茶豆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

「茶豆」とは、大豆の放射性同位体であり、時として戦略兵器として使用されることもある。半減期は25秒と非常に短い。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「茶豆」の項目を執筆しています。

概要[編集]

大豆の放射性同位体である。大豆に比べ外縁部が退廃変色態を呈していることから、容易に区別ができる。大豆は、一般的に本来の目的である平和的利用がなされている。しかしながら、一部の不心得者達が成熟前の大豆に対してその未熟であることをいいことに検閲により削除。(「枝豆」の項を参照)。茶豆も枝豆同様に悪用され、その結果人格破綻者が増大しており、茶豆を求めさまよい歩く者供達の姿が一種夏の風物詩ともなっている。

採掘地[編集]

新潟県庄内県が代表的な産地。新潟県では、新潟市西区黒鳥、小平方などの黒埼地区などが有名。庄内県では、旧城下町である鶴岡市が有名。危険物質であり、外部の者に強奪されることを防ぐため、採掘者は自警団を組み、完全武装して、あるいは「七人の侍」を傭うなどして外敵の襲撃から守っている。採掘後は反応を止めるため、すぐに冷却処理を行い、保冷車によって運搬される。

触媒[編集]

アルコール類を触媒として用いる。特に生ビールを使用するのが一般的である。生ビールを用いた場合は、反応が特に速く進み、茶豆、ビール共に短時間で激しく消費する。

化学反応式[編集]

国立機関において鋭意研究中である。

経口利用[編集]

口にすると美味であることが広く知られており、経口摂取し体内被曝する者が後を絶たない。しかも前述のとおり半減期が非常に短いため、卓上の茶豆は驚くべき速度で完全崩壊に至る。そして安定元素でありかつ最終形態である鞘がゴミとして残ることとなる。茶豆は薄皮が「なんとな~く微妙な色」であることから、初めての者にとっては、一見劣化しているようにしか思えず、手を出すのが憚られる存在であるが、「腐りかけが一番うまい。」という先人の尊い教えのとおり、一度口にした者はその虜になってしまう者が多い。そして内部被爆し、やがては中毒症状を呈するようになり、茶豆なしではまともな社会生活を送れなくなってしまう。ただし、晩秋以降には次第に症状が治まってくるので、気にしな~い、気にしない。

その他の利用[編集]

寡聞にして、編集者は経口利用以外は把握していない。じゃあ逆に聞くけど、ほかに何があるの????

取引実態[編集]

中毒症状を惹き起こすが故に、禁断症状を訴え、茶豆を求める者が多い。しかしながら採掘量が限られており、しばしば熾烈極まる奪い合いに発展するため、総じて一般の枝豆より高値で取引される。通常1㎏二千円程度だが、末端価格ではその数十倍に達していることもある。また裏社会における闇取引も横行しており、彼らの重大な資金源ともなっている。

関連項目[編集]

  • ジャーマネ
  • 枝豆
  • 大豆
  • 好いとっ豆(すいとっと)
福岡辺りでは、異性に愛の告白をする時、呪文と共に用いる。
CMで仲里依沙が使っている豆。やはり、福岡辺りで使われる。
  • ナッ豆
①ボル豆の彼女。雌ねじ。②わざと腐らせた豆。③英語のnutの語源
  • ナル豆
渦巻き模様が特徴。じっと見つめていると目が回ってしまう。 有名な忍者が使用する武器の原材料であることから、この名が付いた。
  • 西区物語
黒埼茶豆を原料として製造販売している焼酎
  • 似豆
豆に似ているなにか。学説上、豆に分類しない。
  • ボル豆
ナッ豆の彼氏。雄ねじ
  • メグ・ライアン
強度の枝豆中毒患者として知られている、お米の国の人

外部リンク[編集]

地雷があります
ここより地雷原
地雷除去を手伝っていただけるボランティアを募集しています
※ 原っぱを歩くだけの、どなたでもできる簡単な仕事です。 (Portal:スタブ)
地雷があります