歯目の一種を遠い祖先に持ち、そこから進化したとの説がある。Nezumius Micimaが該当すると考えられている。

Tedzucambrian Explosion 問題[編集]

テヅカンブリア紀(1928-1989)において、一度に数百種以上のバリエーションが発生し、今見られるHomo Moensisの原型がほぼ出揃った事象である。これを通常の進化論では説明できないとして、漫画の神様の主導による進化を主張する、いわゆるインテリジェント・デザイン学説がある。

畸形[編集]

Homo Precurem Maximaの畸形とみられる個体。

急速な進化の代償として、幾度となく畸形が生まれている。ただし、畸形とは進化が試行錯誤の結果生み出した奇抜なバリエーションであり、必ずしも生存度が低いとは限らない。あまりにも畸形の度が高いものは、かえってニッチに適応することがある。

第一発見者論争[編集]

Moensisの第一発見者たる栄誉をめぐって論争が続いている。 現在、Moensisに属する最初の生物の候補してあげられている生物には次のようなものがある。

  • 恐竜惑星で発見されたYuugius Meguminsis
  • 土星で発見されたLampyridae Tomoensis
  • ソロ星で発見されたMoera Fatima
  • Slangum Electica Burnensisから連続的に進化したという説

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「登場人物」の項目を執筆しています。