荒川区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「荒川区」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「荒川区」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「荒川区」の項目を執筆しています。

荒川区(あらかわく)は、東京都の特別区である。「洗濯物が、あら、乾く!」のダジャレの通り、東京都内では最も日照時間が長く、洗濯物が乾きやすいとされる。ちなみに、あまり知られてないが日暮里西日暮里も荒川区にある。

シンボルキャラクターは「あら坊」。ゆるキャラブームに便乗して作られた。その外見は、荒川が氾濫した場合に殆ど水没する地帯を象徴して、洪水の波を象っている。因みに描いたのは長崎県人。

最近では、「あら坊」の妹の名前や容姿を決めるアンケートなるものもやっていた。荒川区は何処に向かおうとしているのか、区民から見ても全くもって不明であるが、日経の購読率が23区内で最下位な地域なので、誰も気にしていないかもしれない。

なお、積年に渡る足立区との抗争で北部の領土を失った。荒川が通ってないくせに「荒川」区となっているのは、その名残である。荒川区は大きく分けて「尾久地区」「日暮里地区」「南千住地区」に三分されるが、尾久は北区、日暮里は台東区、南千住は足立区と台東区に、それぞれ侵攻されており、存亡の危機となっている。というか既に朝鮮人の支配下も同然。


歴史[編集]

江戸時代までは農村地帯だったが、明治以降は宅地化が進んだ。山手線日暮里駅が開通してからは、日暮里には朝鮮人中国人が多く住むようになり、原住民である日本人との衝突が絶えなかった。[1] 日本人と朝鮮人が衝突する風景は、「日暮里近辺の小中学校 VS. 東京朝鮮第一初中級学校」という形で、今もなお見ることができる。

現在[編集]

現在、南千住駅の東側では再開発が進んでいて、新しい町並みが広がっている。この地区は、汐入リバーサイドパーク、通称汐入と呼ばれている。

西日暮里には、日本一まずいでお馴染みのラーメン屋さんや、開成[2]がある。朝鮮人唐辛子スリを行った場所として有名でもある。

荒川区内には今も路面電車都電荒川線)が走っているが、自転車よりも遅いと評判が良い。

ここから彩の国さいたまにかけての河川敷には河童や天狗、侍が現れることがあるので注意が必要。ガリガリ様の当たりを引き当てると彼らに認められるらしい。

また、三河島なるところから、少し歩くと新大久保もどきなる街並みが見ることができる。危ないので国境線の内側に下がってお待ちください。

中二病の発見などで功績を挙げた伊集院光が、この区出身の最も有名たる人とされる。だがその座も貫地谷しほりによって着々と脅かされつつあることに伊集院は気付いていなかった。次回へ続く。

脚注[編集]

  1. ^ 関東大震災のときの、朝鮮人大虐殺など
  2. ^ 難関私立校とか言ってるけど、落ちこぼれも多い

隣接する自治体[編集]

東京都

関連事項[編集]


この項目「荒川区」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)