茶碗

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「茶碗」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高麗茶碗」の項目を執筆しています。

茶碗(ちゃわん)とは、日本でやたら持ち上げられている食器のひとつである。

概要[編集]

茶碗といえば、現代では飯をよそうための器を指すことが多いが、本来はその名のように茶を飲むための器を指した。日本では、平安時代に中国から茶が持ち込まれたが、当時の喫茶文化は一部の貴族や僧侶たちのものであり、一般の人々にまで広まったのは鎌倉時代以降のこととみられている。喫茶の習慣と共に中国の窯で作られた茶碗も日本に輸入されるようになり、人々に持ち上げられるようになった。しかしそれはあくまで高価な輸入品であり、その高い品質ゆえに持ち上げられていたのである。そういった代物を手にすることが出来た人々というのは限られており、茶碗を持ち上げていた人々も一部の武士や貴族たちだったと考えられている。

ところが、安土桃山時代になると様相は一変し、千利休らの茶人よって「わび・さび」の概念を取り入れた茶道が広まり、茶碗も素朴で作為の無いものがよしとされるようになった。そのような風潮のもとでは、中国の窯で焼かれた形の整った美しい茶碗よりも、庶民が日常で使うような飾りのない茶碗により価値があるとされ、特にお隣の朝鮮の庶民が使っていた、何の変哲もない茶碗が良いものとされて日本に持ち込まれた。これを高麗茶碗とか井戸茶碗と言うが、朝鮮半島では今も昔も茶碗を持ち上げることが無いにもかかわらず、これらの茶碗は日本でやたらと持ち上げられることとなった。朝鮮の人々はさぞ不思議に思ったに違いない。その後、日本の庶民の茶碗にもようやく目が向けられるようになり、以降日本では広く庶民に至るまで、自分の茶碗を持ち上げるようになったということである。

関連項目[編集]